予定

次回出場予定 2017年7月30日(日) 千葉県マスターズ選手権  ラオスにて障害者陸上を指導中

2014年1月29日水曜日

派遣法

長男がオーストラリアへ修学旅行へ行くのに、成田空港まで送りに行って改めて空港の雰囲気が大好きだな~と再認識しました。

あの様々な言葉や、人種が入り混じった雰囲気が大好きです。
残念ながら、今回は見送りですが、長男は初海外で、多少僕の持っている知恵を伝授しました。

換金です。
円→豪$へ…
空港には多数の銀行があり換金出来ますが各銀行で若干のレートの差があります。
銀行以外にも両替商もあり、選択肢は自由です。

どこでも同じではないんです。
昨日は最高値が1豪$が99.70~80程度。
最安値が97.70~80程度でした。

数箇所回るのが面倒なら仕方ありませんが、長男と空港内を散歩がてら回って最安値で換金して、満足できました。

長男もレートが違うのを不思議がってはいましたが、そういうものと言うことで…。

多少は面目が保てたかな?と自己満足しています。


さて、話題は変わり、今朝のニュースで派遣法が変わったようですね。
以前、派遣会社の営業職を行っていたので多少の知識はあります。

26業務が廃止になり、原則1年、最長3年の派遣期間が無くなったと。

この期間の縛りが良いほうに出てくれればいいのですが…

以前の最長3年の縛りなら、期間終了後は正社員採用と言う選択肢が浮かんでくると思うのですが、3年の縛りがなくなると、ずーと派遣採用でも問題ないのです。

例えば、3年間の派遣期間で良い仕事をして、会社側も失いたくない人材であれば社員採用にしたいと思うのですが、縛りがなくなると…
どうなんでしょうね?

確かに派遣の方が良いと言う人もいるでしょう。

万人に平等な法律も無いと思いますし、世の中全て平等なんてないと個人的には思っています。
格差があるからこそ、頑張ろうと思えるし、頑張る活力にも繋がる気がします。

派遣があるから、派遣会社もなりたち世の中も成り立っていることでしょう。
全てがそうだとは言いませんが、派遣社員さんの待遇が余りにもよくないのです。

派遣元からは結構な金額を頂くのですが、派遣社員さんはビックリするくらいの金額です。
そのロジックというか、金額が多いか少ないかの基準が分からない人が多くてビックリです。

幸か不幸かわかりませんが、僕は多業種を経験したので派遣業界の賃金形態には大変驚きましたし、またそれが普通と思っている人が多いのにも大変驚きました。

昨今、建設業界の人材不足も騒がれていますが、同じような図式があてはまります。
元受は結構いい条件で下請けに仕事を出すわけですが、末端の条件は知る由もありません。

仕方の無い面も当然あるでしょうが、その辺の現場の事情が解らずにいる人が多すぎる気がします。
もう少し、利己的な考えをなくし、大儀のある方々が活躍してくれればもっともっといい日本になる気がしてなりません。

と、ちょっと今回の派遣法が変わったことが気になり書いてみました。

2014年1月23日木曜日

恐怖心

心配された愛犬の血便も治まり、一安心した今日この頃です。
1日間絶食を行い、無事出血は見られませんでした。

情報収集をして、犬の状態をよく観察して、おそらくこの方法で大丈夫だろう…と実行した事が上手く功を奏しました。
未だ、食事を柔らかめにして与えてはいますが…。

さて…
僕の性格ですが、良く言えば個性的です。
まぁ、通常は変わり者、偏屈といったところです。

どこでどうなったかは何とも言えませんが…
生まれつきなのかも知れません。

よくよく考えてみると、恐怖心から来ているように思います。
恐怖心と言うか、心配症の方がしっくり来るかもしれません。

心配から恐怖にも繋がる気がしますので、どっちもどっちでしょうが…。

例えば…
年間を通してほとんど規則正しい生活を送っています。

休日はゆっくり寝たいという方が大半でしょう。
ですが、僕の場合は睡眠時間を長く取りたいというときは、早く寝ます。
朝起きる時間に変化はありません。

寝具などに関してもそうで、低反発系のマットレスなどには非常に興味がありますし欲しいです。
買う気になれば買うことは出来るとは思いますが…
でも、遠征、旅行などでマットレスが変わると…
ちゃんとした睡眠がとれるでしょうか?

食に関しても、ジャンクフードといった物はほとんど食べませんね。
無理して食べないようにしているのではなく、その類のものは食べたい欲求がありません。

練習に関してもそうですね。
継続的に行う事、一人で行う事に何ら問題はありません。

と、普段の生活ぶりをツラツラと書いてみました。
何が言いたいかというと…

一度狂わした事を元に戻す自信が無いんです。
狂わしても元に戻せる強靭な自己の持ち主なら何も問題ないでしょう。
でも、僕は自信が無いんです…

睡眠では、朝寝坊して、週初め等に元に戻せない恐怖。

寝具では、遠征や旅行にお気に入りの寝具を持って行く事は不可能なので、睡眠の確保が出来ない恐怖。

食では、ジャンクフードにハマって好きになり、健康体を維持出来ない事への恐怖。

練習では、断続的や団体で行う事に慣れると、一人で追込む事が出来ない恐怖。

そんな事に対して非常に恐怖心、心配性の面が大きく働きます。
その辺を勘案して天秤にかけます。

ならば、普段通りが一番いいのではないか?と。
特別が無いわけです。

ストイックだと言われる事が多々あります。
ですが、上記の事に対し恐怖、不安があるんです。

そうなりたくないといったほうが勝つんです。

であるからして、特別な事を行っているとも思ってもいませんですし、普段通りに粛々と淡々と生活しているだけです。

当然、全てが普段通りに物事は進みませんが、そこに近づける事でストレスは最小限度になる気がします。

だから、他の人には理解されず、偏屈、変わり者と言われる由縁です。
当然、人のペースに合わせることもあまりないので一人での生活が続いている訳です。

他人から見れば、そんな人生で何が楽しいの?と言う人もいるでしょう。
ですが、僕自身はそれが一番心地いい生き方なんです。

一番心地いいと言っても、それは今現在の事であって、明日急に変わる事もある訳です。

一番いい事とは絶対的な事ではなく、その時々で変わるものだと思っています。
そう、その時々で本心から「一番」って思える事が「一番」ではないでしょうか?


2014年1月21日火曜日

県記録

寒さも厳しいここ最近。
本当に寒さに弱くなり、本気で東南アジアへのロングスティを思い始めている今日この頃です。

それ以外に、愛犬が急に血便が出てちょっと心配事が増えた今日この頃です。
元気はよく、食欲も普通にあるのですが…絶食をしてみて様子を見ることにしました。

facebookでは報告したのですが、昨年の4月の千葉県マスターズ記録会でM45クラスの三段跳で県記録を更新したのですが、年が変わり正式に公認されました。

過去の記録は1993年の記録で、わずか1cmの更新です。
障害者の大会での記録は残念ながら公認されません。

一昨年にも障害者の大会で県記録以上を跳んだので公認してもらえないかと、日本マスターズ連盟に問合せまでしましたが、公認できないと…。

当時は、非常に理不尽さを強く思った記憶があります。
記録は記録なのに…って。

徐々に気持ちに変化も現れ、まっ、いいか…
そのうち跳べるだろうと…

確かに記録だけを見ると県記録は数回跳んでいましたが、全て障害者の大会でした。

一昨年、昨年は多少焦りもあり、マスターズの試合を増やしましたが、残念ながら思ったような結果は残せず、運よく地元開催の記録会で跳ぶことが出来て、その後は気が楽です。

焦りから、茨城マスターズの大会にも参加しましたが、結果的にはこの大会に参加したのは後味の悪いものになり、少し反省しましたが、行って分かった事なのでそこは収穫ですね。

今回、県記録の更新は1cmです。
当時は、1cm…か~と思ったのですが、よくよく考えると…

まだまだ更新する機会が増える訳です。
更新は出来なくとも、既に樹立済なので失うものはない訳です。

ラッキーだと思いませんか?
一気に数十センチも更新してしまえば、加齢と共に記録更新は難しいです。
モチベーションを保つのも厳しいかもしれません。

ですが、自己記録は別問題で、県記録に関しては可能性が大だと思いませんか?

なんてラッキーなんだろうと…。

やはり、相当強運を持っているようです。

そうなると、来年以降に繋がってきました。

M50で12mオバーですね。
となると、世界ランクも上位の方です。

今現在も、年間の自己ベストで行くとM45クラスの世界ランキングは30位にギリギリ入る記録です。
(マスターズの世界ランキングは30位まで公表されている)

ですが、残念なことに、障害者の大会での記録なので公認されません。
まぁ、仕方ないです。

障害者の方では年齢区別がなく、リオパラリンピックは三段跳は種目から削除されました。
アジア大会も今年韓国で開催予定ですが、パラリンピックのA標準記録でないと、選出される可能性は低いです。

そんなこんなで、紆余曲折ですが、今後はマスターズをメインで行こうかと…
でも、障害者の方も決して諦めているわけではなく、大会には積極的に参加し賑やかして行きます。

どちらも自己記録の更新を目指して行き、その延長で代表選出もある。
マスターズに関しては、世界大会などの参加は手挙げですが…。

話は前後しますが、1cmの更新でよかった。
来年は49歳を迎えます。
来年は49歳11ヶ月で世界マスターズを迎えます。

当時はすごく残念感が強かったです。

50歳から一つ上のクラスです。
よくよく考えたら、日本国内ではM50クラスの三段跳って13m選手が2人もいるんです。

今年のアジア大会、来年の世界大会。
ひょっとするとM45でラッキーなのかも知れません。

本当の所はどうかわかりませんが…

そんなこんなで、未だモチベーションは高く持ち続けています。

そう、僕はとてつもない強運の持ち主であるんです。

人生何が幸いするか分かりませんね ε- (ー ^ )


2014年1月15日水曜日

カンボジア年末年始編

寒い日が続いています。
アメリカなどはそうとう深刻な所もあるようですし、日本国内でも雪に関連する事故も多く起きていて、改めて自然災害の怖さを身に染みている今日この頃です。

今回はカンボジアの年末年始編を…。

28日の夜23時過ぎにホテルにチェックインしました。
往復の航空券とホテルのみの予約。

観光の予定は立てたものの、予約は取らず…
予定と言っても、最小限行きたい場所を覚えていた程度…

アンコールワットとベンメリア。
多少、ネットと地球の歩き方でなんとなく情報収集程度。

年末年始だったので行けるかな~と思いましたが問題なく行けました。
全て、当日、前日に思いつき、ホテルからですが手配をお願いできました。
若干、金額が高めですが仕方ないでしょう。

2014年の初日の出もアンコールワットで観れたし、熱気球、サンセットクルージングも前日予約で問題ありませんでした。

おまけで、1月1日の午後から、一泊予定でシェムリアップ~プノンペンへ空路で行きました。
チケットはホテルで手配してもらいましたが、個人で航空会社のHPで予約を取れば金額的に節約出来たかもしれません。(結果論ですが)

プノンペンでもホテルを予約せずに一泊を試みる。
1月1日の夜だったので多少の不安はありましたが何とか宿は確保出来ました。

希望は、$10USを探したのですが、数箇所まわり全て満室。
仕方なく金額を上げて探し、$20USを発見し、交渉で$18USにまけてもらいました。
ちゃんと温水シャワーもあるし、トイレもあり、部屋も広くダブルベットでWIFIも飛んでます。
(最初に案内された部屋はWIFIが来ていなくクレームを言うと間違えたとの事で問題なく部屋を変えてくれました)

年末年始のカンボジアは予約なしでも、問題なく行きたい所へは問題なく行ける。
ただ、日本語のガイドが欲しいとなるとどうだろうか?
そこは不明である。

僕はツクツクドラーバー、熱気球、サンセットクルーズと全てのコースは英語の方々でした。
(当方、英語は片言程度のレベルです)

ですが、ちゃんと、予約も取れるし、飛び込みで年始のホテルも取れました。

アンコールワット、トム。
タ・プローム。
プノン・バケンでのサンセット。
熱気球。
トンサレップ湖のサンセットクルーズ。
プノンペンへの移動。
国立博物館。
ナイトマーケット、パブストリート。
etc…

こんな感じを現地で、当日、前日交渉で問題なく行くことができます。  
多少金額は割り高になるかもしれませんが、そこは個人の価値観の差かも知れませんね。

予定が組める人なら安いところを探すのもいいかも知れません。
僕は予定が立てられない、行き当たりバッタリの人間です。


アンコールワット













アンコールトム












プノンペン$20USの部屋











タ・プローム





















ツクツクドライバー




















天空の城「ラピュタ」のモデルになったと言われているらしい

ベンメリア

















熱気球

初めての体験でデカクてビックリ。
2人だけの運行で贅沢でした。

















トンサレップ湖でのサンセット待ち

これは良かった。

偶然日本人女性の一人旅の人に出会う










ザックリとこんな感じでした。
とても刺激的で良かったです。

2014年1月10日金曜日

飛行機編

寒い日が続いております。
やはり、寒さには非常に弱くなっている自分に気付いている今日この頃です。

昨日に引き続き、カンボジア旅行のおさらいというか、情報などを…
飛行機編です。

成田~上海(浦東空港)~シェムリアップ(往復)*中国東方航空
シェムリアップ~プノンペン(往復)*カンボジア航空
を今回使いました。

中国東方航空はJALマイレージ加算可能(予約クラスで加算率は変動)
カンボジア航空はマイレージ加算無し。

中国東方航空から…
まず、国際線であるにも係らず、座席にモニターがありません。
音楽も聴けません。




まぁ、料金が安いので致し方ないでしょう。
嫌なら、他を選べばいいんです。
上海まで3時間強ですので、個人的には許容範囲です。








機内食は、2種類から選択で、肉か魚か?と聞かれたと思います。
魚を選択しました。

まぁ、魚だとは思うのですが…
うなぎでした。
おすしもどき、おそばも付いて、それなりに良かったですよ。

飲み物はアルコールは頼まなかったのであるかどうかは不明。

炭酸水を希望したが無いと言われました。



上海~シェリムアップ間



選択肢があったか忘れました。

味はう~ん、今一つより悪い感じですが個人的には、まぁ許容範囲です。







カンボジア国内移動(シェムリアップ~プノンペン)往復



フライト時間45分だったので何か出るのかな?と思っていたら…おっ!サンドイッチ?…残念ながら…


水とマフィンでした。

まぁ、良いでしょう。









プノンペン~シェムリアップの帰路の飛行機














シェムリアップ~上海(浦東空港)の機内食。
ちょっとビックリでした。
お菓子のレベルです。
夜便だったので、ビールを依頼すると、無い!と…。う~~ん…

さすがの僕も完食は出来ず、回収もすぐに来ました。

まぁ、諦めの心境です。






上海~成田の機内食

何も入っていないお皿が…
ゴミ入れでしょうか?

味は許容範囲ですが、ご飯とかがありませんでした。卵の下にあるかと思いましたが、ありませんでした。

まぁ、仕方ないでしょう。





今回搭乗した飛行機の機内食はこんな感じでした。

でも、一番困ったのが、到着前に配られる、入国カードです。
上海到着時は僕は何とかもらえたのですが、遅いタイミングに欲しいと言った人の分がありませんでした。

そう、不足したんです。
ちょっとビックリでした。


でも、これはまだ良かった方で(上海空港には入国カードは沢山普通に置いてあったので)。
まぁ、これが普通なんでしょうが…

問題は、上海~シェムリアップの区間です。
出入国カードを欲しいと言ったら…無い!と…

ビックリしましたが、まぁ、空港に行けばあるだろうと気楽に思っていましたが…ありません!
空港職員に聞いてもわからないと…。

ちょっと軽くパニくり、困りました。
入国ビザ担当のテーブルで聞くとNO2のカウンターへ行け!と。
でも、入国審査を行っているので、もらえる雰囲気ではなさそう…

再度、多少怒り気味で質問。
やはり同じ答えでしたので、念押しし、本当か!?と…。
本当だ!との事で、入国審査の列に並び貰うことが出来ました。

一度、列を離れて記入し再度入国審査の列に並ぶ…という事態に…。
時間はかかってしまいましたが、なんとか無事に入国し、ホテルの迎えのトクトクドライバートと会ました。

ちょっと事前情報だと、機内で入国カードも貰えるし、空港にも置いてあるということでしたが、両方とも違っていたので、だいぶ焦りましたがなんとか対処できたので良しとします。

誰かの参考にになればと思い文章にいたしました。

まぁ、イレギュラーがあるからこそ楽しいですよね。

2014年1月9日木曜日

上海編

元日にカンボジアから更新してご無沙汰でした。

ドタバタ劇もありましたが、非常に充実したカンボジア旅行も無事終了し通常生活に戻っています。
だいぶ寒さが身に凍みますが、時間と共に順応して行くことでしょう。

振り返ると…
今回は初トランジットで、空港外へ出て、現地でのクレジットカードで現金を引き出す。
がトランジットでの課題で、上海でしたので、リニアに乗り、地下鉄で移動し、おでんタワーを見学し、何か食べて来るのも課題でした。

ですが、飛行機が約2時間程度遅れた為にリニア、地下鉄、おでんタワー、クレジットカードから現金引き出しのみ無事成功しました。

上海浦東空港ターミナル1の到着でしたが、ATMを探すのに苦労しました。
成田でUS$に換金はしたのですが、中国元には換金せず。
換金した事実があったので、忘れていたのもあります。

リニアの切符購入しようとして、中国元は未換金と思い出したこともATMを探すのに時間が掛かったとも思います。
入国審査終了後すぐにATMを探せば結果は違ったかも知れません。

その後、リニアに乗りましたが、残念ながら時速400kmは往復とも実現せず、301kmがMAXでした。
その後、地下鉄移動ですが、自動券売機の使い方が解らず、隣の中国人に尋ねて、気持ちよく教えて頂け問題なく購入成功。

駅の数を覚えていて、目的駅で下車。
事前情報だと1番出口だったのですが、1番出口見つからず…
なので、2番を目指して行きました。

結果は目的のおでんタワーのすぐ近くでした。
デカイ!!ビックリでした。
イメージではもっと小さいと思っていたので…

展望台へ登りたい欲求が一気に膨らみましたが、現金も不足、時間も不足で断念しました。
時間不足も大きい要素なので当然、食事も断念。

まあ、残念ですが仕方ありません。

駅前は非常に発展していて、心配であったPM2.5も平気な感じで、空気は澄んでいました。

その後、浦東空港へ戻り若干の時間が出来たので、ラウンジへ。
ダイナースカード使用で無料での使用です。

国内と違い、軽食、アルコールもフリーです。
このときは嬉しかったですね。

残念ながらwifiはラウンジでは繋がるのですが、不安定で制限がありました。
facebook,twitterには繋がらず…。

帰路でも寄りましたが同じ結果で、スタバにも行きましたが、ネット接続は中国のsimがないとダメだそうです。

ちょっとザックリですが、上海浦東空港のレポートです。



浦東空港












リニア外観













残念ながら往復とも301kmでした












意外とデカかったおでんタワー

2014年1月1日水曜日

2014

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいいたします。

2014年の初日の出をアンコールワットで見てきました。
陽が出ているですが、遺跡の陰からなかなか見えず、ツワー客や、一部の人は帰って行き初めたのですが、もう少し見ていたく残って場所を変えながら見ていると良いポイントがありました。

本日は思い付きでプノンペンへ行こうと思い立ちチケットを取れるかホテルに確認。
希望以外で、金額も高いですが仕方ないでしょう。

後で航空会社で確認したら、80💲程度も高いのでどこかでマージンを取られたのでしょう
残念ですが仕方ありませんね。
確実に欲しかったので...
今日の15:30発のプノンペン行
帰りは1/2プノンペン発16:00でシェムリアップへ帰ってきます。

宿はとっていなく、行き当たりで決める予定です。
まぁ、何とかなると軽く考えていますが...さて、どうでしょうね?

今年も自由気ままで、一人の気楽さを十分に満喫したいと思います。

本年が皆さまにとって、実りの多き年となりすように祈願いたします。
 
2014年1月1日 羽根 裕之