予定

次回出場予定 2017年は終了です。痛めた足の療養中  ラオスにて障害者陸上を指導中

2014年3月28日金曜日

無料通話

年度が替わるのでTV番組にも影響があるようですね。
TBSの朝ズバを観ているのですが、どうやら変わるようです。

障害者スポーツを熱心に取上げて頂いていた数少ない番組でした。
まぁ、僕には当然無縁でしたが…。

さて、今日は無料通話です…
スマートフォンで無料通話アプリが数多く出ています。

個人的にも数社、使っています。
メインはLINEですね。
やはり使用人数が多く、使用期間も長く使い慣れているので…。

僕はドコモユーザーで、通話はFOMA回線でネットがXi契約の2台持ちです。
FOMA回線だと無料通話分が付いているので、繰越などもあり通話の少ない月は基本料金のみで収まります。

でも、所要で通話が多いと無料通話分では足りなく結構、割高な通話料に気付きました。

そこで、色々と調べて現在はLINEの他に3つ使い始めました。
僕の基本的な考えは、ランニングコストを嫌います。

なので、選択肢は基本料金がゼロ円なもの。
あとは、固定や携帯にかけられるもの。
LINEも固定や携帯にかけられる有料サービスを開始したようですね。

すると050番号が取れるものありました。
050は使った分だけでざっくりですが、僕の場合は半額近くの節約に繋がる。

あとは、事前チャージで使用できるものが、アプリでvibreとgoogle voice(talk)です。
こちらの方は050よりもう少し節約に繋がりますが、発信者番号がありません。

vibreの方は通知はあるようですが、僕の場合は確認できていません。
今、このvibreは固定電話への通話無料を実施中です。
1回、3Gで使用しましたが普通に使えました。

googleの方は断然、通話料が安いです。
現段階ではvibreが固定電話への無料を実施中なので、固定へはvibreを使用していますが、今後有料にる事を見越しての対策です。
昨日、wifi下で携帯に電話しましたが、全く通話品質には問題なくクリアでした。
ちょっとビックリしましたね。

ですが050以外は発信者番号が通知されないので、携帯や固定電話での非通知拒否などだと辛い場合もあります。

要はあくまでもサブとして、または海外とかでも気軽に使えるものとか…って感じですね。

当然、よくよく調べて、節約に繋がればそれに越した事はないと思います。

あくまでも、各人での使用状況も違うので何が良くて、悪いかは全く解りません。
情報として知っていて損はないと思います。

このほかにも沢山良い情報はあると思います。
情報が流出するという内容も目にします。

今現在、僕が選択しての情報を発信したのみで詳細はご自身でお調べくださいね。ε- (ー ^ )

2014年3月27日木曜日

成り上がり

本当に早いもので、年度末を迎えております。
陽気もすっかり春を通り越し、初夏を思わせる日が続いております。

季節の移り変わりが何だか今年はやけにリアルに感じられた年です。

さて…成り上がりですが…
崇拝する矢沢永吉の本ではないですが、影響されていることは間違いない事実です。

著書にあったかどうかは忘れましたが、自分の中ではCDにあった記憶が強いです。

1年目、散々な目にあう
2年目、落とし前をつける
3年目、余裕

これを見たとき、非常に衝撃が走った記憶があります。
恐らく、2004,5年辺りだと思います。

座右の銘じゃないですが、しばらくは心に留まっていたのですが、何時しか片隅の奥の方に行ってました。

奥の方で眠っていた上記の言葉…
振り返ると、「3年目、余裕」は達成していたんだと思います。

意識することなく片隅の奥に行っていましたので…。

今回、振り出しに戻り、改めて知人からこの言葉を頂いてハッとしました。

うん。
良いですね。

確かに振り出しに戻り、大変でしょうが登って行きますよ。
振り出しに戻ったと言っても、自分だけが変わっただけで、同じように日は沈むし、上ってきます。

普段の町並みも何も変わってはいません。

幸いな事に、健康な身体と精神があります。

大した問題ではありません。
登っていけばいいだけの話です。

今度はどこまで登っていけるのでしょうか?

成り上がりです ε- (ー ^ )


2014年3月25日火曜日

一人で出来ないこと

すっかり春めいてきました。
春を通り越して初夏を思わせる今日この頃です。

春が短くなり厳しい夏が長くなるのかな?なんて
寒いと文句を言い、暑くなっても文句を言っている

本当にわがままな人間の私です。

昨晩、TVを観ていて、ある方が呟いたと言うか、発した言葉にハッとしました。

「一人で出来ない事は行わない」

あ~~~ぁ。
そう言えば、この言葉でここまで来たな~と。

受傷後、ある仕事に就きました。
スーツ着用で、ネクタイです。

片手でネクタイが結べるか?が
さしあたっての最重要課題でした。

他の人にネクタイを結んでもらうと言う選択肢も当然あります。
ですが、僕の場合は前記してますが「一人で出来ない事は行わない」
の方程式を仕事でも当てはめました。

結論から言えば片手でもネクタイは結べました。
なので、その会社へ就職する決意をしました。
ネクタイを結べなければ、就職はしなかったと思っています。

諸事情でその会社は退社するという結論に至りましたが…。

誰かに頼れば出来るという事が嫌いなようです。
頼らざる得ない場合は確実にあります。
そこは否定しません。

ですが、必要最小限度の事(各人で最小限度も違うでしょうが…)は自分で出来ないと意味がないと考えています。
ネクタイの件で言うと、誰かにお願いしていると外出時に着替える場面はどうするのか?など、様々な事を考えました。

そこまで考える必要があるのか?と言う意見も当然あるでしょうが、その辺に関しては性格なので仕方ないでしょう。

そんな事をず~と考えて実行していくと、出来ること、出来ない事がはっきりと見えてきます。
時間がかかるが出来ること…
例えば、洗濯物を洗濯ばさみに挟んで干す…これは、結構イライラし、時間も健常者からすれば3倍程度の時間を要します。

時間をかけても出来ないこと…
例えば、靴紐をきつく結ぶこと…これは、ただ結ぶということなら何とか出来ますが、縛るということになると出来ません。
ここで諦めるという選択肢も当然あり、靴は紐タイプではなく、マジックテープタイプを選択するという事もありますし、現に陸上のスパイクなどは愛用しています。

ですが、マジックテープだと選択肢が余りにも少ないんです。
例えば、三段跳や走幅跳用のスパイクになると、マジックテープタイプはありませんし、アップシューズも過去は多少ありましたが、現行モデルは1種類ほど(?)です。

どうしても、紐タイプを履きたいと思うと試行錯誤するんです。
最初は簡易的な物から始まり、不具合が出てきて、何回も考える。
考えて調べると意外と見つかるんです。

今、僕は紐タイプを愛用しています。
しっかりと縛ることが出来ています。

先日、Facebookで見かけましたが、オリンピックの前にパラリンピックを開催するという案。
障害者が利用しやすい物は誰が使っても楽で便利なんです。

例えば、車椅子ユーザーがストレス無く上の階などへ行く。
電車に乗る際もいちいち駅員さんへ伝えなくても乗れる。

上記ですと、高齢者や、ベビーカーユーザーにも全く当てはまります。

以前、オリンピック開催で日本は何が出来るか?のプレゼンでも発表しましたが
障害者がストレスフリーと言う事は万人に優しいのです。

当然、全てが実現可能とは思いませんし、不可能だとは解っています。

ですが、僕個人のように出来ないことを明らかにすることにより解決の糸口が見出せるのも確かにあります。

ちょっと話が逸れましたが…。

そんなこんなで「一人で出来ない事は行わない」を心に強くもちここまで進んできました。

その甲斐あって、一人で暮らすこと、海外旅行へも何の問題もありません。

今回、母親の命日に手続きを終えました。
何かの縁みたいのを感じざる得ません。

僕だけの問題ではないので正式な決定はまだ未定ですが、自分のなかではこの日です。

「一人で出来ない事は行わない」を心掛け実行してきた結果です。

今後もきっと精一杯、突っ張って残りの人生を歩んで行きます。
頑張って寿命まで生きますよ ε- (ー ^ ) 

2014年3月18日火曜日

吉田選手

すっかり春めいてきました。
天候も不順で、季節の変わり目をこの辺の天候でも実感できています。

体調も狂いやすい時期かとも思われます。

さて、今日はレスリングの吉田選手です。
先日、お父様を亡くされました。

yahooニュースで一報を見たとき大変衝撃を受けました。
不謹慎な意見かもしれませんが、運転中の発作でよく単独事故で済んだなと…。

強運の持ち主なのでしょう。

その後、すぐに会見を開いて心中を吐露。
そして、お父様の意思を反映し大会参加を決意。

そして優勝。

強いです。全ての面で。

試合後の会見の晴れやかな顔。
素晴らしかったですね。

お父様を亡くされたショックは計り知れないと思いますが、あの晴れやかな顔がとても素敵に映りました。

あの表情を見ていて思ったこと。
以前にも書いた事はあると思いますが、「死」を受け入れていると。

死とは単なる肉体が無くなるだけで、受け方いかんでは心には永遠に存在するものだと。
完全に心の中に存在していることが、全くの他人の僕の目からも想像ができました。


一緒に生活をしていた人が突然いなくなれば当然ぽっかり穴が開くでしょう。
ですが、それ以上に絆が強くなった気がします。

本当に素晴らしい顔をしていました。

きっと、一人になった時や、フッとした時などは、また違う顔もあるでしょう。

でも、様々な出来事を体験してきて一回りも二回りも成長したように思えました。

選手なのでいつかは負けるし、人はいつか必ず死ぬ。

残された人間がどのように受け入れるか。(受け入れられるか)
きっと、そのときの置かれた状況で変わってくるんでしょうね。

「魂は心の中に永遠に留まる」という事実を見れたことは本当に幸運です。

僕も26歳の時、母親を50歳で亡くしました。
何も親孝行出来ずに…。

墓参りも頻繁には行ってません。
ですが、心の中にはいつも残っています。

ほんの一部分は分かる気がします。

だからと言って、墓参りを疎かにする正当化する理由にはなりませんがね…ε- (ー ^ )


2014年3月17日月曜日

今季予定

だいぶ暖かくなってきました。
三寒四温の一歩先を行った感じでしょうか?

陽が伸びましたね。

前回も書きましたが、大きな案件が決着すると思われます。
これで、一区切り。

振り出しに戻りますが、ここからどの程度まで挽回出来るかですね。
ここまでよく来たのですが、こればかりは仕方ありません。

まだ、予測の域ですが、ここからが勝負と言ってもいいくらいの出来事です。
ちょっと、今までが100とすると60位に制限しないといけない部分がでてきますが…

「振り出しに戻る」 がんばりますよ♪

さて、今季の予定がザックリと組めました。
障害者の大会がアップされたので。

障害者の方をメインに組み立て、マスターズで肉付けするようなイメージですかね。

大きな所では、障害者では10月のアジアパラ。
こちらは選考があるので厳しい状況は変わりませんが、昨年の記録も選考に入っているので走幅跳は突破済。
三段跳は大会から削除されてしまったので、7月の関東選手権で100mにでて標準記録を突破します。
標準記録はとても低く設定されていて、恐らく問題なく突破できる範囲です。

前回(4年前)も標準記録は突破していましたが、残念ながら選出されず…。

選考に関しては、どんなに努力しても敵わない部分なので、出来る事は競技で精一杯の記録を残すことです。
精一杯行い、標準記録も突破していて選考漏れになれば悔しいですが仕方ありませんね。

健常者のマスターズもアジア大会が開催されます。
こちらは2年毎の開催で、前回は台北で開催され、三段跳で2位。走幅跳で3位でした。
あれからもう2年も経つのですね。。。

今回は日本開催で日本選手が多数参加されるので、苦戦が想定されますが、まぁ、精一杯やるだけです。

そんなこんなで、そこをメインにして行きます。
アジアパラは厳しいですが、いずれにしろ秋にピークを持って来ようと思って準備してます。

前記しましたが、諸事情で多少参加する大会も減るとは思いますが、好きな事が出来ることは本当に幸運以外、なにものでもありません。

それ以外にも海外旅行は絶対に外せませんので、その辺の兼ね合いも出てきます。

諸事情で選択せざる得ない。。。
まぁ、当然です。

制約があるからこそ生きてくるものがあると思います。ε- (ー ^ )



2014年3月13日木曜日

見えないもの

だいぶ暖かくなってきました。
季節の変わり目、加齢と共に順応時間が長くなっていることを実感できる今日この頃です。

また、花粉や有害物質なども多めに飛んでいるようです。
不要不急な用を除いて外出は控えましょう…などの発言を聞くだびに無責任な言葉と思うのは僕だけかも知れません。

さて、今日は「見えないもの」ですが…
そう、「空気」「運」「タイミング」とかが当てはまるでしょうね。

以前、空気の研究という本を読んだことがありますが、なるほど…と納得しました。
それから、確かに見えないものを強く意識するようになったような気がします。

以前は、空気や運やタイミングなどは単なる偶然というかこじ付けのような感じで捕らえていました。
よくよく考えるというか、振り返ってみてみると、結構、僕は運に恵まれています。

挙げればキリがありません。
中には無意識のうちにその流れというか、空気に乗って好転したなどということもありました。

ここ最近はとても強く流れを意識しています。
例えば、探し物でとかで探しても見つからないとき…
(旅行などで格安航空券や宿など…)
夢中になっているときは意外と見つからず、縁があれば再度探す行為を行いだろうと思い、少し時間をおいたすると本当に見つかったりする場合が多々あります。

物を購入する際も同じ要素が当てはまりますね。
夢中のときは見つからず、冷却期間をおいてみて、再度購入意欲が沸くか?

沸くと意外と何で?前回見つからなかったんだろう?と思うこともしばしば…

きっと、タイミングなんでしょうね。


タイミングは良い方に出るばかりではないでしょうが、前記しましたがどうやらだいぶ僕は幸運を持っているようです。

少し話は前後しますが
一番の幸運は怪我ですね。
幸運なことに怪我は利き腕ではないほうです。
これが全てなような気がしてなりません。

これが利き腕だったらと思うと…。
もっともっと怪我に関しては沢山ありすぎますが、そこが最大のように思います。

人との出会いもそのうちの一つですね。
縁があり知合える。
縁がありわかれる。

そのタイミングでしか出来ない行為、行動などがあると思います。

上手く見極めることが出来れば、外から見ればマイナスなようなことでも、プラスに働くような気がするというか、僕の場合は働いています。

その辺の決断力などは徐々に磨かれていることも実感できています。
徐々に趣味の一つに加わった読書の影響も大きいと思います。

極々簡単にいうと…
生活の全てで判断していることを意識できているかが、非常に大きいのではないかと思います。

極端な話
いつ飲み物を飲むか?今日のご飯は何にするか?などを信念をもって判断する。
という意識の元に行うことが僕は重要且つ、役立っています。

その辺を意識することで、「空気」「運」「タイミング」を上手く掴めている気がします。

現在も、非常に重要な案件があります。
僕的には、もう少し先の話かと思っていました。
が、急激に話が進むような流れになってきました。

少しだけ躊躇しましたが、流れに乗り、加速させました。

この選択がどちらに出るかはまだこの段階ではわかりません。
でも、人生での選択なんてその時々で解ることなどないと思います。

重要なのはいかに信念をもって判断したかだと思います。
今回の僕も、信念をもって加速させました。

現在進行中です。( ̄ー ̄)

2014年3月11日火曜日

3年

まだまだ寒い日が続いております。
年度末ということもあり、若干忙しい日が続いております。

勤務先でも移動などもあり送別会などへも出る機会もあり普段は聞けない、話せないようなことも話す機会に恵まれ、僕の立ち位置の一つでもあるアスリートとして認めてもらっている言葉を聞けて改めて信念を持って行うことの重要さを再認識している昨今です。

アスリート、仕事も目標に進んでいく上での戦略はとても重要で共通点だということを共通認識しました。

アスリートとして仕事の面で評価されたことはとても嬉しくハッピーでした。


先日、埼玉マスターズ記録会(5/11)の申込みを完了しました。
茨城マスターズは今季は恐らく参加しないと思います。

補助役員の方々は非常にフレンドリーで楽しい大会なのですが、唯一、トップの方々の認識違いから、折角の好印象を壊したくないので、不参加を決めました。

さて、本日は震災関連を…
3年目という非常に感慨深い日です。

メディアでも大々的に報道されています。

思う事は多々ありますが、やはり思いますね。

「諸行無常」「人生皆苦」。

個人的には非常に魂を揺さぶられた出来事です。

ただただ思うことくらいしかできません。

鎮魂。

2014年3月6日木曜日

七転び八起き

啓蟄らしいですね。
ですが、強風(突風)です。
虫も出てきたらとんでもない所へ飛ばされそうです。

向い風に歩いても進むのが辛く感じる位です。

車で止まっていても揺さぶられ、様々な物が飛んでいます。
交通混乱に繋がらなければいいのですが…

さて、本日は…「七転び八起き」ですが…

個人的には「諦める」の言葉の意味はこちらを好んで理解しています。

この諦めるですが、本当に実感していて、何をどうしたいのかを諦めると事態が開ける事が多々あります。

事態が開けるまでには当然時間も労力もかかります。
投げ出したくなることもしばしばですが、そんな時はしばらく放っておくこともあります。
過去はそこでギブアップすることが多かったですが、最近は…

縁があれば再度考える事になるだろうし、考えなければ縁が無かったんだと。
かっこよく言えば冷却期間を置くと言った所でしょうかね。

するとどうでしょう…
当時の調べ方が悪かったのか?夢中で周りが見えていなかったのか?
実際の所はどうか解りませんが、いい情報に出会える事があります。
それも結構な確立で。

ここ最近もやはりそのような出来事があり、諦める、ギブアップしないと言う事は重要だと再認識しています。

ただ、毎回そうか?と言えば違うでしょうし、たまたま偶然が重なったとも言えます。


あと、過去にも書いていますが「サンクコスト」の考え方も好きです。
ただ、僕も場合はこのサンクコストを逆に使っています。
埋没費用の部分を逆にとります。

上手く言えないのですが、回収できない部分のなかに何か得る物はないのか?を考えます。
と言うことですでにサンクコストになっていないと言う意見もあるかも知れませんが…

面白くない本のなかから何を見出す事が出来るのか?
読み終わったときに何が残るのか?
とかが楽しみの一つに挙げられます。
埋没のなかに何があるんだろう???と

まぁ、貧乏性というのも大きな要因の一つですが。。。

そう
最近は特に感じています。
思うようにならないほうがほとんど。

計画が全く持って成り立たない。
当然と言えば当然なんですが…

転んでばっかり。。。
でもね、雪だるまのように転んで行くほど大きくなるんだよね。

七回転んだら八回目は七回以上に大きくなっている。
雪だるまは目に見える形だけど、自分自身の出来事だと目には見えず実感も少ない。

でも、ふっとした時に思えますよ。

おお!!!こんなに自分自身の器が大きくなっている!!

今まで歩んできた道に無駄は無かったな。と。
誰が認めてくれるわけでもありません。

全て自分自身の軸で行きましょう。ヽ (´ー`)┌

2014年3月4日火曜日

情報

3月に入りましたね。
まだまだ寒い日が続いておりますが、寒さが違う気がします。

やはり、春が近づきつつあることを寒いながら実感できている今日この頃です。
季節柄、天候不順で計画通りに物事が進まずに地団駄を踏んでいる方もいるかと思います。

まぁ、焦らずに進んで行きましょう。
きっと何らかの理由があると思いますよ。

さて、今回は「情報」についてですが…

僕も例外ではありませんが、基本、ネットから情報収集します。
確かに膨大な情報があり重宝します。

正反対の内容を見ることもしばしば…
悪意のある方もいるとは思いますが、ほとんどの方は親切心からの情報発信だと思います。

受取る側が重要かと…。
親切心で情報発信してくれていますが、それはその人のその時の情報です。

例えば、クレームなどの場合は、先方も人間ですし会社で感情もあることでしょう。
クレームを伝える際に、先方の受取り方で対応も変わる気がします。
(各人でクレーム対応が変わることが良いか悪いかはここでは問わないことにします)

なので、その人にとっての先方の対応です。
した手に出る場合、喜怒哀楽を前面に出す場合…
どちらが良いか悪いかは何とも言えません。

であるからして、その時で変わる事も想定できるでしょう。

発信者はその時の情報です。
人が変われば変わる事もあるでしょうし、ましてや、時間が経過していれば先方の方針も変わっていることも十分に考えられます。

今回、僕も情報収集しました。
う~~~ん…
ちょっと、条件が良くないかな~と正直思いました。

でも、本当の所はどうだろう?
聞いてダメならまた戦略を変えればいいだけだと思い聞いてみました。

結論から言うと、情報収集した中の半々くらいの正解率でしたね。

でも、先方の対応が素晴らしく感動しました。
こうなると先方へのイメージが全く変わると言うか、一気に自分の中でイメージが上りました。

最悪、最良も当然考えてはいました。
まあ、ちょうど中間的なので何とも言えませんが、良かったと思います。

これで、最終的にどうなるかは今この段階ではまだ何とも言えませんが、
先方の対応に満足したのでどのような結果になっても満足するような気がします。

そこで、ふっと思ったこと…
万人が満足出来る説明や対応はきっと不可能でしょう。
ですが、誠心誠意の説明、対応をすれば伝わる気がしてなりません。

聞いていて思うのですが、言い訳から入るのが個人的には大嫌いです。
一声目が説明で入ると言い訳になるような気がします。

僕は他人へ説明する事やクレーム対応する事は滅多にありません。
が、たまに質問される事はあります。

その時には一声目に気をつけているつもりです。
間違いなら、素直に認める。
解らない事なら素直に聞く。

その後、内容を確かめて議論なりを進行するように心掛けているつもりです。

ちょっと話が大幅に脱線しました。

話を元に戻すと…
机上論というか、バーチャル的な情報に左右されることは良くないです。
確かに発信者は事実を伝えてくれていてありがたいです。

その情報が全てだとは思わずに本当に必要な部分は自分で確認することが重要。
ただ、その得た情報も過去の物です。

発信し、情報共有は良い事だと思います。

情報も膨大にある。
出来事も日進月歩で変わっている。

他の人と対応が違っても不思議ではないと思います。

今回、僕は本当にそれを実感しました。

みんなの対応と違うのかも知れません。
それが良いのか悪いのかは自分の判断です。

良くない情報のみでも正確な情報は自分自身で入手しましょう。

逆転勝利が転がり込むかもしれませんよ…ヽ (´ー`)┌