予定

次回出場予定 2017年は終了です。痛めた足の療養中  ラオスにて障害者陸上を指導中

2015年8月27日木曜日

選択

気温の低い日が続いています。
エアコンが必要くらいで快適です。
とはいえ、布団を一枚出しました。

まだ、暑さはぶり返すようですので、お身体ご自愛ください。

こんにちは!!
いかがおすごしですか?

長い間人生を歩んでいると、いいこと悪いことに遭遇します。
好む、好まないは関係なく。
誰でも悪いことは嫌いだと思います。
ですが、振り返ってみると、結構いいことも悪いことも、半々程度ではないでしょうか?

今、好調の人もそのうちに下るときがきます。
不調の人は上がるときがきます。
好む、好まないは関係なく。

社交辞令、嫌いなタイプなどについて前回少し触れました。
それについて、少し掘り下げて考えてみました。

対人関係と言うのでしょうか…

嫌いなタイプですが、これは自分が勝手に決めているわけです。
他者は、ありのままの姿でしょう。
いい悪いは別問題として。

勝手な自分の価値観で判断する。
他者は恐らく、何も感じていないし、何も思っていないのでしょう。
いい悪いは別問題として。

勝手な判断。

勝手に判断し、落ち込んだり、嫌いになる。
当然逆のパターンもあります。

嫌いなタイプでも当然いい所はあるわけで、天秤にかけて重たい方が勝つのですが、この天秤も自分自身のさじ加減です。
ひょっとすると、昨日と今日で判断は変わるかもです。

何が言いたいのかというと、感情とは自分自身が決めていること。
怒ること、嫌うこと、褒めること、好くこと…

感情の動物と言います。
全てがいい方向に行けば、争いも無くなるのでしょうが…
とは言え、全てがいい方向だと逆に危険な要素も含みますが…

ちょっと話がそれました…

怒る、嫌う、褒める、好く
一瞬にして選択するわけですが、この辺のメカニズムを理解しているだけでも、その後の心の持ち方に違いが生まれてきます。

さて、あなたの数分後はどのような判断を下しているでしょうか…?

本日も、お付き合いありがとうございました。
多謝、羽根。

2015年8月22日土曜日

読書

あっという間に8月も終わろうとしています。
暑さも復活し、厳しい残暑が続いています。

北京では世界陸上も始まりましたね。

いかがお過ごしですか?

本を読む習慣がつきました。
漫画本すら読む習慣はなかった人間です。

変われば変わるもんです。

一時期は、通販を利用して購入していたのですが、最近はブックオフに行っています。
通販も悪くはないのですが、やはり視野が狭くなりますね。
リアル店舗だと、思ってもみない分野などに目が行き新たな世界に触れることも…

不思議なことに、作者などに関しては全くの無知で読み終わってから確認すると、凄い人なんだと分かることが大半。
題名のものインスピレーションで選びますが、だいたい好みの方面に巡り会えます。

分野的には、ノンフィクションの体験記や、自己啓発の方面が好みのようです。
様々な、自己啓発方面の本などを読んでいると、大体は同じような内容であることに気がつきます。

そこから何を汲み取るか?
自分の道と同じだ、考え方も同じだ、方向性も悪くない…など

あくまでも本であるので参考です。
ですが、これだけ多くの人が同じようなことを書いていて自分自身にリンクしてくると、まんざら、俺も捨てたもんじゃないな〜とかを実感出来ます。

例えば、手放した瞬間から手に入る、50歳過ぎたら第二の人生を歩もう、ポジディブ思考、始めるに遅すぎることはない…そのような内容は必ずと言っていいほど書いてあります。

成功者の言葉しか残らない部分はあります。
他人がどう思おうと関係ないです。

いかに自分自身が満足出来るか。

いずれにせよ、ネガティブな人は嫌いです。
これからは避けます。
ネガティブが移るから。

逆にポジティブな人はウエルカムです。
ポジティブが移るから。

信じる自分が悪いという面も当然ありますが、社交辞令が多い人も嫌ですね。

これから何年生きられるかも分かりません。

来るもの選んで、去る者追わず

本は面白いです。
読んでるはしから忘れるという特技の持ち主ですが、読んでいる最中についつい、ほくそ笑んだり、大きく同調して頷いたり…
読書の最中は面白い時間です。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。
多謝、羽根。

2015年8月20日木曜日

同じ穴の狢

天候不順が続いています。
気温は低いですが、ジメジメとしてこれなら高温でも晴れている方がいいと思う自分がいる今日この頃です。

いかがお過ごしですか?

今日は思いついたことを少し書きたいと思います。

よくあるパターンで、ついつい同業者や意見の合う人との付き合いの方が好きだと。

確かにその方が楽である。
狭い世界感を共有しくだらない価値観で満足する。
傷をなめ合う。

井の中の蛙大海を知らず

その社会で暮らしていくのであれば、何も問題はないだろう
別にそれはそれで問題ないのだが…

そういった人に限って愚痴が多い。
同じ価値観の人との愚痴り合いだから何も進展がない。

何かに保護されている人間にこのパターンが多い。
弱い犬ほどよく吠える…というが、吠える以前の問題。

一生、その狭い偏屈な世界でいいのか?という話。
あっちこっちに行って、文句言われて泣いて悩んで立ち直る。

異見を言われるのが怖いかい?
確かに的違いな意見もあるだろうが、狢よりはマシだよ。

ムラ社会に生きていたっていいことないよ。

世の中は広い。
そして
世の中は理不尽・不条理だらけである。

そうやって生きていくんだよ。
いつまで傷をなめあっていればいいんだ!!

楽な方へ流されるなよ。

と、辛辣なことを述べました。

本日もご覧頂きありがとうございました。
多謝、羽根。

2015年8月17日月曜日

トッピング

雨ですね。
日本全国的に今日は雨模様のようです。
気温は低いようですが、蒸し暑い日になりそうですね。

いかがおすごしですか?

先週から走り始めたことはお伝えいたしました。
超回復なども実感出来て、見通しも明るい気がします。

膠原病 多発性筋炎でも走れることを実現し、今後は跳躍へと結びつけようと考えています。

多発性筋炎で入院時のCK値は6,380。
退院時は、127、退院後(現在)は、140〜180前後。
通院は5週間置き、ステロイドは一日16mg。

こんな感じですが、現在走っています。
前回悩まされた筋肉痛も陰を潜めています。
多少の筋力UPを実感しているところです。

とはいえ、今回は腰に痛みがきました。
右腰です。
痛みが増すようであれば、内容変更等を選択肢の中に入れて下り坂を走ります。
不思議と徐々に痛みが緩和され、最後の一本はほぼ痛みは感じないレベルに。

なので、考えてトッピングをすることにしました。
上り坂を入れました。
下り坂を五本終えた後に一本だけ。
さすがに、上り坂はヘロヘロです。

この内容で3日間行ったのですが、その日で腰の痛み方も違い、色々と考えながら行い、特に悪化することなく終えることが出来ました。

前回の全身への筋肉痛、今回の腰への痛みとちょっと痛いのが続きますが、生きていること、進化出来ていることを実感出来ます。
進化というより、戻りつつあると言った方が正解かな?

通常の生活を送るなら、現段階で何もしないでも問題ありませんがね。。。

走れると色々な欲も出てきます。
シューズも新しいのが欲しくなり依頼中です。

やはり色々なドアを開けていくと、色々な道がありそれぞれに繋がっています。
枝葉も分かれていて、自分自身の知識だったり、経験値だったりと財産になります。

だいぶ日焼けも出来てきています。
さすがに、例年ほどの黒さはありませんがそれなりに精悍さが出てきたように感じます。

あとは、だいぶ伸びてきた髪の毛…
イメージチェンジを考えています。

おそらく、お披露目はないでしょうが…。

徐々に復活傾向にある今日この頃の進捗状況のお知らせでした。
本日も最後までお付き合いありがとうございました。
多謝、羽根。

2015年8月12日水曜日

始めました

暑さも一段落。
途中の豪雨もあり、洗濯物から目が離せない今日この頃です。
とは言え、庭の木々達にはありがたく、また、雑草達にも活力を与えてくれています。

分け隔てなく、恵みを与える。
見返りを求めることなく。

そんな人間になりたいと思う今日この頃です。
いかがお過ごしですか?
お盆休みの方もおられるでしょうね。

◯◯始めました。
さあ、◯◯の中に入る文字はなんでしょう?

何と!!
走り始めました!!
9ヶ月ぶりですかね…

色々と勘案した結果です。
当然、質・量とも微々たるものです。
川沿いのリハビリ散歩コースに、約70〜80m程度の上り下り坂があります。

そこの下り坂を利用して5本。
終了後、残りの2k程度を歩いて帰ります。

3日間行い2日間の休みで計画しました。
初日は、下り坂のおかげで力を入れずに走れるために、意外と走れると錯覚!?
晩〜翌日にかけて激しい筋肉痛に…。

勘案して2日目も強行しました。
筋肉痛はあるものの、変な、おかしな痛みではないので一安心。

やはり、晩以降は結構な筋肉痛に。。。
深夜にトイレで起きると、両脚ふくらはぎがだいぶ痛んで、翌日は無理かな?と思ったのですが、何と!!ここで超回復が起きたようで、翌朝は痛みは残っているものの、朝の犬の散歩〜3日目の走ることまで問題なく出来ました。

さすがに、3日目になると身体が疲労してきたのが分かります。
当初の予定通り、3日間のリハビリで2日間の休養が今の所、ベストのようです。

さすがに、2日目終了後の超回復には自分自身が一番驚きました。

今回、走れたことは非常にうれしい出来事です。
一時期は、走ることは諦めたのも事実です。
(陸上関係の物をだいぶ処分しました)
当時のあの状態を考えると、よくここまで来れたな〜と
感慨もありますが、あくまでも通過点です。

同じ病気の人に勇気を与えたい。
調べても、多発性筋炎の人がスポーツを再開したというのが発見出来ないんです。

と言う訳で、一つ試合に出ることを改めて目標の一つに加えました。
日本になるか、海外での試合になるか、種目も何になるかも不明ですが、とりあえず、一つ試合に出る!!

僕は無理をしない人生は味気なさ過ぎるんです。
無理と言っても、限界ギリギリのラインです。
これ以上だと壊れるな、って所でのせめぎ合い。
この感覚が好きです。

人生、折り返しを過ぎました。
多少の無理は必要だと考えます。
無理がたたって死んでしまうかもしれませんが、安全サイドで暮らしていて事故で死んでしまう可能性も否定は出来ません。

そう、定命まで生きるんです。

今回、極々わずかですが、走れるようになったのですが、違う方面で目標がありそこへ進んで行く過程での副産物的な感じですかね。

改めて、目標を持つ大事さを実感出来ました。
副産物的ですが、進んで行くことで色々な枝葉に分かれてそれぞれに実を付ける。
実が甘いか、苦いか、酸っぱいか、マズイかは大した問題ではなく実がなることが大事。

目標はその時々で変わって当たり前。

今回は道中で落とし物を拾ったら、お宝だった…みたいな感じですかね。
(取得物をネコババしていいの?ということはいわないでください)

走れたという幸運を頂いた。
同じ病気で前途に希望を見いだせない人に少しでも勇気を与えることができればと思い、ガンガンこれから発信して行きます。

 #膠原病 #多発性筋炎 #ステロイド #プレドニン #16mg/D  
ってブログで「#」が有効かどうかは分かりませんが、とりあえず…

本日も最後までお付き合いありがとうございます。
多謝、羽根。

2015年8月7日金曜日

トラウマ

暑い日が続いています。
東京は連続真夏日の記録を更新したとか…

岐阜の多治見?だったかな?とても暑い地方があって、ほぼ毎日真夏日らしいです。
でも、熱帯夜がほとんどないらしいですね。
逆に東京はほぼ毎日が熱帯夜…。
ヒートアイランド現象でしたっけ?
厳しいですよね。

先日リハビリを本格化したと伝えました。
頑張っています。
今の所は、3日行い2日休養を入れるというスケジュール。
多少の筋肉痛がきますので、しばらくはこのペースで行こうと思っています。

何だか、走れそうな気がしてきました。
全くもって、Optimism全開ですなぁ〜。

当然、過去の記録を上回るにはほど遠いですが、指導する際に見本を見せる程度の動きですが…。
でも、それでもこの病気から考えれば凄いことだと自画自賛してます。

ちょっと、話題を変えて…
広島への原爆投下から70年。

この原爆の被害の実情を直視出来ずにいる。
何故かはわからない。

東日本大震災のときもそうだった。
しばらく、現実の被害を直視出来ずにいた。

何かの拍子に克服できた。
今から思うと、「石井 光太氏」の「遺体」という本を読んだからのように思う。
それまでは、その本を避けてきたのだが何かの縁なのだろう、読むことが出来た。
その後にようやく現実を直視出来つつある気がする。
とは言え、東日本大震災の無情感や理不尽さ、不条理さは相変わらず残っているが…

この作者の本は個人的に波長が合うのだろう。
ほぼ、全ての作品で共鳴を受ける。
この他にも「火垂るの森」も非常にインパクトの大きい作品であった。

原爆投下の出来事。
想像を絶する。

僕は出来事を臭いや色で表現するように思う。
表現というのも変な表現だが…
出来事に、臭いや色が付いてくる。
音も入るかもしれない。

勝ってな想像、イメージでとても怖いとういか、不快な臭い、色、音が合わさったような気がする。
では、それをすべて表現せよ。と言われても出来ない。
何となく嫌なイメージが浮かぶ感じ。

あくまでも、感覚というかそんな感じ。
上手く表現すら出来ない。

ひょっとすると、トラウマが潜んでいるのかも知れない…。

何かの拍子で克服出来るときが来るかもしれない。

唯一の原爆被災国の日本。
やはり、戦争は良くないと思う。

言葉を変えれば、殺し合いだよ。
今現在も紛争地域はありますが、何とかならないかなと本当に思う。

大それたことは出来ないが、個人レベルで出来る範囲で出来るだけの貢献をしていきたいと思う、今年の盛夏です。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
多謝、羽根。

2015年8月3日月曜日

不平等

暑いですね。
調べていませんが、アジア地区で一番暑いのは日本ではないでしょうか?

北朝鮮では干ばつに襲われているとか…
ミヤンマーでは洪水だと今朝のニュースで…

何とかならないんでしょうかね?
いつか聞いた事があるのですが、全地球で降る雨の量はほぼ決まっていて、それが今まではバランスよく降っていたり、晴れたりしていたのがここ最近は両極端になって来ている。

今回のように、干ばつがあり洪水が起きる。
まあ、日本国内でも似たような傾向ですがね…

自然をコントロールする事は不可能でしょうが、せめて飢餓はこの時代ですもの何とかしたいと強く思います。

さて、前置きが長くなり過ぎました…
本日は、ドーピングについて少し触れたいと思います。
ニュースを見ていたら、大量選手のドーピング疑惑が…
 ⬇️  ⬇️ 記事を抜粋 ⬇️ ⬇️
2001年から12年までに開催された陸上の五輪、世界選手権の持久系種目で与えられたメダルのうち、その3分の1に当たる146例にドーピングの疑いがあると報じた。

様々な人の反応をみて、不思議感が強くなった。
僕と感じる事が違うと…

確かに、ドーピングは良くない行為であることにはなんら異論はありません。
不正だからです。
要は、ズルして強く、速くなる(なった)訳です。
その影響で命を落としたと言われる人もいますが真相は闇のなかです。

今回、皆の反応を見てみると、ズルして強くなった…という部分に憤りを感じているように僕は受け取りました。

土俵は平等であるのが最低条件としてあるからではないでしょうか?
平等が平等じゃなかったと。
ズル、不正があった。

なるほど、それはそれでわかりますが、僕はそこまで憤りを覚えませんでした。
何故かと考えました。

そこまでの選手ではなかったというのも大きいかも知れません。

自分中心で行ってきた事だからにようにも思います。
勝手に自分本位で行って、勝手に土俵に上がって行く。
その土俵上には様々な人がいる。

僕の土俵は平等ではないんです。
常に不平等の土俵に上がっていた(る)んです。
僕の場合、基準が不平等なんです。

だから今回のドーピングの件は「あっ、そうなの」で済んでいる気がします。

何故?不平等か…?を書きますと…
じゃぁ、やめればいいじゃないか!!とか言われそうですが、自分勝手にやっている事であり、不平不満を全面に出していません。(過去は全面に出したこともあります)

僕が行っている陸上競技。
まずは、障害者の部門。
障害のレベルをある程度同一にして闘いましょう。
と言うのがクラス分けになります。(分かりやすく言うと、目が見えない人と見える人では違いますよねって感じ)

僕は立位のF46というクラスです。
Fと言うのはフィールドのFです。トラック種目だとTになります。
46というのがクラスで切断・機能障害というカテゴリーです。
この46クラスですが、これがまた大変で…
片腕がない人と手首のない人が同じクラスなんです。(手首についての詳細は省きます)
どう考えても、片腕と手首がない人では雲泥の差があるのは一目瞭然でしょう。(手首のない人は47になります)

これを脚の障害のクラスに当てはめると…
膝があるなしで分かれます。
膝があれば44クラスで膝がなければ42になります。
分かれているんです。

以前、46のクラス編成で47クラスはなくすという方針が発表されました。
なくすというのは、国際クラスから外れるという事で、世界選手権、パラリンピックなどから除外されると言う事です。
ここに異議を唱え、抗議したのが日本です。
その主張が認められ、47は国際クラスに残った経緯があります。

完全に不利な状況です。
ましてやこの歳。(まあ、歳は完全に無関係ですが…)
でも、勝手に好きでやっている事で、嫌なら辞めるしかないんです。

今度は健常者の部門
当然、オリンピックに挑戦など出来る訳はありません。
挑戦する事は可能ですが、予選会すら出る事は不可能です。(記録的に)
(障害者が五輪に挑戦する自体は何も問題はない)
参加可能なのはマスターズと地区大会くらいです。
障害者が健常者の大会に出る自体稀ですが、ハンデは言わずとも分かると思います。
ですが、この分野も勝手に好きで出ている訳です。
ハンデがきついからと文句を言うようなら、出なければいいだけの話です。

と長くなってしまいました。

両方の分野で好き勝手に出場している訳です。

付け加えると、世の中は両手がある事を前提に物は作られています。
カップアイスを食べたくても食べられません。
アップルウォッチも付けることが出来ません。

別にアイスはカップ以外にもあるし、時計はスマホで代用出来る。

土俵は常に不平等。
そんな事情で今まで過ごしてきたせいでしょうか?

不平等が当たり前で、そこをどう工夫し超えて行こうか?しか頭にありません。
興味がなければ工夫もしないし、努力もしない。

相手は変わる事はないので、いかに自分自身が変われるか???
勝手に自分自身が挑んでいる事。

基本的にスタート時点から不平等に置かれているせいか、ドーピングの件に関してはさほどの憤りは感じない。

むしろ、タバコの害の方が憤りを強く感じる。
全く個人の空間でたしなむのであれば何も文句は言わないが、換気扇やベランダで吸い、煙が臭う、歩きながらとかなど、どう考えても自分本位の人が多すぎる。
自分の空間は汚したくないから、換気扇やベランダとかの選択になるのだろうが、それで迷惑する人が確実にいる事を分かって欲しい。

また脱線した。

今回のドーピング問題。
確実に良くない事ではあることには変わりない。
ドーピングを選択すまでの過程はさまざまだろう。

抑止力として一発永久追放とかもあるかもしれない。
それをしないのは何か裏があるような気もするが…

だが、僕は今回大勢の方との感じ方が違うことについて掘り下げて考えた。
置かれている立場できっと人は色々な感じ方、選択をするのだろうと思った。

お前の意見は偏見だと言う人もいるだろう。
だが、世の中は平等なんてあり得ない訳で、ならばその中でどう生きてゆくのがいいのか?

相手が変わるのを期待してはいけない。
自分自身の問題。

世の中の不条理、理不尽は当たり前。

本日も長々とお付き合いありがとうございました。
多謝、羽根。

2015年8月2日日曜日

盛夏

8月に入りました。
暑いですね…某天気予報士さんは台風が過ぎ去れば、この異常高温も一緒に過ぎ去る…と聞いた覚えがありますが、聞き間違いかもしれません。

きっと某気象予報士さんと相性が良くないのでしょう。
某TV局の男性ですが…ほかの方々は好きなんですがね…

まあ、相性はありますので…
と、どうでもいい事ばかりでした。。。

さて…先日の多発性筋炎の外来で、ほぼOKが出たと書きました。
よくよく考えてみました。

きっとほぼ緩解なんだろうな〜と。
この病気は完治はしません。
それは承知で納得しています。
別に大した問題ではないです。

緩解で充分。
そりゃぁ、完治に超したことはないが完治しないんだから仕方ない。
薬だけ飲んでればいいだけの話。

この辺の事を前回の外来診察で聞ければ良かった。
まだまだ、応用力とういか、判断力というか、理解力に欠ける。
数日たたないとこのように理解が出来ない。
反省である。

ここ最近物忘れが激しい…
同時に二つの事を行おうとするとたいてい一つ忘れる。
これが済んだらやろう…も…たいてい忘れる。

なので、最近は思い立ったら直ぐに行動に移します。
と今、これを書いていて書きたかった内容を忘れています。。。

まぁ、縁がなかったと諦めます。

話は右往左往し…
リハビリ始めました。
以前から行っていましたが、内容を強化しました。

距離を若干伸ばし、速度を上げる。
補強を少しづつ入れ始めました。

3日行い2日休養。
そう、徐々に筋肥大をさせます。

筋肥大もあまり筋繊維を切り過ぎると、CK値がとんでもないことになるのでそこは経験で。(CK値と言っても検査はしませんが)
通常の3倍の時間を掛けるイメージですかね。

そうそう、僕はよくイメージをイメージします。
そのようなタイプなんですね。
このイメージを上手く言語化すべく苦労します。

長嶋さんじゃないですが、「ビューン」「ダー」とかではなく言語化し文書化したいのです。

この辺の感じは言葉の壁の際に役立ちます。
そこでは絵が非常に有効です。

そうラオスでの活動でも通ずる部分ですね。
いかに分かりやすく伝えるか!?

こちらの常識は向こうの非常識。
あくまでも、自分だけが知っているだけではなく平等に分け与える。
その延長でinnovationが生まれる。

またまた、脱線しました。
リハビリに戻します。

焦る訳ではないのですが、(きっと焦ってる)急ぎ気味になる傾向があります。
我々世代の方はそうなのでしょうが、休んでいるのがサボっていると感じてしまい、罪悪感に襲われるという変な世界感があります。

確かに、水を飲むな!、真夏でもウォーマーでアップ、水泳は身体を冷やすからダメ!冷房も同じ、の世代ですから…
先輩からも目の敵にされ…それはひどい仕打ちを…ボコボコでしたね。
怖かったですよ…他の部の先輩達は…

またまた脱線しました。
第三者にリハビリメニューを頼まれて、それに答えるる答えで行きたいと思います。

緩解したことで(勝手に思ってる)気分的に楽になりました。
退社した会社には戻る気はありませんが、今の状況なら仕事も可能ですね。

Dr.の判断より2ヶ月遅れですかね。
誰がどう言おうとも、自分の身体の状況は自分で判断します。

いくら検査結果がよくてもどこか一つでも引っかかる、気になる所があるなら回避しますね。
当然、逆もあるでしょうが…(こっちのほうが今までは多かった)

50歳、人生後半の林住期。
身体のどこかには故障箇所の一つや二つはあるだろう。
全体的にまだまだ調子が良ければそれで良し。
上手く使えばまだまだいけるぜ!!。

ちょっと今日は暑さのせいでしょう、話が脱線し過ぎ、取り留めもなくなりました。
暑さのせいと言う事でご勘弁ください。

くだらない戯言にお付き合いありがとうございました。
多謝、羽根。