予定

次回出場予定 2017年は終了です。痛めた足の療養中  ラオスにて障害者陸上を指導中

2015年1月19日月曜日

クスコ観光

またまた少し空いてしまいました。
加齢と共に記憶も下降傾向なので、必死に思い出しながらの報告です。

なので、金額などは自信がないので、おおらかな気持ちで見ていただjければ幸いです。

高山病もひと段落して、クスコ市内観光へ行こうと思い街へ出ました。
当初の計画は2階建てバスの90分コース。
20ソルだったかな?
















でも乗りませんでした。
街を歩いていて、地元の旅行会社の客引きにつかまり内容を確認。
4時間で、35ソルだったかな?

二つの遺跡巡り。
マラス、ラモイ塩田。
遺跡の入場料別途必要でしたが、2階建てのバスの方だと時間が短すぎたので決めました。

モライが70ソルでラマスが10ソル。
結果的には良かったですよ。

当然、僕一人でマイクロバスには見知らぬ方々…
旅の醍醐味ですね。
バス内でも色々とガイドが話してますが…
このマイクロです。





















で、バス内





















結構走りましたよ。
まるで、インディージョーンズの世界だなと…





















未舗装道路などを結構走り、着きました。
結構寒く、一時的ですが、アラレも降ってきました。
モライ塩田?試験場?










































モライを後にし…
マラス塩田へ…

道が狭いのにルールなどなし。
思うがままにみんなが突っ込んできます。

なので、全然動けなくなりました。
仕方がないので、そこで降りて歩いて行き観光中にバスは無事駐車場で待機してました。
















































街中で客引きにあって、行き当たりばったりの観光でしたが、結構良かったです。
遺跡の入場料が高いのにはビックリしましたが、まあ仕方ないです。

前記してますが、金額は定かではありませんので悪しからず…

今回は、行き当たりばったりのクスコ遺跡観光の巻でした。

2015年1月14日水曜日

ワイナピチュ

少し更新があきました。
忘れやすいので、出来る限り残したいのはやまやまですが…

曖昧な部分もあり、記憶違いもあるかも知れませんがご勘弁ください。

さて、ワイナピチュについてですが…
大変でした。

全く甘く見ていました。
確かに11月の最終戦から一切身体を動かしていないという状況を勘案してもきつかったです。

僕の場合、荷物が重いという事柄も見逃せませんが…
(こう見えて慎重派なんです)

まず、ワイナピチュへの入り口まで急ぐ必要がありました。
11時まで(11時半かも?)の入山が必須です。(下山も時間指定あり)
入山下山で時間、サインが必要です。
確かに、頂上や要所に警備員さんがいて、無線でやり取りしてました。
僕は入る時間も指定時間間際で、下山時間は多少の余裕がありました。

登り道はほぼ階段で非常に辛かったです。
所々に、ワイヤーが張ってあります。
登りより降りの方がワイヤーは必要ですね。

本当に登りは辛く、所々で休み休み登り、息もハーハ。
徐々に高くなるにつれて、景色は素晴らしくなってきます。
徐々に登っていよいよ頂上へ!
世界一、訪れるのが困難と言われる世界遺産の一つです。
遺跡を一望する絶景。
適度に雲がかかっていていい感じ♪
左にジグザグの道。
あの道をバスで登ってきたんですね。

と思ったらこの上にまだあるみたい。
ここまできたら登らない理由が見当たりません。
で…驚愕!!
こんな狭いところを通過する必要が…
でも、ここはまだ序の口で、ここを通ると中は少し広いのですが、そこから出るのが非常に狭いんです。
ブラジル人のカップルと一緒になって彼らは諦めかけていました。

なので、僕が見本を見せるべく先に行きました。
でも…すんなりいかず考える羽目に。。。

背負っているリュックが引っ掛かるんです。
リュックを先に送り、自分は後から…

膝をつきながらも何とが脱出。
この様子は必死すぎて写真を撮る余裕なし。

岩場の頂上がそこには…
ただの岩場ですが、れっきとした頂上。
制覇出来ました。
ちょっと頂上らしい写真じゃないですね。
疲労感は出てますが…

そこから少し降りたところに写真ポイントなんでしょうね。
ありました。
図々しく、誰にでもお願いしますよ。
写真をお願いします~と…

いい写真の一つだと自画自賛です♪

当然、登りがきついということは、降りもきついということです。
場所によっては断崖や階段も狭いところも…

でも、何故でしょうか?
みんなは苦戦していましたが、僕は降りはスイスイと…

おかげでだいぶ余裕がありました。

無事に下山できて雨が降ってきました。

ここで雨宿りをしていて、頂上付近の狭いところであったブラジル人カップルとここで再開。
お互いの健闘を称えました。

写真撮ればよかったな~と少し後悔…

その後には翌日改めてくる遺跡を適当に見て回っていました。

あとで分かったことですが、ワイナピチュへの登る人は少ないようです。
確かに年配の方々には少し厳しいかもしれません。


何はともあれ、一生に一度は行きたいと言われる場所に行けました。

長文、ザックリですがワイナピチュ編をつらつらと…

2015年1月9日金曜日

高山病

ご無沙汰しています。

無事にペルーから帰国し時差ボケもなく過ごしております。
徐々に、健忘禄的に書いて行こうと思っています。

まずは表題ですが、高山病です。
全くなめていました。

宿泊先はクスコ。
高地です。3500mの標高。
過去に富士山へ登ったことがあり、高山病とは無縁だったのです。

なので、今回も問題ないだろうと…

リマの空港から少し変でした。
トランジットの待ち時間で食欲がなく、吐き気、頭痛と…

マクドナルドのハンバーガーを半分食べるのがやっとでした。

その後、クスコへ飛行機で移動。
ホテルに着くまではさほど酷くはなかったのですが、着いてしばらくすると…

徐々に酷くなってきました。

吐き気と頭痛。
本当に辛かった。

酷い二日酔いのような感じ。
高山病以外も疑いました。

病院へ行かないとダメかな?とか、マチュピチュは無理かな?このまま帰国できず入院かな?とか、本当に様々なことが脳裏に浮かび、非常に心細かったです。

両替もしていなく、US$しか持っておらず、買い物も出来ず…
無理いってホテルのフロントで、水をUS$で1本売ってもらいそれだけで、丸一日寝ていました。


徐々に回復の兆しが見え始めたものの、食欲は相変わらずない。
SIMカードが欲しかったのと、何か食料、飲料等を確保もしないとの思いで外出。

まずは、両替をアルマス広場の適当なところで。
もうこうなると、レートなんかに気は回りません。

US200$をソルに

その後、ふらふら気味ではあったが、SIM購入しに行ったが、開通せず。
食欲がないので飲料を確保。

ホテルに戻り、飲料でなんとかしのぐ。
徐々にではあるが回復傾向。

夕方くらいに少し食欲が出てきたので、スープを食す。

相変わらず寝起きは非常に体調が悪いが、昼あたりにはだいぶ回復してきた。
食欲も出てきてレストランで食事をするも、半分食べただけ。

翌日にはだいぶ回復して街並みを散策出来るようになった。
その途中で、街中の旅行代理店で4時間コースのバスツアーがあったので参加する。

ここまでくれば完全ではないがほとんど回復。
翌日の、一泊二日のマチュピチュ、ワイナピチュへのアタックも問題なさそうで一安心。

丸一日、高山病でダウンしたお話でした。

写真は高山病とは関係ありませんが、雲海を下にしています。
この程度のところに宿泊していたんです。

 雲に隠れていますが、頭のあたりに6000m級のアンデス山脈があります。

こちらは少し低いですが街並みが見える絶景でした。




2015年1月1日木曜日

2015

新年明けましておめでとうございます。
僕は今、ペルーはマチュピチュへ来ています。
オリャンタイタンボ駅周辺に一泊で、昨日はワイナピチュを制覇して来ました。

現地時間は1日の6:10amです。

簡単ですが、現地からの新年のご挨拶です。

今年もよろしくお願いいたします。
マチュピチュより