予定

次回出場予定 2017年7月30日(日) 千葉県マスターズ選手権  ラオスにて障害者陸上を指導中

2014年12月22日月曜日

いよいよ

迫ってきましたね。
年の瀬が…

昨年から、年末年始の長い休みを利用して好き勝手に旅行しています。

昨年は、カンボジア、アンコールワットでの初日の出を見れました。
今年は、マチュピチュで初日の出を見ようと予定を組みました。

マチュピチュ、ワイナピチュを一泊二日で散策します。
結構な金額です。
人数制限があり、電車で行くのですが、電車も運が悪いと乗れない場合もあるらしい。
ましてや、言葉が全く出来ない僕は日本から予約を取りました。

あとは、お天気次第です。
丁度、雨季にあたるようです。

雨対策もしなければ…

27日のお昼頃に成田発~ダラス空港(ここでトランジット8時間位あるので、JFK暗殺現場を観に行こうと計画中)。

その後、ダラス~リマ~クスコとなっています。
クスコのホテルへ空港まで迎えに来るように依頼しましたが、果たして無事に会えるでしょうか?

天気予報では雨がないので一安心。

アメリカン航空で行きます。
座席指定を試みるも、空きがありません。

確保済みの座席は通路側ですが、反対の通路側の座席がいいのですが…
(右腕が通路側にくるのが理想です)

日本から一番遠いところですね。
一時期の僕からすると、考えられません。

珍道中になることは必須でしょう。
まぁ、それが旅の醍醐味です。

当然、気ままな一人旅です。

出発までこのブログは更新できないでしょうが、更新されていたら無事なんだな、と思ってくれれば幸いです。

あっ。。。ダラスフォートワース空港にcitibankはあるのかな?
今回は両替せずにcitiのドルカードで引き出す。
ダメなら、クレジットキャシッング、新生銀行を使おうと思っております。

では、2014年はお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

2015年は激動になる予感が…


2014年12月11日木曜日

出来る出来ない

色々と課題が多く悩みますが、それなりに充実している気がします。

悩みがなければ死んだも同然、
生きるということは苦しむ事だと、何かの本で読んだ気がします。

さて、表題ですが…
想いはそれぞれにあると思います。

ですが、現実問題として出来る出来ない事が見えてきます。
出来ない事に執着し、悪戯に苦しみ悩み時間を費やす事…。

出来ない事が分かっていないのでしょう。
決して非難しているわけではなく…

僕も当然経験していますが、何故???って。
振り返ると、この分野は自分の出る場所ではないな…と。

そう、適材適所。

俯瞰できればいいのですが、なかなか上手く物事進みません。

任せられるところは任せる。
自分しか出来ない事があるかもしれない。

何だろう?
そんな事はあるのか?

自問自答です。
見つかる場合もあるでしょう、見つからない場合もあるでしょう。

でも、考えた事は事実として残る訳で、何時、何処でかは解りませんが、きっと財産になっています。

そういう自分もここへきてようやく、自分だけしか出来ない事がはっきりしました。
現実には僕以外にも出来るのでしょうが…

そうすると、光や道が見えてきて、進む道がはっきり鮮明になります。

可能性は無限大。
やりたいことが見つかる幸運。


2014年12月9日火曜日

判断力

寒いですね。
雪の被害も出始めています。

充分にご注意ください。
注意はしていない人はいないでしょうが…

今日の表題は某方の本のタイトルですね。

まぁ、その辺は…

磨いていますか?
判断力。

何気なく行っている事、例えば…
昼食を何にしよう?自販機で何を買おう?etc...

もっと言うと、株価の売買のタイミングは間違うと雲泥の差ですね。
好む好まないはここでは問いません。

この手のタイミングは養う事が出来ると思っています。

普段から何気なく決めている事を意識することで…
何気なく決めるのではなく、ちゃんと理由付けし、強い意志で決める。

そんな風に習慣づけていけば、かなりの割合で、物事に対して決定力がつくと思います。

車でのドライブに例えます。
カーナビがありません。
当然、地図、スマホもありません。

とても重要な会議、商談、等が控えています。
道が分かりません。

そう、勘で行く以外に…
普段から何となくでも思いながら道や地理を考えていれば大きな間違いもなく、大まかですが近くにはたどり着くのは難しくないと思います。

ですが、普段からナビに頼り切っていると、全く逆の方向もあり得るのでは?

迷った時にも、違う?って事も浮かぶのかも重要です。

判断力
決断力とも言うでしょう。

色々と悩んで悩んで悩む。
最後は自分で決めるんです。

そこで自分自身で決められると、不思議とそのことに対しての問題や、道筋が見えて来ることが多いです。

たった一度の人生。
思った事を選択しませんか?


2014年12月4日木曜日

師走

シーズンOff
全く身体を動かしていません。
シーズン中より忙しいです。

疲労がないと寝られないという怖さから脱却できた感じがあります。
この辺の感覚は、アルコール摂取の方程式と似ています。

少し前に書きましたが、検査結果が出ました。
2週間、一切の内服薬(サプリも含)を中止しての血液検査。
好転傾向が表れました。
Dr.曰く、このまま内服薬を中止し様子を見ようと…。
1か月毎に検査し、最終的に2ケタに数値が下がればいいだろうと。

もし下がらなければ、薬で下げると言う選択肢もあるが、今は現状を選択することに。
Dr.も何となく、このまま下がる感じのようで一安心。

他の肝機能に関しては異常は見受けられないです。
一安心ですが、決して手放しで喜べる状態ではありません。

今回は身体に力が入りにくい状態とアゴにも力が入りにくい、尚且つ、体重の減少と今回の肝機能異常値がぶつかり、一時は真剣に悩み、落ち込み、恐怖もありました。

本当に今回は「死」を意識しました。
子供達にも、万が一の事態もあり得る事は伝えておきました。

まだ、完全に払拭出来た訳ではありませんが、ヤマは超えたのかな?と…
なので、今まで以上に今で出来る事を精一杯に悔いを残さず行おうと。

行動を起こして、全うできなくても仕方ないです。
行動を起こす事の重要さは、もう何回も何回も書いています。

そんな事を再認識できた今日この頃です。

海外での活動の方も徐々に進めています。
こちらはまた別の機会に報告できればと思っています。

2014年12月1日月曜日

WRC

12月に入りました。
残りのカレンダーも一枚と、月日の流れの速さに改めて驚いでいる今日この頃です。

当然、時間も月日も決まったように刻んでいるのですが…
まあ、細かい議論はまた別の機会に…

さて、念願であった行事に参加できました。

行ってきましたWRC(ワールドレーコードキャンプ)

ご存知でしょうが、今回は前三段跳び世界記録保持者の
ウィリーバンクスさんと、走り幅跳びの現世界記録保持者のマイクパウエルさん。

ウィリーさんとは、2007年の全日本マスターズでお会いして、少しお話しました。
覚えているかを聞くと、覚えていてくださいました。
やはり障害者のインパクトは強いようです。

千葉県のM45クラスで県記録更新したのを伝えると、とても喜んでくれました。
来年のリオンの世界マスターズに参加しようと考えているとも仰っていました。
(ウィリーさんは日本語ペラペラです)

マイクさんとは初です。
現役中のあの怖い顔しか知らなく、facebookでは見ていたのですが、怖い難しい人のイメージでした。

ですが、実際は非常に明るく、心の底から陸上競技を愛しているのが見て取れました。
とにかく、底抜けに明るい。

指導中も一切怒らず、上手くできると心から喜ぶ。
そんな姿に本当に共感しました。

雨の中で、午後からは体育館での練習に。
ここで、ウィリーさんグループはW-Up代わりのダンス(ズンバと言ってました)

ウィリーさんが先頭に立ち、本当に楽しそうにズンバしてました。
あと、感心したのが、リズム感が素晴らしいんです。

マイクさんもそうなんですが、ウィリーさんも負けず劣らずのリズム感。
さすがと思わせる場面を垣間見れて本当に幸運でした。

教室が終了して夜からのウエルカム・パーティーに参加できることになっていたのですが、他言出来ずに苦しんでいました。

サプライズで「為末 大」さん・「KAZ」さんの登場も知ってはいたのですが、これもサプライズ演出なので他言は厳禁。

もう一つ、ウィリーさんの家族を内緒で呼んでいたのです。
これば僕は知らず、ウィリーさんはとても驚いていました。

ウィリーさんの家族を本当に大切にする気持ち、態度には感銘を受けました。
何よりも、スマートなんです。

本当に今回の行事に参加できたことに感謝です。
教室の内容は当然ですが、プライベート部分を垣間見れたことの方が嬉しかったです。

ここで書けない事も多々聞けたりして、本当に有意義な日でした。

いや~!!本当に幸運です。

写真は
体育館でどさくさに紛れマイクパウエルさんと

ウエルカムパーティーで、ウィリーさんと


2014年11月26日水曜日

本質

寒暖の差が大きい11月ですね。

個人的には検査結果は良くないですが、自覚症状はほとんどなく、痰が切れにくい状態と、右目の物もらいが気になる程度の今日この頃です。

あと、体重が減ってきているのも多少の不安要素です。

前回の動くで多少触れました。
東南アジア方面での支援ですが、徐々に活発になってきました。
とは言っても自分自身のことですが…

今まで行ってきた事を認めてくださる団体もありました。
これは非常にうれしい出来事です。

認められるために今まで行って来た訳では当然ありません。
ですが、認めてもらえるのは嬉しいですよ。

動いたからこそ得るものがある。
まさに今回もその典型ですね。

タイムラグがあり、気持ち的に多少落ち込んでいた矢先の出来事だったので…。
当然、思うようには物事は進むとは思いません。
ですが、確実に進むんです。

動かないことには前進はありません。

ふっと振り返りました。
急にここまでの心境になった経緯を…

初めはただ単に、東南アジア方面への移住を考えていました。
ブログをさかのぼれば分かりますが、マレーシア、タイ等へを考えてと思います。

確かに移住することについては問題なく実行に移すことは可能であったと思います。
ただ、移住して初めのうちは夢や希望に満ち溢れているので、何でも新鮮に映りやる気も満々でしょう。

ですが、時間の経過とともに飽きてくるのも目に見えていました。
そう、やることのない虚無感。

過去に経験済みです。
受傷後ということでしたが、やることのない虚無感。
仕事も見つからず、陸上競技も毎日は出来ない。

時間の長いこと…
この時期は本当にきつかった。

と言う体験をしているので、単なる移住は棚上げに…

その後は、障害者スポーツの普及を試みるもすでに飽和状態。
それに加え、団体などへの不信感。(この部分が最大の原因かも)

マスターズ陸上の普及も考えましたが、この分野では僕が行わなくとも十分広告塔には困ることはありませんでした。

自分自身は何が本当にしたいのか?

陸上競技は障害者部門、マスターズ部門では継続したい。
陸上競技以外に毎日出来ることがあること。
障害者へ、僕が経験したを伝えること。
誰かの役に立ちたい。
海外への移住願望がある。

この事が残ったというか、はっきりとしました。
この事を実現出来ないか?

当然、日本国内でも可能です。
ですが、海外でも可能です。

一番のネックは海外でのやることがあるか?でした。
そこを考えて行くうちに今回の海外での障害者支援という選択肢が思い浮かびました。

人間の尊厳が失われようとしている、特に東南アジアが浮かびました。
偏見も多いでしょう。

カンボジア旅行で見かけた物乞いのみの障害者達。

言葉は悪いが、同じ貧困でも目標がある貧困と目標のない貧困では人間としてのQOLが違う気がしてならない。
健常者でも就業率が悪い東南アジアで障害者が仕事にありつけるのか?と言う問いは当然あるだろう。
だが、物事動かさないと動かないことは過去の体験で実証済み。

当然、僕一人が動いたところで何も好転しないかもしれない。
だが、1000人に一人でも、「お前に会えてよかった」と思ってもらえれば本望である。

しいて言えば、東京パラリンピックへその国のスタッフとして選手を送り込めればなお嬉しい。
まだ言えば、そのことがきっかけで雇用生むきっかけにつながればなおいい。

本質を見つめ直すと答えが出てきました。
出来ること出来ないことは当然あるでしょう。

夢も叶わないことの方が大半でしょう。

ですが、本質を見極め、本当にしたいことを実行できれば、どんなに幸運なことでしょうか!!

だいぶ固く、長くなりました。

目標を持ちそこへ向かって行きます。

2014年11月19日水曜日

動く

寒さも徐々に厳しくなってきています。
体調管理も難しい課題ですが、避けては通れないことなので努力します。

今、Offシーズンとういのもありますが、身体を動かしていません。
過去に書いてはいますが、検査結果も良くないのでいいタイミングなのでしょうね。

確かにシーズン中ならがっかりしてしまう所ですが、全く動じていません。

以前、取材していただいたAnotheLifeで書いていますが、東南アジアへの支援に前向きになってきました。

とは言っても手段が全く分かりません。
思い当たる方法で連絡をして、ある方とお会いできいいアドバイスを頂けました。

ブータン写真家の関さんです。

ご本人も元陸上競技の400H選手でIHの決勝まで行っている素晴らしい経歴の持ち主です。
当然、現在もご本人のHPを見れば分かるでしょうが、とても充実したうらやましい人生を歩んでおられます。

jicaの青年海外協力隊でブータンへも赴任していて、東南アジア事情にお詳しい方です。


色々と、僕の想いを聞いていただけて共感していただけました。
模索中の方向性も示して頂けて、とても参考になりました。

背中を押してくれた感じです。

個人的に思っていることに、タイミングがあります。

恐らく、みんなも現況を良くしようとかを思ったり、考えたりしている事でしょう。
でも、実際に行動へ移す方の割合になると、一気に低くなるのではないでしょうか?

思ったり、考えている時点で、すでにチャンスなんです。
チャンスを掴むか、放すか?

確かに行動へ移しても、成功確率なんて0.1%かもしれませんし50%かもしれません。
やってみないと分からないんです。

でも、諦めた時点でゼロ%になるんです。
そう、可能性ゼロ。

諦められる目標ならその程度なんだと思います。
諦めずにチャンスを掴みに行く。
自分でもなんでこんなに積極的に動くのかな~と思うこともあるかもしれません。
僕も経験があります。

そう、これこそタイミングだと思うんです。
根拠はないが、何となくその方向に導かれる。

掴める掴めない、当然あります。
掴めるに越したことはありません。

ですが、掴めないにしろ、そこで得たことは確実に残る訳です。
良いこと、悪いこと含めて…。

ちょっと話が脱線しました。

と言うことで、今回の僕も行動に移しています。
結果はどうなるかは分からず運任せみたいなところもあるでしょう。
今日明日に答えも出ないでしょう。

ですが、一歩踏み出した(出せた)ことは事実です。
行動に移さなければ可能性はゼロ%。

夢は向こうからは飛び込んでは来ません。
絶対に。

なぜ東南アジア?って思うかもしれません。
日本でも活動しようと思ったけど、あまりにも保守的で利己的な考えの人が多いことか…。
本当に嫌になっちゃったんです。

それに、日本の障害者は恵まれてるよ。

程度の差は当然あるにしろ、確実に保護されているよ。
手を挙げれば差し伸べてくれる人にも困らないのが現状。

手を上げずに文句ばかり言ってる人も見受けられるし。
(こんなこと書くと炎上しますかね?)
でも、事実だし…。

僕個人が支援をしても何も出来ないかもしれない。
最終目的としては、僕が行くことで現地での雇用を生み出せればいいな~と考えている。

そう、スポーツを通じて出来れば最高。
その中から、パラリンピックに出られる人が出てくればもっといい。

僕の人生、健常者時代から考えると人の役に立ちたい気持ちなんて微塵もなかった人間が、怪我をしたからこそ、全く違う人間になったように、この変化をみんなに伝え、QOLの充実に繋がれば本当にうれしい。

目標を持つ大事さ。
QOLの充実のうれしさ。

だいぶ長くなりました。
昨今の進捗です。


2014年11月15日土曜日

再検査

検査結果聞きました。
結論から言うと、良くないです。

再度の検査になりました。

29日に改めて…
その結果を踏まえて、精密検査も必要かも知れません。

今回の結果が悪かったので、大きい病院へ行き精密検査との選択肢もありました。
(精密検査とは肝臓に針を刺して組織を取り検査するようです)

ですが、今回は服用中の薬をやめて再検査を行うと言う選択をしました。
サプリメントもダメだそうです。
2週間程度で薬の効果は消えるとの事で29日の検査に…

幸いなことは、食事制限はなく、アルコールも控える程度でいいようです。

今回の結果では肝炎、甲状腺の検査も行ったが異常なしとの事。

体重も徐々に減り始め、多少の不安感は否めません。

来年で50歳。お袋が亡くなったのは50歳。

まあ、こんな精神状態であるから弱気にもなります。

でも、まだまだやりたいことが沢山あります。
陸上競技も当然そのうちの一つであることは間違いありません。

が、もっともっと違う方面であります。

異文化をもっともっと観て、感じたく思う。
途上国への障害者支援もしたい。

この途上国の障害者支援が一番大きい。
本当に実現したいと思っている。

まぁ、思うようにならないのが人生であることは承知しているつもりだ。
努力も報われないことも承知しているつもりだ。

だが、思わなければ実現も何もないし、努力しなければ100%不可能である。


まだまだ、やり残し、やりたいことが山積していて僕を待っていてくれています。

今回の出来事も天才のみに与えられた試練かもしれません。

経験したことに無意味なことなど一つもないです。

諸行無常


2014年11月13日木曜日

休養中

シーズンも終えて身体を休めている期間です。
土日に行っていた練習はしばし封印です。

先日の検査結果も気になります…

振り返ると…

いつからでしょうか?
アゴの力が弱くなってしまいました。
少し歯ごたえのあるものを噛み砕くのが、容易ではなくなりました。

それに付随しているのでしょうか?
身体の筋力低下というか、力が伝わらない…。

左ヒザ痛もありました。(現在はほとんど気にならないレベル)

その辺を実感は出来ていましたが、私生活ではさほどの不自由さは感じられませんでしたので、余り気にせず…。

ただ、競技の面では下降の一途を…
今季を振り返ると見事に下降しています。

良くなる事が全くありませんでした。

そこで、健康診断の結果。

何か関連性があるのかと…
素人考えで、検査結果を調べると…

筋ジストロフィーが載っていました。

不安な状況(状態)だと気になるものです。
まぁ、恐らくは取り越し苦労でしょう。

しばらく身体を休めて復活してくれば、心も元気になるでしょう。

そう、よく他人には言います。

右上がりだけの人生なんてありえない、と…。

そうです。
悪い時があるからこそ、いい時がある。

バイオリズムだって一直線ではないのですし…。

と、ここ最近は下降傾向を実感しているので多少、ポジティブさが失われています。
ですが、余り無理して上げようとはせず、静観しています。

無理をするとどこかで歪む気がしますので…。

いかがですか?みなさん。

ぼつぼつ行きましょうよ~ε- (ー ^ )

2014年11月9日日曜日

最終戦終了

11月に入っています。
立冬も過ぎ、冬へ向け季節が移り替わろうとしています。

無事に終了しました。
最終戦の全国障害者スポーツ大会@長崎

個人の結果は散々でした。

100mでは考えられないくらいのタイムでした。
正式な記録を確認する気力さえありません。
15秒の後半位かと…。

走り幅跳びも同様です。
4m19cmだと思います。
3回目の試技で、3m台が出ました。

何だか身体に力が入らないと言うか、伝わらないと言うか変な感じでした。
両種目とも2位で銀メダルに終わりました。

絶対王者として、およそ10年近く1位の座を守ってきましたが、陥落です。
ある意味、人間を証明出来ましたね。
と強がりを言っています。

手段を間違えるとこのような結果もあり得るんです。
僕が歩んでいる道は、誰も通ったことのない道です。

なので、誰もこの道の事は分かりません。
水先案内人、先駆者と言えばカッコいいですね。

今年の大失敗の意味を知るために、来年は結果を出します。
結果を出さずに、このままズルズルなら人生の意味が無いような気がしてなりません。

最終戦に向けて考えて行ったことは裏目に出たようです。
これも経験しなければ答えとして出ないことです。

話はかわり、10月中頃に行った、会社での健康診断。
再検査です。
肝機能低下で数値がだいぶ良くないようです。
10倍の数値も…

ザックリとネット検索で調べると、筋力低下に繋がる要素も見当たりました。
とは言っても関連性があるかは分かりません。

当然、違う病院で再検査をして結果待ちです。

ちっと不安な気持ちが強いです。
まだまだ沢山やりたいことが残っているんです。

検査結果がどのようになるかは何とも言えませんが、なるようにしかなならいでしょう。


写真は、全国障害者スポーツ大会」@長崎の集合写真。
帰りの長崎空港へ今大会のボランティアさん達も合流しての写真です。(身体障害チーム)

今大会の千葉県チームは東京、大阪に次いで、3位と言う結果でした。



2014年10月20日月曜日

変わり者

最終戦に向け日々悩み、試行錯誤し続けている今日この頃です。

左逆の脚踏切りで行く!!と決心したのもつかの間、右足踏切に未練たらたらでした。
実際に左で踏切り練習していてその途中で試しました。右足踏切りも…

やはり脚が回ってくれません。

でも、ようやく繋がりました。
今季の不調が…。

左足踏切を行い、理由はともかく右足踏切を試したりするなかで繋がりました。
あと、ダッシュを行い、それも一役たちました。

結論から言うと、まったくハムストリングスを鍛えていない事が全てです。
とは言っても、自分自身では鍛えてるつもりでした。

春先に左ハムの肉離れから始まり、その後、方向がずれて行きました。
この肉離れが非常にトラウマになったことは間違いありません。

いい感じで、加速していった矢先に…

受傷後、トラウマから、違う方法でハムの強化を試み実践しました。
ここで最大のミスを犯した。(今だから解明できたことで、当時は疑いの余地はなかった)

ハムの強化に繋がっていなく、それ以外の場所の強化に…
ハムが強化されないのに、それ以外の場所が太くなり、そこを動かす重要な筋肉(ハム)が追いついていない状態。

そこに気付かず、それを実践していた。

肉離れ後の復帰戦はそこそこの結果だったが、その後ジリ貧に…

当時は全くジリ貧になるのが分からず、跳んだ感じも悪くなかった。
(最終的にはアジアマスターズで人生最低記録更新)

その時ですら、原因が分からなかった。
ただ、脚が回らない事は実感としてあったが、原因が浮かばなかった。

ここに来て、色々試行錯誤してくると、「なるほど」と閃いた。
繋がったね。

冬期の練習方法は間違いではなく、肉離れ後の練習方法に問題があった。
なので、冬期の貯金で受傷後の春先の結果はまずまずであった。

その後、ハムを鍛えず、他を強化してしまった結果、ただ単に、鎧を装着してしまった。
そう、装着すべく筋力がないのに…。

今季はあと1試合。
ここで気付くのが、何だかな~と言う感じは否めない。

が、これで来季へ明るい見通しが経った事は事実。
今季の失敗を繰り返さなければいい。

一時期は、本当に限界かと思い、泣きたくなったこともある。

色々と自問自答し、時間はかかり、時期も遅かったが答えが出たのが非常に大きい。

とは言え、まだ1試合残っている。
それも、全スポだよ。

5連覇がかかってる。
言葉は悪いが、この大会で負けると言うのは選択しにない。

でも、間違った方法をとると、負ける可能性も十分あるんだな~とも…。

ここへ来て、左踏切り(逆)で行こうと決心したが、原因がわかり改めて利き脚の右踏切りで行こうと思い始めた変わり者の自分がここにいます。

悩んで、逆(左)で行くと決心したにの、この場に及び、またどんでん返し。

本当に変わり者だね。

写真は新たに使い始めるアップシューズ。
みんなと違うものが好きな変わり者です。



2014年10月17日金曜日

鬼が笑う?

台風が過ぎて一気に季節が進んでしまいました。
日中と夜の寒暖の差も大きくなっております。

体調管理が難しいですね。

来年の話をすると鬼が笑うといいますが、もうこの時期なのでいいでしょう。


第4回 ARAKAWAクリーン10Kにゲストとしクリニックなどを行います。
2014スポーツ博覧会でご一緒した菅野さんと。

まだまだ先の話ですが…

開催場所は全天候型のトラックなので、多少の質、内容の濃いクリニックが出来ると思います。
対象年齢も今の所不明なので、今後に期待ですね。

さて、話題は変わりまして…
今季の最終戦が近づいてきました。

全国障害者スポーツ大会@長崎です。
何度も書いているのでお分かりでしょうが、絶不調の真っ最中です。

本当に試行錯誤してます。
踏切り足を逆で跳ぶと決心し調整しています。

当然、日進月歩とはいかず悔しい思いをしています。
ですが、アジアマシターズ大会程度の距離は跳べています。

去年は5m中盤程度がアベレージでしたが、今年は1m跳べていないです。
なんとか最終戦で5mを跳びたいなと…。

昨年からは思いもしない目標ですが致し方ありません。
現在の実力です。

思うように行きません。
人生そのものです。

だからこそ、やりがいがあるのでしょう。
結果は当然重要であることに疑いの余地はなく、負ければ悔しさもあります。

だけど、がんばってきた道のりに清々しさを感じます。
逃げ出さず、投げ出さず、自分と向き合い最善を尽くす。

結果(記録)だけを見ればビックリする低記録ですが、そこまで行くのにも十分苦労してます。
当然、、逆もしかりで、いいときも精一杯の努力をしてます。

となると、結果は時の運!!

目標がある事で人生に張りが出てこないかい???

2014年10月14日火曜日

博覧会

2週連続で台風に見舞われました。

幸いなことに、両方共被害はなく一安心していますが、被害に遭われた方々の心中を考えますと、手放しで喜べない一面もあります。

2014スポーツ博覧会が無事終了しました。
台風の影響が懸念されましたが、終日曇りベースで過し易い日だったように感じました。

会場は昭和記念公園で飲食ブースも多々あり、結構な賑わいを見せていました。

僕と菅野さんが担当した「かけっこ教室」もキャンセル待ちが出るなど好評を頂いたようです。
菅野さんは「かけっこ教室」をご自身でも主催しており、流れ、内容はお手の物。

ですが、今回僕が加入したことで若干の道徳色が加わりました。

僕のように片腕の疑似体験。
そこから発展させて、両腕束縛の疑似体験。

片腕が不自由な方のペットボトルの開け方など…

あと、障害者についても少しだけお話を…

「障害者と言う表現は差別用語ではないこと」
「障害者は可哀想ではないということ」
「障害者は不幸ではなく、不自由なだけということ」

街で障害者を見かけたら、「お手伝いすることありませんか?」と気軽に声をかけみてくださいとも付け加えました。

なかなか、障害者に接する機会が少なく、どのように接するかが分からない方々が多い気がします。

少しでもその辺の考え方のバリアが低くなることが出来ればと思います。

かけっこ教室+道徳=が今回参加してくれた方々、一人でも良かったと思って頂ければ幸いです。

今後も機会があれば積極的に参加したいと考えています。

次はアナタの街かもしれない…



2014年10月2日木曜日

10月

衣替えですね。
まだまだ、暑い日もあり体調管理に一苦労している今日この頃です。

スポーツ博覧会2014 これに出ます (10/12)

菅野優太さん(100m元日本代表)と一緒に。

今後、様々な分野に進出しようと企てています。
11月にも一つ大きなイベントが決定しました。
と言っても、参加する側ですが…
(詳細は現段階では公表はできません)

シーズンも終わるので、様々な案を実行すべく…
今後の人生をも左右しかねない事柄も視野にはあります。

思うことは、「やりがい」が重要だな…と。

例えば、お金が沢山あっても使う方法を知らないとか、使う暇がないなどになればお金の意味を成していないと個人的に思います。

ひょっとすると、そのお金のせいで争いごとに巻き込まれるかもしれません。
だからと言って、お金に苦労して明日の生活が心配だと言うのも論外です。

この辺のさじ加減は各人によって違うのでどれが正解はないでしょう。

確かにお金があれば大抵の事は解決できると持論のお金持ちもいるし。

ちょっと話がそれました。

ここ最近、非常に興味のあることは、途上国への貢献です。
だからと言って、潤沢な資金があるわけでもなく、知識もあるわけでもなく…。

僕が実感できた、障害を持ってもやりがいがあれば人生が豊かになる!と言うことを啓蒙したいのです。
僕の場合はたまたま陸上競技でしたが、他にも選択肢は沢山あると思います。

興味があることと、実行に移せるかは別問題だとは分かっていますし、そんなに簡単に物事も進むわけも無いでしょう。

シーズン終了後、少しその方向へ進んでみたいと考えております。

2014年9月29日月曜日

背水

いよいよ9月も終わりに近づきました。
すっかり秋の気配が強くなり、朝晩は寒さを覚えるほどに…

最終戦の全国障害者スポーツ大会@長崎を残すのみとなりました。

何回も書いていますが、今季の絶不調。
少し考えました。

今季でやり残したことはないか?を。
浮かんできました。

春に起こした肉離れの影響で敬遠していたことが…
敬遠というより、恐怖感から出来なかったという方が正解かもしれませんが…

恐怖感があるから、それを回避して違う方法で補おうとしたが結果として補うことが出来ず、それに気がつかなかったことが大きな原因の一つだと。

そして、その方法が間違いではないと勘違いを修正できず、違う方法にもかかわらずに押し進めた結果、違う方向へ進んでしまった。

当然、理由は一つではなく、それ以外にもあり様々な要素が絡み合って現在に至っている。

今季はもう三段跳びは試合がないので跳ばない。
なので、走り幅跳びだけのことを考えいい。

そこも一つの好材料。

その辺を勘案して専門的なことを取り入れ始めました。
この専門的が遅かった。
これに尽きる。

違う方向に行ってしまったことは、今季は取り戻せないので考えた。

特に走り幅跳びで。
シザースで脚が回らない、前に出てこない。
なので、思い切りました。

逆脚で踏切ることに。
以前、一時期試したことがありますが、三段跳びだと負担が強すぎて肉離れを起こしたので敬遠した経緯があります。

試合でも試したのですが、余り好結果ではなかったです。
記憶だと、走り幅跳で5m25cm位の記憶が・・・

逆脚なら反り跳びに近い跳躍です。

反る事は出来ませんが、挟む動作は封印できます。
その辺を勘案して決めました。

少しずつ練習していますが、当然急激には向上は出来ませんが、利き脚時の今季の終盤よりは跳べています。

まだ8歩助走での練習のみで、今後、全助までの移行でどのようになるかも未知数ですが、今季はこれ以下になろうとも何も問題がないので…。

色々と試行錯誤が続きます。
好結果に結び付くかもわかりません。

ですが、やり残しだけは嫌なので、持ってる引き出しを全て使い、尚且つ、それでもダメならダメで仕方ないだろうと思え始めました。

人生と同じで、結果は時の運。
どこまで真剣に向かい合ったか?

自分自身が知っている。


2014年9月25日木曜日

惨敗

終了しました。
アジアマスターズ、全日本マスターズ選手権@北上。

初日は雨が降って寒さも強めだったようですが、それ以外は晴天に恵まれました。
とは言っても、やはり岩手県です。
風が冷たく、日陰などでは肌寒さも感じられました。

個人的には最大限努力して望みましたが、惨敗でした。
自己ワースト記録を更新中です。

走り幅跳びは4m57cmくらいかな?
三段跳びは10m13cmくらいかな?

両種目とも予選ラウンドで敗退です。

余りにも悪すぎて記録を確かめる気力も失せました。

脚が回りません。
脚と言っても、付根辺りが回らない感じです。
脚が前に出てきてくれないんです。

この大会まで、鍼を打って何とか改善を試みましたが、報われませんでした。
当然、それだけが原因ではないとは思います。

とにかく、昨年とのギャップが余りにも激しいのでビックリしています。

今季のここまでの歩みが全て裏目に出ている感じです。

ですが、考えてみれば今季のことを繰り返さなければ逆の方向に出る可能性もあるわけです。

今季の最大目標であった、アジアマスターズ選手権で自己ワーストという惨敗に終わりました。
残念で仕方ありません。

とは言っても、全国障害者スポーツ大会が残っています。
そこへ向け、まだまだもがきます。

写真は走り幅跳び終了後。
僕の隣から、インド、シンガポール、台湾の選手。

このほかにも、前大会(台湾)で知合った方との再会もありました。







2014年9月20日土曜日

Today

アジアマスターズ選手権、全日本マスターズ選手権に参加するために、岩手県、北上市へ来ています。

朝はウインドブレーカーを着て丁度いい感じで寒いです。

21日が走り幅跳び
22日が三段跳びです。

昨年からこの大会へ標準を合わせてきました。

最後まで諦めず、一本でも多く跳んで来ます。

密かに今日は誕生日♪
昨年はオランダ遠征中でした。

どうやら、地方で迎えるのが好きなようです。

49歳だぜー(((o(*゚▽゚*)o)))

2014年9月16日火曜日

英断

残暑も厳しい日がありますが、朝晩はすっかり秋の色が濃くなってきました。

いよいよ、アジアマスターズ選手権が全日本マスターズ選手権と合同開催されます。
今年は人生最低の絶不調に見舞われていますが、なんとか決勝に残ろうと頑張ってきました。

最終調整を週末に終えました。
これで、やるべき事は全てやり終えました。

そこで、英断したことが…
三段跳びに関してですが、踏切板を11mを諦めます。

ご存知の方は少ないのかも知れませんが、マスターズ大会は三段跳びの踏切板は自分が選ぶことが出来ます。

競技場により若干の違いはありますが、MAX11mで、9m、7mなど…

年配の方用には5mとかも当然あります。
そうなると、踏切板ではなく白テープになりますが…。

僕は今まで11mからでした。
いつの頃でしょうか?11mに出来たのは?
記憶には残っていません。

当然、初めのうちは9mからでした。
人生初の海外遠征の2007年のIWAS台湾大会も9mでした。

ちょっと脱線しましたが…
週末の競技場での最終練習。

幅も余りよくなく幅は調整の一環で出ます。
三段に関しては、8歩助走で11mから入らなければ、全助でも入らないです。
なので、その辺の意味合いも含めての練習でした。

実際に跳ぶと…入りません。
なので諦めて9mから数本練習しました。

10mでも入ると思います。
ですが、本番は10mがあるとは限らず、選択肢を増やしておこうと…。

今まで、11mの踏切板を変えることに強い違和感があった事は事実です。
何だか、そのままダメになりそうで…。

でも、9mにする!!と思った途端に何で9mがいけないの?と…
変ですね。自分。

そうですよ。9mから12m跳べば良いわけです。
確かに11mから跳んだ方が好記録に結び付きやすい側面は確かにあります。

11mから入らず記録なし。。。
9mから跳んで一本でもはまってくれれば…
運よく決勝にも残れる可能性も…

記録なしではチャンスは皆無。

11m板を諦めるまでは、何だか否定するというか、負けた気がしてすごく悩んだのですが…

いざ、9mで行くと決めた途端に、それなりに出来る気がしてきました。

予断ですが、前記した2007年のIWAS台湾でも9m板から12m跳んだんですよね。
それまで、12m跳んだことはなかったんです。

その時の感覚というか、何か浮かんできました。

11mから跳べればそれに越したことはないのは当然ですが、だからといって9mからが悪いことでもなく、かっこ悪いことでもないと改めて再認識できてある意味ラッキーかもしれません。

だからと言って、この不調が解消された事とは別問題ですが、一つ悩みが減った事は事実です。

方向性を自分で出した。
あとは極めるだけ!!

頑張るよ~♪



2014年9月9日火曜日

マチュピチュ

台風の影響もほとんどなく一安心な今日この頃です。
本音を言えば、台風が発生していたのを知りませんでした。

全く、ノー天気です。

さて、表題ですが…
決めました。

マチュピチュへ行きます。
12月27日~1月4日の日程で。

一人で行きます。
友達もいませんし。。。

行きはダラス経由で帰りはLA経由。
乗換え時間は長めに取って空港外へ遊びに行く予定です。

航空券は確保しました。
Expediaより若干安いところを発見できて、そこ経由で購入することでペルー国内線も確保出来るということで決めました。

どのようなコネクションがあるのか分かりませんが、確保した便は他で検索しても全然出てきませんね。

幸か不幸かはお楽しみと言うことで…

なので、今後はクスコでのホテル探しとクスコ~マチュピチュ(1泊)の移動等の確保ですね。

色々なサイトでマチュピチュツアーもありますが今後は一切見ません。
最終的にはツアーで行くのと金額的には変わらないのかもしれませんが、団体行動で行くことに対して強い拒絶反応があるので…

ツアーだと当然安全、安心感もあることは疑いのない事実です。

どちらが良くて悪いという議論ではなく、あくまでも好みです。

昨年末のカンボジア旅行でもそうでしたが、この決断するタイミングがワクワクしますね。

決めていいのかな~とか、病気しないかな~とか…

まぁ、様々な要素が入り乱れ決断する訳です。

強く思う事は行きたい(やりたい)と思った時がベストタイミングだと。
次、来年、今度でいいや~。と思うと逃げて行きます。
確実に。

多少無理があろうとなかろうと、行動に移す。
結果を恐れて行動しないことは最も愚かだと考えます。

とは言っても程度はあります。

なので僕が独身でいる理由の一つかもしれません。

思った通りに生きる。

2014年9月8日月曜日

封印

すっかり秋めいてきました。
とは言っても所々で暑さがぶり返すと、非常に厳しく感じる今日この頃です。

いよいよアジアマスターズまで中1週間となりました。

今季の絶不調を振り返り自分なりに修正してきました。

細かい内容は割愛するとして、自分の感覚が狂っているということを前提として組み立てました。

人それぞれでしょうが僕は練習日記などはつけていません。
理由としては、過去の自分は別人だと思っているからです。

好記録が出たときの自分と今の自分は別人と。
とはいっても、大まかの方向性は記録はしています。

懐かしさを思い出すのもいいでしょうし、見落したことの再認識があるのも間違いない事実です。
でも、それを実行すれば全てが上手くいくとはとうてい思えません。

そう、「げんかつぎ」に通じます。
どこまでも行きそうな「げんかつぎ」

否定はしません。
それで安心できれば。

どんな人でも過去には戻れないわけです。
僕の個人的な思いは過去は過去。
今は今。


その時々で最良を考え選択し実行する。
過去の繰り返しだと進化が無いと思います。

万が一失敗しても、引き出しが増えるわけです。

ということで個人的にも前回の不調で考えました。
通常なら休養を入れたと思いますが、今回は逆を選択し強めの内容の練習を入れることを選択し、尚且つ、跳躍練習を封印。

あと、2回か3回の練習です。
どのような内容にするかはその時々の諸条件で変化するでしょう。

何処かの誰かさんの言葉じゃないですが…
「考えて走り、跳ぶ」です。

他力より自力で行こうと思います。

2014年9月2日火曜日

向上計画

秋の長雨のような天気が続きました。
朝晩はすっかり秋の気配が濃くなってきました。

9月に入りいよいよアジアマスターズが迫ってきました。

絶不調をなんとか乗り越えるべく試行錯誤しています。
今までとは全く違う方法を選びました。

「むち」を入れる事は前回書きました。
「むち」の内容は、走ってます。

プチ合宿程度に。
走ると言っても100mのタイム向上計画ではありません。

助走スピード向上計画です。
今季は、練習内容自体が手段の目的化になりここまで精細を欠いています。

個人的な思いは、走るのが速いにこしたこはありません。
当然です。そこは疑う余地はありません。

ただ、速いから遠くへ跳べるかは別問題と考えます。
いくら走るのが速くても踏切り直前に急ブレーキがかかれば意味がないのです。

まぁ、当然ですね。

であるからして技術面が重要と思います。
ここも、疑う余地はないと思います。

ただ、すこし思い違いをする場合が結構あります。
今回の僕がここで少し方向を間違えた。

なので、少し走っています。
当然、ピットで全助走を。

幅、三段の両方の踏切板を使い、各6本×2setで24本です。
結構きついです。

テーマを明確にし、跳躍練習は封印しました。

この選択が吉と出るか凶と出るかは何とも言えません。

ですが、現況を鑑みるとこれがベストとの選択をしたわけです。
あと3週間でどこまで仕上がるか…

往生際が悪いです。

はい、性格もひねくれています。


2014年8月28日木曜日

悪あがき

秋の長雨のような天気が続いております。
気温も急激にさがり体調管理が難しく感じる今日この頃です。

今後、夏空は帰ってくるようで若干の不安要素が残ります。

さて、本日は「悪あがき」ですが…
水曜日の就業後練習を開始しました。

練習に行くまでは疲労感が強く、おまけに霧雨も少し…
通常だと疲労感を優先して休養にあてると思います。

ですが、今回は今までと違う選択を。
「むち」打ってみました。

吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、変えることを選択することに意義があります。

今までは、近くの芝生の公園で行っていましたが、今回から川沿いにある坂を使うことにしました。
距離にして50mくらいでしょうか?

上り坂はさほど不安要素はないのですが、下り坂の場合、雨だと若干滑る不安要素が…
決行しましたけどね。

下り坂での脚の回り方、回し方がいいですね。
もっともっと走り込みが必要です。

当然ですが、上り、下りの両方を走りました。
現況は上りの方を多めにしていますが、今後は諸条件を勘案して選択していきます。

写真はエミレーツのマイル消化でもらった物。
これでカッコ付けられますね。
9,500マイル+US$9.95だった記憶が…


2014年8月25日月曜日

土俵際

終了しました。
埼玉マスターズ選手権。

結果は…
走り幅跳び 4m63cm
三段跳び  記録なし
でした。

過去最低です。

幅に関しては2本目がもう少し良かったんですがファールでした。
それでも5mに届かず。

三段は11mの踏切り板から跳んで入らず。
9m板からの選択肢も当然ありましたが候補には入れず。

11mから入らなければ余程の重症であることがハッキリするので。
記録よりも現状把握でゼロか100を選択しました。

記録は残りませんでしたが、最悪の状態と言う事はわかりました。

幅、三段も他県の方々と一緒になりアドバイスも頂けるようになり、やはり驚いていました。
幅の1m跳べないっておかしいよね…って。

大体の見方はスピードが無いね。って。

冬期からの補強で脚を太くしたのが良くなかったとの自分なりの結論を出しました。
脚が回らないんですね。

自分では走れているつもりでした。

昨年、M45の県記録を作って、体幹を強化すればさらに飛躍できるだろうと…
手段が目的にすり替わった典型的です。

春先の肉離れで始まり、復帰戦で悪いながらに納得の出来た内容だったので、ここで完全に勘違いしました。
方向は間違ってなかったと疑うことをしませんでした。

となると、僕の性格です。
聞く耳は一切持たず、現在に至っています。

ようやくこの時期になり間違いに気付いたわけです。
今季はほぼ棒にふったことになります。

ですが、幸いなことに最大の目標であったアジアマスターズが残っています。
とはいっても残り3週間なので練習は6回です。

今回の修正ポイントは功を奏さない結果でしたが、一つ選択肢は減ったことになるので残っている課題を突き詰めていこうと思っています。

走れていないので走力を戻す。
下り坂を走ろうと思っています。

ちょうどいい下り坂はないのですが、近くにある多少きつめですがそこを使おうと…
ちょっと転びそうな不安感があるのですが、とりあえず挑戦しないことには始まりません。

就業後練習でそこで感覚をつかみ、週末のグランドでフィードバックさせる参段です。

休養か?強めの練習か?悩みました。

最後の最後まで悪あがきしますよ。


2014年8月21日木曜日

不思議

朝晩は秋の気配を徐々に感じてこれるようになってきました。
日の入りがだいぶ早くなりました。

とは言っても、日中の残暑はまだまだ厳しく身体にこたえます。

広島での土砂災害。
お見舞い申し上げます。

さて、今日は不思議ですが…
ヒザ痛に悩み、回復したのですが、また発生しました。

16日(土)17日(日)と練習、記録会とお腹一杯跳びました。
水曜日辺りから若干の痛みが確認できて、木曜日は階段の昇降が多少困難に…

う~ん。
練習後直ぐなら炎症などを疑うのですが、中3日です。
練習の次の日などは、逆にあのヒザ痛は何処へ?といった感じでした。

そうなると…なんなんでしょうか?
前回のヒザ痛で内臓系も検査していて、Drの所見もいただいているので大体の方向性は判ります。

ひょっとすると冷えが関係しているかもしれないと思い始めました。
素人考えの思いつきかも知れませんが、まぁ、自分自身の事なので…

仮説をたてて検証する。
全てに当てはまると思います。

少し仮説へのアプローチを行っていこうと思っています。

2014年8月18日月曜日

ああ!!不調

暑いですね。
湿度が高く非常に不快指数もMaxです。

とは言っても、豪雨など各地で被害もあるようで暑さで文句は言えません。

さて、ここ最近はどっぷりと不調にはまっています。
以前は余り深刻には考えていなかったのですが、余りにも調子が上ってこないので徐々に焦り始めてきました。

17日は君津市民陸上大会があったので当日申込みで参加してきました。
走り幅跳びのみで300円です。
こんな大会が増えると嬉しい限りですがね…
記録なんて当然非公認で十分です。

この大会で6本跳びました。
ファールはなし。
すべて4m台。
Maxは82cm程度。

計測審判でH先生がいたのでアドバイスを頂く。
先生の見立て…
走れていない、以前も知っているが走りに精細を欠いていると。
踏切り手前4歩くらいで急ブレーキがかかっていると。

修正したが絶対スピードが出てないようだ。
跳びだし角度も若干高いと。

技術面より走れていないことの方が大きい感じと。

自分の感覚とすり合わせも必要なのだが、ここ最近は自分の感覚がズレ気味である。

少し走りに重点を置こうと思う。
少し荒治療でも考えている。

要は、踏切り時のスピードが落ちていることが大きな原因。
絶対スピードの問題もあるが、それ以上にブロッキングが良くない状況。

ならばブロッキングがおきない状況を作ればいいと考えた。
そう、短い助走である。

ここではあえて短助走と表記せず、短いという表現にした。
短助走だと10歩以内のイメージだからだ。

短い助走は現在の助走歩数から-何歩にするかは未定であるが今の所は-4歩程度にしようかと考えている。

短めの助走ならブロッキングがおきにくいと考える。

それを確認すべく来週の埼玉マスターズ選手権の前日に確かめようと思っている。
当然、上手くいけばうれしいが物事すべて思い通りに行かないことは十分の経験しているので、その場合の対応策も考えてはいる。

絶対スピード、ブロッキングと跳躍選手の宿命の部分ではある。

こんなに不調ははじめての経験である。(スランプだね)
ここで諦め、加齢のせいにしたらこのままズルズル下降しそうなので立て直します。

そこで立て直してこそ天才の本領発揮ですね(*´▽`*)

がんばるぞ!!

2014年8月12日火曜日

疑惑!?

昨日、改めて病院へ行きDrにヒザの具合を報告に…
結論としては、どれが原因かの判断は出来ないと…

考えられることは3つ。
じん帯系、内臓系、ウイルス系。
全ての方面の可能性を勘案し薬を服用し効果が現れたのでそれでよしと。

結局は原因ははっきりししないが回復傾向なので…

さて、本日は疑惑ですが…
世界マスターズランキングです。

今季は残念ながら今一つの成績なので期待は今後!!ですが、2013年の記録はそこそこです。
以前から気になっていたのですがマスターズの世界ランク。

以前のホームページから変わったようで、見ても発見できない訳でした。
以前は、どのようなルートかは分かりませんが自動的にランキング表にアップされていましたが、2013年以降は自己申告制になったようです。

2013年の世界マスターズランキングを見ると日本人、アジア地区選手はほとんどいません。
申告していないのですね。

と言う訳で、この僕の英語力で申請しました。
書式をダウンロードして記入して添付ファイルとして送るという方法。

ちょっと複雑でしたが、重要な部分さえ押さえてハッキリさせれば問題ないだろうと思い、他はまぁ、こんな感じかな~って…。

まぁ、先方が訳分からずに破棄、無視されたらそれはそれでいいやって。
上手く伝わって反映されればラッキー程度で…

運試し的な…

なんと!!反映されました。
2013年世界マスターズランキング表では
M45クラス 三段跳び
世界ランク 17位。
アジアランキング 1位。
日本ランキング 1位。
でした♪

当然、日本含め申請していない人が沢山いる事は重々承知です。
ですが…それが何か???

偽りではありませんよ。
当然、疑惑はあります。
日本国内のランキング表とは違うでしょう。

まぁ、いいじゃないですか。
世界マスターズランキング表ではそうなんですもの。。。

世界マスターズ内の僕のページ (*´ー`)


2014年8月11日月曜日

超回復?

台風の影響はいかでしたでしょうか?
僕の居住区は幸いなことにほとんど被害はありませんでした。

帰省の時期とも重なり、ご苦労をされた方も多いと思います。

さて、話題は変わり…
痛めていた左ヒザに進捗がみられました。

金曜日あたりはたいぶいい感じでしたが、階段の下り時にはまだ痛みました。
通常に歩いたりする分には問題はなかったのですが、若干、左脚に力が入れにくいというか、入りずらい感がありました。

あぐらも軽くですが出来るようになりましたし…

と言うことで、土日と練習出来ました。
土曜日は本当に様子見程度でしたがスパイクまで履けました。

強度的には50%程度でしょうか。
靴紐を確認しながら。
気持ちよく行えました。

翌日にヒザ痛がぶり返さないように祈りつつ。

日曜日は雨予報でしたが、結果的には問題なく出来て終えられました。
途中で多少強めの雨と常時強めの風でしたが、問題なかったです。

ここで、奇跡的に左ヒザが土曜日より回復傾向にあることに気付きました。
身体的には、筋肉痛があるのですがヒザ痛に関しては回復です。

とは言っても深く曲げるとまだ痛みが来ます。
砂場で着地時にお尻をつける動作が痛みます。

それ以外は平気でしたが慎重に行ったのは言うまでもありません。
全助走練習~4歩助走まで出来て、多少の左ハムへの違和感がありましたが慎重に120m走を追風を使い3本気持ちよく走れました。

最後に補強の意味合いで段跳びを行い終了。

翌日のヒザ痛は心配でしたが、ここまで出来て非常に嬉しかったです。

一時期は歩くのも困難でしたが急激に回復してきて一安心です。

練習用で購入したNIKEの三段跳び用のスパイクですが、徐々に足に馴染んできました。
若干硬いのですが、フィット感がいいんです。
特にベルトが2本あるので相乗効果でフィット感が増します。

なので、今後はNIKEで行く予定です。

2014年8月7日木曜日

一進一退?

異常高温ともいえる関東地方。
大雨の被害も西日本、北日本で起きています。

なんだか今後が非常に心配です。

ここ最近体調不良で練習できず、日焼けがすっかりさめてきて、周りから珍しがられている今日この頃です。

未だに左ヒザが治りません。
先週の金曜日に念のため採血をして、内蔵系も調べました。

結果を聞きに行きますと、「白血球数が多い」「炎症反応が高め」との結果。
抗生物質を処方されました。

Dr、曰く、整形外科的と内科的の両面の可能性があるので、両面での治療で行こうと。
血液検査の結果はどちらも可能性のある数値だが、極端に悪い数値ではないので判断がつきにくいと…。

左脚の前モモに力が入りにくいです。
未だに、階段の昇降時に痛みます。
特に降りる際。

今週末の練習も黄色信号的ですね。

まぁ、恐らく、そのうちに時間と共に回復して行くでしょう。
まぁ、そんな時もあるでしょう。

じたばたしてもしかたないので、流れにまかせてみます。

なかなか今季は上手く進んでくれません。

今季はそれ以外でも波乱万丈的な出来事が多く、「真実は小説より奇なり」を実感している今日この頃です。

でも、最近は思うんです…
選ばれたからこそ試練を与えて貰えるんだろうなと…


2014年8月4日月曜日

千葉マスターズ棄権

8月に入りましたが、相変わらず左ヒザはよくありません。
金曜日に整形外科へ行き診察してもらい、少し水が溜まっているが抜くほどではないとのことで、消炎鎮痛剤の内服薬と貼り薬で様子見…。

土曜日は鍼治療へ。

両者若干の見立てに意見の相違がありましたが、さほど問題ではないでしょう。

ダブルの治療で徐々にではありますが緩和傾向に。
とは言っても、階段を下るにはまだ痛みが強く普通には降りられません。

久々に何もしないで家にいました。
何もしないと何もする気力が生まれないんですね。

読書でもしようかと思ったんですが、かみなりさまのように家でゴロゴロしてました。

今季は千葉マスターズの試合は出られませんでしたね。
次回は24日の埼玉マスターズです。

現況ではヒザ痛なのでモチベーションが上ってきていません。
最悪、9月のアジアマスターズまで休んで、一発勝負の溜まりバネで勝負!!という選択肢も浮かんできました。

その後の全スポはその延長の流れで…

そうだ、8月なのでぼつぼつ、今年の暮れ~年始までのチケットが決まる時期だ。

今年の年末年始も海外予定です。

2014年7月31日木曜日

ヒザ痛

蒸し暑さが復活してきました。
致し方ない部分はあるでしょうが、何とかならいでしょうか?

さて、本日は…ヒザが痛いです。
昨日の日中あたりは、若干の緩和方向へ進んだ気がするのですが、昨晩あたりから徐々に痛みが増してきています。

昨日の日中は、ローションと飲み薬の影響で緩和されていたのでしょう。

階段の昇降も辛いです。
こうなると予定に変更が必要な雰囲気です。

今週末の千葉マスターズ選手権は厳しそうです。
8/24の埼玉マスターズ選手権もどうなることでしょうか?

現況だと厳しそうです。

前記しましたが、思い当たる節としては、裸足でのお百度参り、サンダルでの滝への道中、正座ですね。

まぁ、これが原因かどうかは分かりませんが、原因だとしてもいい経験が出来た結果なので、きっと何かの指示なんでしょう。

きっと、今季は諦めろ!!と言ったところではないかと思うようになりました。

今季を鑑みると…
なるほど、良くないな!!と。

きっと、同じ内容で他人から相談されれば答える言葉は…

人間だもの、毎年好調なんてありえないでしょう!?
と答えるでしょう。

確かにその通りだと思います。
好不調があるから人間なんです。

今年は前大会でメダルを取れた、アジアマスターズ選手権もありますが仕方ないです。
諦めました。
諦めるというのは、明らかにするとかの意味で僕は使います。

なので、現況出来うることを最大限行い大会に挑みます。
当然、出場を前提に考えます。

よくよく考えれば、片腕というアンバランスでよくここまで出来たと思いますよ。
どこかできっと歪みが出ていたんでしょうね。

それが何処かということは誰にも分からない部分であるでしょうし、今回は偶然にこのタイミングでこの場所の出たということと思います。

人により意見はあるでしょうが、まぁ、僕自身の出来事ですので…

現況だから出来ることも考え始めました。
実行に移すかどうかは別問題で…

出来事に対して悲観的になることは仕方ないとは思いますが、よくよく自問自答していくとそれなりにちゃんと意味があるような気がしてなりません。

今季はどうなるかはわかりませんが、痛みがなく大会に挑めれば嬉しいですね。
今季もあと4試合。
Big大会が続きますが、精一杯最善を尽くします。

2014年7月30日水曜日

乱高下

猛暑もひと段落で、朝はだいぶ涼しく感じられる今日この頃です。
このくらいだと本当に楽ですね。

個人的には左ひざがオスグッド痛のような痛みに面食らっています。
思い当たることとしては、お百度参りを裸足で行ったこと、正座をしたこと…
程度しか思い浮かびません。

それも昨日の午後辺りから急激にです。
昨晩、今朝とロキソニンを飲んでみましたがどんなものでしょう…

さて、話題は…
趣味の範囲で株投資を少し行っています。
当然NISAです。

倍以上に上った銘柄があり、上手く売りぬけました。
最高値ではありませんでしたが、個人的には損しなければいいと思っていますので、問題ありませんし、ましてや倍になった訳ですから…

嬉しかったですね。

その後の出来事で、海外オークションでの落札した靴が届きました。
開けてビックリ!!
ほとんどゴミのレベルでした。
写真で確認はしたのですが、「あばたもえくぼ」でしたね。完全に。
まぁ、自己責任の範疇でしょう。

ショックは大きかったですが、株での利益で帳消しになったので良しとしようと言い聞かせました。

今回はまだその次があるんです。
何と!!
抽選に当選して、タブレットが届きました。
Nexus 7です。

本当に当たるんですね。

いつ応募したかも覚えていません。
ちなみに楽天銀行です。
当選したので、感謝の気持ちで銀行名を出しました~♪

何だか本当に乱高下と言う言葉がピッタリだな~と思う日でしたね。

なんだか自分自身の人生を映し出しているような気がしました。

写真はその当選品です。


2014年7月28日月曜日

滝行

厳しい暑さに見舞われた週末でした。
土曜日は装具の修理で、南千住へ。
日曜日は呟きからその気になった滝行へ、東京の檜原村へ。

土曜日はバス~電車。
日曜日は車。

土曜日は暑かったが、移動は快適に読書で過せました。
日曜日はドア~ドアなので、常に涼しいのですが、高速道路につきものの渋滞に。

まぁ、仕方ありませんね。


と言う訳で、滝行について…
まず、到着してこんな感じのところに通され、手続きをしてこんな感じのものを渡されます。



その後、午前中は挨拶の修行を約1時間。
板の間で正座です。
僕は、途中で足を崩しました。これが一番辛かった(正座が苦手です)

それがようやく終了してお昼ご飯です。
お寺さんで用意してくれます。
皆さんで食べて、片付けは各人で行います。


昼食終了後、いよいよ滝行へ。
なんと、車で移動するようです。
この格好で移動するとなんか異様ですね~



到着して、こんな感じのところを登っていきます。
何か山小屋みたいなところへ荷物を置きます。




何と!!ここは、滝ではなくお百度参りの場所でした。
下はコンクリートで裸足、熱いです。
走るのは平気ですが、裸足でコンクリートの上を走ることはありません。

案の定、大汗をかき、足裏に水ぶくれが数箇所出来ました。

なんとか疲労困憊で終えて、再度車で移動です。
やはり、山の中ですね。




徐々に山登りの雰囲気のほうが強くなりつつあります。



なんだかんだでようやく到着。
順番に入ります。
結構、落差はあります。
周辺はさすがにひんやりして気持ちいいです。
いよいよ、順番が回ってきました。
何処に入るか確認中。
まずは、立って入ります。
打たれている時は何を考えるのかな~と思っていました。
いざ入ると、結構な水圧と言うか、滝の強さに面食らいましたが、徐々に冷静になり、ただ打たれているだけ、身体に当たる水圧と、水の音のみが分かる。(これが良いのか悪いのかはわかりません)
その後、座って打たれます。
こちらも、ただ打たれているだけの心境。
もはや、滝と同期している雰囲気さえ漂います。



どちらも息が苦しいときがありました。
両方で60秒程度。

個人的にはもう少し入っていられたとは思いますが、時間の関係上…。


先週の試合で呟いたことから思いついた滝行。
これで何かを落とせたとか、掴んだという事はないでしょうが、いい経験であることは間違いありません。

意外と筋肉痛が強く疲労感もありました。

と、今回は写真入で長文になりました。

2014年7月23日水曜日

関東マスターズ終了

とうとう梅雨が明けましたね。
いよいよ夏本番です。

さて、関東M選手権が終わりました。
結果は過去最低記録です。

特に走り幅跳びはようやく5mに届いたレベルです。
びっくりしました。

こんなことが起こりうるんだな~と。

三段跳びに関しても、10m77cmだと思います。
踏切板が10mと言う不運でしたが、こちらもびっくりです。

ここ最近にない記録です。
両方の種目でびっくりです。

こんなにも一気に記録って落ちるんだ…
と、違った意味で感慨深くなりました。

とは言っても、このままずるずると落ち続ける訳にはいきません。
少し考えました。

練習方法がおかしい?練習不足?技術不足?
ん!?疲労?

今までは、技術面とスピード練習の不足と仮説をたててつぶしにかかりました。
それはそれで、仕方ないと思います。

ですが、流れを見ると…
毎試合毎に記録が落ちて来ている事に気がつきました。
まぁ、もっと早く気付けよ…と言う意見もあるでしょうが…

と、なるとここは休養が必要ではないか?との仮説を…
その仮説に従うようにします。

何も予定を組まないといい訳をして練習してしまいそうな感じなので、練習出来ないような予定を組む予定でいます。

その予定は何なのか?と言う声も聞こえてきそうですが、乞うご期待と言うことで…

さて、話題は少し変わります。
先日、取材を受けたのですが、記事にしていただけました。

取材慣れしていないせいもあるのですが、想いばかりが前面に出てしまい、上手く思いが伝えられない部分が多々あり、あ~~~ぁ、これも、あれも重要だよな~と反省しきりです。

滅多にない経験でしたので非常にいい経験が出来たと思いますが、課題も残りました。
今後はあるかはわかりませんが、次に繋げることが出来れば嬉しいですね。

下記にそのリンクを貼ります。
お時間のあるときにでもご覧下さい。
 ↓  ↓  ↓
先日の取材記事


2014年7月17日木曜日

贋作

九州方面では梅雨明けした所もあるようですね。
個人的には、こないだの台風が去って、梅雨明けしたと思っています。

とは言っても、雨予報が出ていますが…
本格的な夏はそこまで来ていますね。

さて、本日は贋作ですが…
やられました。

海外オークションで。
NIKEのシューズです。

出展者はイスラエル。
中国ではないので安心していたのですが、全くの偽物でした。
商品価格が安いので若干の不安要素はあったのですが、送料が高めに設定してあったため、総額でUSD54.00であったので、多少は安いくらいかな~と。

配送も早く、1週間位で届きました。

ですが、箱を開けてビックリ。
一目で偽物とわかる物でした。

早速、出展者にメールでクレームを…
返事は意外にもすぐに来ましたが、返金する気はないと…
なら、しかるべき手段に出ることを伝えると、同じような内容の返事。

では、こちらも頑張ってみようかと…

ここで決済方法のpaypalに意義を申し出ました。
多少、手続きに戸惑いましたが、何とか意義の申し立てが完了。

偽物のために全額返金依頼を。
paypalから出展者へこちらの異議内容を伝えてくれます。


恐らく、ダメだろうと思っていたところ、意外にもあっさりとこちらの要求を全て受け入れたようです。
全額返金に応じてくれて、paypal内の情報も返金済みになりました。

カード会社の詳細は、一度支払いしてありますが、今後入金されるはずです。
入金されて初めて、取り返したと言えるのでしょうが、恐らく時間ラグはあるものの問題ないでしょう。

一度は諦めた返金。
相手へのメールなども厳しいかと思いましたが、何とか上手く行ってよかったです。

本当にいい経験になりました。

結果は全て報われる訳ではないけれど、行動を起こさなければその権利さえ放棄することになる訳ですから…

今回は偶然にいい方向へ進んでくれましたが、今後は残念ながら騙されることもあるでしょう。

その辺を勘案しても、好きですね。
面白いもん…

2014年7月14日月曜日

履き心地

週末に取材を受けました。
詳細は語ることが出来ませんし、記事になるかも分かりません。

想いはあるが、伝えなければならない事を限られた時間内で、正確、確実、過不足なく伝えることの難しさを痛感し、改めて能力不足を痛感しています。

さて、履き心地ですが…
そう、NIKEの三段跳び用のスパイクです。

Adidasとは全く違います。
外国製なのでサイズ的に大きいのを注文しました。

でも、大きかったです。
27.5cmを注文したのですが、結果的には27.0cmもしくは26.5cmでもいいような感じ…

この辺が現物で合わせられない弱みですね。
まぁ、仕方ないです。

履いた感じは、2本のベルトで締めるタイプ。
このベルトでフィット感は格段に高くなります。
あと、履いた感じが深いです。特にかかと周辺がそんな感じです。

で、全体的に硬い。
プレートもソールもカチカチです。

ピンの配列も初めてです。
走っていて、足の外側、小指の下辺りにピンがあるのですが、その辺が引っかかる感じで、主に外側がよく引っかかる感じですね。

その辺の影響でしょうか?練習後に非常に脚に負担が掛かるようになってきた気がします。
実際はどうなんでしょうか?
走れて来たので、脚への負担が大きくなった可能性も否定できません。

Adidas、NIKEと新たな選択肢が増えて、色々と悩みますが、当面の試合ではMIZUNOです。

やはり、様々なタイプを使用して改めて特注品の素晴らしさを実感できます。
とは言うものの、天邪鬼な僕の事ですので、いつ気が変わるかは何とも言えません。

写真はNIKEの三段跳び用スパイク。
プレートの外側の方が引っかかっている感じが見てとれます。





2014年7月11日金曜日

健忘録(US編)

台風の影響はほとんどなく一安心ですが、被害にあった方々にはお見舞い申し上げます。
近所には通通学路もあり、学生たちの姿は見られず、通勤路の交通量も少なかったです。

何らかの対策を立てのでしょうね。

さて…表題の件です。
結論から言うとこうです…

6月25日落札。
7月10日商品到着で15日間です。

オークションです。
今回はNIKEの三段跳び用のスパイクです。

国内販売では色違いは見かけますが、今回、僕が購入したものは見かけたことがありません。
金額は送料、関税等、全部込みで5,000円安く納まりました。

初めての海外オークションでしたが、ちゃんと情報通りの商品で、満足できました。

今回のメリットとして…
履いている人がいない、僅かであるが安く収まる。
自己満足度は高い。

デメリットとして…
サイズ交換は不可能、商品が情報通りか?、ちゃんと送ってくるのか?
商品到着までの時間、など心配な面もあります。

その辺をよく勘案して使えば良いと思います。
ただ、決済方法として、paypalを使うのですが、結構強い見方になるようです。

お世話にならないことに越したことはないのは当然ですが、いざと言うときはそうらしいです。
だからと言っても完全にリカバリー出来るかは別問題でしょうが…

海外通販だとクレジット情報が抜かれる心配もあるでしょうが、paypalならリスクは少ないと個人的には考えています。

スパイクだけの金額をみると、海外商品を扱ってるショップでは購入出来ませんね。
金額の差異に驚きです。

ショップに関しては責任が発生する関係上、諸事情で高く設定せざる得ない状況なのでしょう。
その辺が商売なのでしょうが…

ぼくのように人と同じものが嫌だという人など変わり者の方には最適かと…。

ただし、前記していますが、メリット、デメリットが当然あるわけで、今回の僕の場合は幸いながら、全て良い方向に出ただけかもしれませんし、これが本来の姿かも知れません。

その辺をよくよく吟味、勘案し選択肢の一つとして加えるのはやぶさかではないと思った今回の買い物でした。

写真は、今回購入したNIKEの三段跳び用スパイク。
個人的には、国内では見たことありません。


2014年7月7日月曜日

関東大会終了

大型台風が接近中のようです。
こればかりは見守るくらいしか出来なく、ただただ幸運を祈るのみです。

さて、関東大会@町田が終了しました。
結果は…

走り幅跳び 5m24cm
三段跳び 11m61cm
と全く振るいませんでした。

雨がシトシトと降っていて、気温も20℃位。
この時期にしては、肌寒かったです。

結果を見るとダメですが、きっかけを掴みました。
去年のいい時期の踏切りの感覚。

ずれていた感じです。
ずれていた感覚を言語化するのは非常に難しい。

自分の感覚のドンピシャの踏切りは踏切板の手前でした。
ここの修正が難しく、勇気がいるんです。

ファール覚悟で攻めました。
通常なら、手前踏切りだと助走距離を短くするのですが、ここはそのままで感覚を変えないとまずいと直感的に思えたので試しました。

いい感じで踏切りが出来ました。
その後、ファールも出始めて、助走距離も伸ばせました。

距離を伸ばせたのが良いのか?悪いのか?は別問題ですが、直感的に今回は良いと判断できました。

三段跳びに関しても、踏切りの感覚がそのまま生きてきました。
助走距離も走り幅跳びと同じで、久々に走れてる感じが蘇ってきました。

いい感じです。

障害者の大会は6本跳べるのですが、パスはなし。
最後は体力不足が露呈しましたが、この辺は致し方ない部分です。

両種目とも記録には結び付かず結果だけをみると残念感は強いですが、復調の手応えを掴めた方の喜びが大きく、満足感は強いです。

土曜日のみので競技が終了。
翌日の日曜日はoffにしようとしたのですが…
新しいスパイクが届いているので…

試し履き程度でホームグランドへ行きました。
予定は試し履きで、試合後なので、極々軽めで行う予定でしたが、最終的にはほぼ練習になってしまいました。

今回は、adidasの三段跳び用のスパイク。
履いた感じは若干大きめかな?って感じ。
だけど、ワンザイズ小さいの買う勇気は今の所はない。

ここの感覚はnikeがまだ到着していないので、その辺の心境もあるだろう。

話を戻して…
履いた感じは、スパイク自体にバンドがないので、若干、フィット感に欠ける。
紐できつく縛った後はそれなりにいい感じではあるが、多少スパイク内で足の遊びがある。
練習には最適かも知れない…

あと、プレートの部分が独特。
小さな突起があり、プレートが柔らかく感じた。
実際には浮いていてるのかも知れない。
突起は硬いプラスチックだろうが、それが影響しているのだろう。

好みは分かれるかもしれないし、練習と試合でスパイクを変える場合は果たしてどうだろうか?

見た目以上に軽く、ソールも厚く、強度的にも問題ない感じ。
金額的にも最高のコスパである事は間違いない。

試合用もadidasを選択すれば問題ないのであろうが、今はmizunoが気に入っている。

今後届くであろう、nikeは果たしてどうだろうか?

色々と楽しみが出てきてラッキーである。

僻みかも知れないが、メーカーから支給されている人々にはこの辺の楽しみは分からないだろうな…。

色々な場面で、良い事は無数に転がっているもんです…ヽ (´ー`)┌

写真は今回のスパイクのソールの厚さとプレート部分




2014年7月4日金曜日

健忘録Ⅲ

九州地方は50年に一度とかの豪雨に見舞われているようです。
ニュースで見る限りは、人的被害は見られませんでしたが、大変でしょうね。

この雨は徐々に関東地方に移るようです。
5,6日の町田での試合はどうなるでしょう?
(僕は5日のみの出場です)

さて、最終結論に至りました。
UKでのネットショッピング。

結論から言うと、ちゃんと27.0cmが届き、おまけに、「グミ」が入ってました。
今回は返品してUKから交換品の再発送でしたが、非常に満足のいく結果でした。

今後も使う可能性は大です。

自宅から返送した際の、宅配業者での料金もちゃんと使用したクレカに返金されていました。
一番初めの注文サイズを変更したにも係らず、ちゃんと話が通じ依頼通りに届き、尚且つ、配送時間も国内と変わらない速さ。

今回もUKから4日で届きました。
質問への回答も、国内レベルと同等。
もしくはそれ以上かもしれません。

確かに、リスクは当然否定は出来ません。
ですが、ネットショッピングは国内だろうと、国外だろうと騙されるときは騙されるし、間違いも当然どこでもあるわけです。

その辺の、メリット、デメリットはご自身の判断で良いと思います。

国内で流通していないものが欲しいとか、少しひねくれている人には良いかも知れませんね。

僕は、人と同じ物を使うのが好きではないので、そのような選択になる訳です。

初の海外ネットショッピングでしたが、非常に満足度は高かったです。

写真は、今回購入したスパイクとおまけのグミ



2014年6月30日月曜日

健忘録Ⅱ

凄いゲリラ豪雨が関東地方を襲ったようです。
僕の居住地周辺は幸いなことに影響はありませんでした。

ニュースで見たのですが、用水路の様子を見に行って流されてしまった…というのを見ました。
それ以外でも、よく見るのが、川、船の様子を見に行って…とかを見ます。

気持ちは分からないでもないですが、仮に重大なことになっていて、その時点ではどうすることも出来ないわけであります。

十分気をつけて行動してください。
残された人の気持ちはきっと「何で止めなかった」とか自責の念に駆られると思われます。

さて、話題はここ最近はまっている海外通販のその後です。
UKの方で進捗がありました。

結論から言うと…先方が認めてくれました。
UK10=27.5cm表記で、届いた商品はUK10=28.5cmでした。

先方は27.5cmのスパイクに交換するとのメール内容。
HPから手続きが必要で、そこの中からプリントアウトする必要もある。

返品にあたり、郵送代金は立替で、領収書の画像をメールに添付。
その他も、HP内から多少の記入なども必要だが、手間自体は差ほど気にならない程度。

宅急便、プリントアウトが若干、面倒であるが…。

恐らく、27.5cmに交換、もしくは全額返金ならこれで終わりだろう。
でも、ここで少しひねってみた。

普段のスパイクは26.5~27.0cmであるが、外国製品なのでワンサイズ大き目を選択したが、届いた28.5cmを履いてみると意外と国内メーカー同等な感じか、もしくは幅広のような印象。

なので、交換するスパイクは27.0cmを送ってくれとお願い。
それが無理なら全額返金をお願いしてスパイクを返送。

返送といってもここ最近、日本国内に拠点を構えたらしく、そこへの返送なのでコンビニ等へ出向く手間はあるののの、海外発送などの手間は無い。

先方からの返事を待って商品を返送したほうがいいか悩んだが、よくよく考えると、返事を待とうが待たないが、返送すること自体は変わらないので…。

後は、先方の判断だが、どこへ転んでも、最悪は27.5cmの交換。
それ以外なら、27.0cmが届く、もしくは全額返金。

と、マイナス方面は無いので、まぁ良いでしょう。

とにかく今回だけかもしれないが、UKから4日で届く、カスターマーサービスが若干のタイムラグはあるものの返事は来る。と言うのが分かっただけでも収穫。

そして、adidasのシューズの感じが分かったのも収穫。

さて、その後の返事はどうなるでしょうか…


2014年6月27日金曜日

健忘録

早いものでもう前半が終わろうとしています。
天候も不順で様々な被害、災害があるようで大変さを実感しています。

さて、本日は健忘録です。

ただ今、海外通販にはまっています。
UKとUSです。

UKで購入したものはスパイクです。
とても安く、掘り出し物です。

当然新品とのことで、+送料で9千円弱。
ちなみに、商品が8千円だったかな?以上だと送料無料になるんですが、残念ながら希望のスパイクはそれ以下でしたので…

当然、追加で購入するという選択肢もあったわけですが、今回初めての挑戦と言うことで…

通販の弱みは、なんといってもサイズです。
特に、クツ系は、メーカーでも差異が大きい商品の一つで非常に悩みます。

現在はMIZUNOは27.0cm。ASICSは26.5cmです。
NIKE、Adidasは予測がつきません。

恐らくクツが細長く造ってあるようなので、27.5cmを想定しています。

そんなこんなで非常に悩みました。

と言う事は、そうです。
今回はNIKE、Adidasを購入しました。

UKでAdidas、USでNIKEを。

UKは4日で届きました。
驚異的ですよね。
国内と変わらないです。

ですが、一つ問題が…
購入先のページではクツの表記は各国別で表記してあり、cmで調べると、27.5cmはUKでは10でした。

何の疑問も持たずに「ポッチ」と…
何処で何かは忘れましたが、見かけたんですよ。。。UK10=は28.5cmと。。。

ちょっと焦りました。
早速問合せすると、購入先は、メーカーの提出物をそのまま転用しているので、もし違うようなら、その写真を添付してくれれば、適切な対応をするとの回答。

4日でUKから届いた箱を開けてドキドキ!!
あの瞬間って楽しいですよね。

おお!!ちゃんと新品だ!!
箱がつぶれているけど、そんなとことは一切気にしないタイプです。

これはラッキーだ!!

まて…サイズは…
小さくて見えないぞ!!

よくよく目を凝らし、虫眼鏡も動因して確認しました。
OMG!!!!

何と!28.5cmじゃないですかーーー。
早速、写真を撮ってメールに添付し送りました。

自動返信メールは来ましたが、その後は未だに連絡はなし。

果たして、適切な対応とはどのような対応でしょうか???

ドキドキ。。。





2014年6月24日火曜日

なかなか梅雨が明けません。
と言うようリ、予報だとこれからが本番との事を耳にして軽くショックを受けている今日この頃です。

サッカーW杯も予選が終えようとしています。
当然、どこの参加国も負けてもいいや!と思う国など無いわけであります。

選手が一番頑張っているのです。
少しだけ、頑張っている面が評価されている気がするのは僕だけでしょうか?


さて、本日の表題ですが…
僕の癖です。
特に顕著なのが、思いいれの面です。

メーカーに思い入れてしまうのです。
「車」「スポーツメーカー」「金融機関」「クレジットカード」等が代表です。

それに付随して応援も兼ねて株も購入してしまいます。
勝手に意気に感じているんですね。

相手側は全くの数億人の一人なんですが…

まぁ、別の言い方をすれば熱しやすく冷めやすいとも言えるでしょう。
とは言っても、スポーツメーカーに関しては特にこだわりがあります。

みんなが使っているものには興味がなく、出来れば特別注文がしたいです。

今現在は「mizuno」を愛用しています。
「三段跳」「走幅跳」用のスパイクを足型を採寸し特別注文です。
当然、色も市販とは違います。

単なる、自己満足です。
ですが、非常に高額なんです。
一足造るのに、市販の約3倍です。

そうなると、壊れたから新たに造る…と言う訳には簡単にはいきません。

考えます。
余り他の人が履いていない物を…

そうすると何となく方向性が見えてきます。
でも、難点としてあるのが、試し履きがほぼ不可能なことです。

他の人が履いていないと言う事は、売っていなんです。

多方面から情報を収集します。
でも、実際に履くのとは別ものです。

一種の賭けです。

と言う訳で、今回は三段跳用の練習スパイクがダメになってきたので…
海外通販サイトで購入。

ワンサイズ大き目を選択。
イギリスからの国際配送。

国内ではほぼ売ってない。もしくは、高額。

まあ、誰に迷惑をかけるわけでもなく…
これで、上手く足に合えば選択肢がぐ~~~んと増えるね。

極端な話、国内で買うより半額程度じゃないかな?
あくまでも上手く行けばだけど、同じ予算で色違い2足買って、左右違う色って事も出来る可能性もある。

持って生まれた性格なのか、単なる天邪鬼なのかは何とも言えませんが、こんな癖を持っています。

まぁ、考えること自体は大事だと、個人的には思っていて、経験すること(出来ること)には無意味は無いと強く思っています。

無事に発送したようで今週末か、来週の初めには到着予定とのメールが届きました♪

とても楽しみです (¬ー¬)


2014年6月19日木曜日

悲しい

天候不順が続いております。
寒気が入り込んでいるとかどうとかで…

まぁ、詳しいことは専門家に任せることとして…

朝の情報番組内で天気予報を見る機会があるのですが、ここ最近、多チャンネルを見る機会に恵まれました。
恵まれたと言っても、自分がチャンネルを変えるのですが…

思う事は…お天気お姉さんのレベルの低さ。
原稿丸暗記で伝わって来ないのですよ。

天気予報士さんも、同じ原稿丸暗記なのかもしれませんが、しっかりと伝わりますね。
この辺の差が非常に嫌です。

可愛い、綺麗だけでは通用しないように思うのですが…
ここ最近は女性の天気予報士さんは綺麗な方ばかりですが…

ちょっと前置きが長くなりました。

ここ最近、悲しいと言うか、心が痛む出来事が多い気がします。

最近、ガソリン価格が高いな~と漠然と思っていて、ニュースを見ていると…
何だかきな臭いと言うか、戦争状態のようですね。

軽々には言えないのでしょうが、非常に心が痛みます。

今朝も、議員さんの野次問題が…
本当に人間失格ですよ。

心が痛む以前の問題ですね。
本人はきっと軽い気持ちで言ったとは想像はつきますが…

と言う事は、その程度の人間なんですね。
その程度の人間に税金から給料を払っているんですよ。

それ以外のも、残忍な殺人事件や未遂事件も…

何だか本当に心が痛みます。

不条理、理不尽

それでも生きて行くことに意義がある…

誰の言葉でしたっけね…。

世の中から全て悪い事はなくなりません。
でも、一つでも少なく成る事を願っています。

ちょっと最近非常に心が揺さぶられています。

2014年6月16日月曜日

兆し

暑い日が続いております。
一時期の長雨から比べれば大歓迎です。

とは言っても、高温が苦手と言う方いらっしゃるでしょうし、電力、水不足も心配しないといけないかもしれませんが…。


前大会は絶不調で終えた。
その反省を踏まえて練習しました。

色々と考えて組み立てました。
先ずは仮説をたてて、そこからその仮説を導き出した経緯を考える。

恐らく、このLINEでいいだろうと…
運よく、一緒になった指導者の方に相談。

同じ方向の回答を貰う。
徐々に道が明るくなり始める。

翌日の練習で好転を実感できる。

明るくなり始めた道を確信が少しずつ出始める。
恐らく良い方向であると思う。

この不調を自分で考え、乗り切ることが出来ればとても大きな財産になるだろう。
大きな引出しが一つ増えた事になる。

思っていた以上に身体へのダメージがある。
単なるダメージではなく、意外性の強いダメージ。

今後も徐々に改善され行くだろう。

気温と共に上ってきました。
いい感じでアジアマスターズを迎えられる事であろう。(^―^)

2014年6月13日金曜日

11年

久々の晴天に恵まれました。
雲一つない天気です。

風も多少、強めで気持ちがいいです。

この天気が続いていれば、暑い、乾燥、雨不足とか愚痴の一つも出そうですが…

陰があるから陽がある…
登り坂があるから下り坂がある…

と言った所でしょうか…。

さて、表題の11年ですが…
察しのいい方ならお分かりかも知れませんが…

そう、左腕を切断し、再接着に成功したのが2003年6月12日でした。
あっという間の11年が終え、新たな年を迎えることが出来ます。

本当に様々な事がありました。
特に今年は、離婚を経験しました。

37歳で障害者になったわけですが、人生、半分半分の感じですね。
前半は健常者。後半は障害者。
まぁ、この順序は入れ替わる事は不可能に近いと思いますが…

とてもいい11年だったと思いますよ。
強がりではなく…。

前記してますが、離婚して何だ!!と言う人もいるかも知れませんが、何が良くて、悪いと言うのは人それぞれであって自分自身が決めていい事だと思っています。

ここ最近、不条理、理不尽の多さを痛感しています。
思うに、障害者になり価値観が変わってきたせいでもあるように感じます。

健常者と障害者を日替わりや、年で変わると言う事は不可能なので、障害者になり価値観の変化と言うのが正解かは一概には言えませんが…

不条理、理不尽さを痛感出来るように成った事は非常に大きい気がします。
確かに、不条理、理不尽さを感じると、とてつもない焦燥感と言うか、無力さと言うか、とても辛い気持ちになる事は事実です。

ですが、この辺が重要な気がしています。
前記していますが、「陰」を知ることで「陽」が生きてくる。

長雨後の晴天。
引き立ちますよね。

そんな感じです。

あと、目標を持つ大切さ。
目標は、パラリンピックの出場です。
残念ながら目標は達成出来ませんでした。

結果だけを見れば残念ですが、そこを目指すことが出来た、努力した事が非常に尊い経験です。
普通に会社員をやっていれば見えない世界です。

でも、その時間を無駄だと思う人も当然いるでしょう。
人それぞれです。

僕の場合は、目標を達成することは出来ませんでしたが、そこまで行く過程で枝葉に分かれました。
目標に向かっていく過程でその他の道も開けてきました。
マスターズ陸上です。
健常者の中に入るのは非常に勇気が要りましたが、入ってみると何ら変わることのない世界でした。

試合等で海外遠征も経験し、トラブル、不具合も体験できました。
このイレギュラー的な経験で、すっかり海外の魅力に取り付かれました。

本当に一つの事から枝葉に分かれて素晴らしい世界が見られるようになったのです。

僕の場合は陸上競技でしたが、何でもいいと思います。
一つの事に夢中になり突き進み極めようと努力する。

結果はほとんど場合、報われません。
ですが、そこまでのプロセス、枝葉等、見えない世界が広がっている事は事実です。

それぞれの立ち居地、置かれた立場に違いはあるでしょう。
ですが、各々の場所で目標を持ち輝けるように努力していけば充実した人生がおくれると思いますよ。
好きな言葉のQOLの充実を実践して行きますよ…

写真は枝葉で分かれた事の一つでユニホームを特別注文した物です。
(まだ、作成中でここの読者限定公開です)



2014年6月10日火曜日

絶不調

大阪、ヤンマースタジアムでの障害者日本選手権終了しました。
初日、僕らの走り幅跳び時だけ、雨に見舞われ、普段の行いの様子が反映された日でした。

結果
走り幅跳び 5m25cm
100m   13″11

と全く振るいませんでした。
ちょっと残念というかショックが大きかったです。

結果は結果で仕方ないのいですが、自分の感覚との乖離が大きすぎます。
両種目とも感じは悪くなかっただけに、落差が大きいです。

アジアマスターズまで、数試合残っています。
修正、立て直して行きます。

走り幅跳びは前半3本の感覚はよく、後半、徐々踏切り時に潰れる感じがあった。
踏切り時の潰れる感覚は今までで初めての感覚。

6本の試技だからか?スピードが出ているからか?筋力不足か?
と思案要素はある。

スピードに関してなら、100mのタイムで結果は出るが、結果は…
スピードの要素は消えた。

体力、筋力の2つか…
よくよく考えると、技術練習の不足の面も否めないと解りはじめた。

移行期に肉離れで1ヶ月の練習中断。
質を上げる練習不足も否めない。

100mについても
静岡国際でのあの状態での13秒5前後のタイムが走り終えた感覚より予想に反して良かったので感覚が狂ったかも?

やはり同じことが言えるのだが、質を上げた練習不足の面は否めない。
100mに関してはあくまでも目安にしか過ぎないが、一つのバロメーターになる。

今冬期は、体幹を重点的に鍛えたつもりで、ピークを秋へ持っていく予定なので、例年より2ヵ月程度遅らしてはいる。

と色々と思考は広がるばかりだ。

日本選手権終了直後は、ショックはかなり大きく、誰かの力を借りようともしたけど、徐々に、自分で立て直す楽しさを見出せるようになってきた。

この楽しく苦しい時期を人の意見に従うなんて面白くないよ。
人に意見を問うても、きっと僕の性格上、素直に聞くとも思えないし…。

そんなこんなで行きますよ。
アジアマスターズに向けて。

前回三段跳び2位。走り幅跳び3位にどれだけ近付けるか…。
そこまではきっと落ち込む事とも多々あるんだろうな…。

目標があるからこそ悩める喜び。

進化しますよ、おっさんは ヽ (´ー`)┌

写真はあべのハルカスの展望台からの眺め(長居競技場を上から見る機会は滅多にありませんね)



2014年6月5日木曜日

大阪

いよいよ入梅のようです。
雨は仕方なく、無くてはならないものとは十分、理解しているつもりです。

でも、好きではないです。
正確に言うと、雨自体は差ほど嫌いではないのですが、それに伴う移動で苦労が大きいので…

そこで嫌いになっています。

そう、片手での雨の遠征は厳しいんです。
キャリーケースを引っ張ると、傘がさせません。

ほぼ、雨の日の遠征は濡れて行きます。
よほど、酷く、距離があればタクシーを当然使いますが…

まぁ、仕方ありませんがね、いい方法が未だにありません。

どなたたか、発明家の方…よろしくお願いします。

さて、今週末は障害者日本選手権が長居、ヤンマースタジアムで開催です。
昨年は長居の第二でしたので、久々の感じが強いです。

滅多に競技出来る場所ではありません。
幸運です。

この大会に関しては、過去に触れていますのであえてここでは触れません。

千葉県マスターズM45クラス三段跳の県記録保持者が、パラリンピアンに挑むという事実です。
とは言っても、今回は専門外の100m、走幅跳ですが…

あっ…
そうだね、ハルカスでも行ってみようかね・・・ヽ( ´ー)ノ

2014年6月2日月曜日

6月

暑い日続きますね。
正確な気温はわかりませんが、君津、富津地方もだいぶ暑かったです。

幸運にもホームグランドが使えたので思った通りの内容を消化できました。
徐々に質を上げていっています。

幸いな事に、すっかりケガの心配はなくなりいい感じです。

さて、今週末の6,7日に大阪は長居(ヤンマースタジアム)で障害者の日本選手権に参加します。

以前に多少触れましたが、アジアパラの選考会でもありますが…

まぁ、出来レースですね。
名前だけの選考会です。
既に内定者も決まっていいます。

ですが、出る以上は全力を尽くしますよ。
今季は秋へピークを持ってくる予定ですので、まだ本調子には若干、遠いですが…

今回は100m、走幅跳です。
なんとか100mでは12秒台で走りたいですね。
走幅跳は何とか5m70cmくらい跳びたいのですが…

もっと早くにこの情報がわかっていれば参加種目も変えていました。
とは言っても、早くにこの情報を出す事は出来ないでしょうがね…

利己的な人間が多すぎるし、無知すぎます。
意見具申を言うと、一選手が何をほざく…です。

まぁ、負け犬の遠吠えと聞こえるでしょうが…
とは言っても選手が一番の被害者であることには変わらないのですが…

選手も、睨まれるのが怖く、意見具申なんてご法度。

今後、厚生労働省から文部科学省へ移行し、内部が刷新され、選手第一の体制が確立されることを祈るばかりです。
このままでは未来はありません。

このままでは、知りつぼみでしょう。
2020へ向け、次世代選手が見えてきません。

選手は皆、がんばっています。
そこは間違いのない事実です。

ちょっと話は逸れますが…
マスターズのおっさん達が元気です。

こないだも好記録をネット経由で見てビックリしました。
すげ~~ぇな~~~と。

走力では、全く相手になりません。
逆に言うと、僕のこの走力でよく対等な勝負が出来てるなぁ~と。

まぁ、この辺が僕の真骨頂でしょうかね。
ましてや片腕のハンデ。

きっと無意識での身体の使い方が上手いと思うのです。
残念な事に、無意識なんです…

ここを意識出来るようになれれば、一つ抜ける気がするのですが…

もう少し、精査と言うか、挑戦したいですね。

その辺も踏まえての天才なんですがね…。

ちょっと話があっち、こっちと動きましたが、失礼いたしました。

頑張ってますよ♪

進化するおっさんは ε- (ー ^ )

2014年5月26日月曜日

全スポ予選終了

週末の晴れが約3ヶ月続いているようですね。
おかげさまで、サラリーマン選手にとっては嬉しい限りです。

順調に日焼けもしてきて、サングラス愛好家は一目で見分けが付く季節になりました。

さて、全国障害者スポーツ大会(長崎)の千葉県予選会が無事終了しました。
各都道府県、(政令市指定都市は単独参加)により選手の選考基準などに違いがありますが、千葉県は予選会に出ないと全国大会への参加資格はありません。

と言うことで今回は100mです。

ケガがようやく治まり始め、2週間前の埼玉マスターズでは走幅跳、三段跳の2種目に様子見でしたが、それなりに手ごたえを掴んで今回の100mに挑みました。

とは言っても、一抹の不安は残っていて、跳躍とは違い100mはある程度負荷がかかります。

風も残念ながら向い風が結構強く多少憂鬱さは否めませんでしたが、まぁ、仕方ありません。

何とか上手く行って12秒台が出ないかな~なんて淡い期待はしていました。

残念ながら記録は13″27でした。(電気計測)風計測なし。

正直、残念でしたが致し方ありません。
ちゃんと走れて、多少負荷を入れられそこそこ走れたので、今後は心配せずに走れ、跳べそうです。

今回はそこそこ負荷を入れて13″27で前回の静岡国際は流しのようで13″50(+0.6)。
その辺を鑑みると、今回は今一つですね。

静岡国際は、ほとんど負荷を入れることが出来ず、後半はビッコを引いていました。
それで13″50はいい記録です。

とは言っても、確実に前回より記録だけを見ると向上しています。
なので、そこを重要視します。

今回もアップを変えて初の100mでしたが、問題なく終了でき一安心です。
やはり今までのことを変えるというのは不安がとても大きいですが、そこは変化を好む僕のことなので挑戦し続けると思います。

この部分に関しては、まったく他人には迷惑は掛かりませんので。

何故?アップを変えたかと言うと…

今年の静岡国際でロジャース選手や、モンショー選手のアップを観たというのも当然あるし、それ以前に、ある方から聞いた、カールルイスはアキレス腱は伸ばさないということ聞いたのも当然あります。

ですが、もっと前に思っていたことがあって…
ちょっと可笑しい発想で笑われそうですが…

動物などは狩りの際には思い切って走るのにアップなんかしないよな~と。
それでもケガもしないし、目標を達成出来る。

当然、人間が競う場合は、リミットをある程度外す必要があるので、アップが要らないということにはなりませんが…

必要最小限度で体が温められれば問題ないと。
ちょっとこの辺のさじ加減が上手く言語化出来ませんが、必要最小限度も各人で異なります。

何処をどの程度伸ばすかも…。

まぁ、長々と色々と書きましたが、何が言いたいのかと言うと…
常識は変わるし、自分も常に変われる人間でいたいと…。

かっこよく言えば常に向上を追い求めるといったところでしょうかね… ε- (ー ^ )

2014年5月20日火曜日

疑心

すっかり夏の陽気ですね。
久々にガッツリと練習を行い、ガッツリと日焼けしている今日この頃です。

今回のケガは軽く見積もりすぎていて、意外と重傷の部類だったようです。
完治まで、1ヶ月掛かってしまいました。

その間に1つ100mを走った影響も多少あるかも知れませんが…
加齢による回復力の低下も見過ごすことは当然出来ませんが…

25日の全スポ予選会は100mに出ます。
実は予選会への参加希望種目は伝えていなく、どうなるのかな~と思っていました。
全国大会参加時の希望種目に順位的には100m、走幅跳とは記入しました。

恐らく、100mになるんだろうな~と思っていたら、案の定、100mでした。
まぁ、希望を伝えていないところが、僕の落ち度なので100mで頑張ります。

幸い、ケガもほぼ問題ないのでいい感じで走れるでしょう。

さて、疑心ですが…
また、やってくれましたね。
障害者陸上。

アジアパラが今季開催されますが、最終選考大会はまだ残っています。
9月のジャパンパラは選考大会には入っていません。

日本選手権と、関東選手権が国内での対象大会です。
そこで、標準記録の突破を目論んでいました。

選出されるされないはありますが、標準記録を突破しない以上土俵にすら上れません。
アジアパラは三段跳は削除ですので、走幅跳、100mでの突破を目指しエントリーしました。
標準記録は昨年の記録も有効なので、走幅跳での標準記録は突破済みです。

しかし、連盟のHPでちょっと目を疑うことがUPされていました。
ID申請の関係で、可能性のある人には既に通知済みらしいです。

と言う事は、前記の2試合でいくら好記録を出しても選出される可能性はないと言うことです。
最終選考会を待たずに〆切とは如何なことでしょう?

ちょっとおかしいと思ったのは「ひがみ」でしょうか?
何の大会かは忘れましたが、やはり同じようなことが過去にありましたね。

幸いな事に関東選手権の申込みはまだ始まっていないということですね。

まぁ、こんな感じですよ… ̄\(-_-)/ ̄

2014年5月16日金曜日

皆苦

寒暖の差が激しいですね。
その影響でアレルギーなどを発症するかたもいるようです。

この時期は光熱費が低く抑えられる季節でもあります。

さて、サッカーワールドカップ日本代表が発表されました。
落選した方のブログを話題になる前に偶然みかけました。

いい内容でした。
そこから救われることもあり非常にラッキーでした。

上手く言えないのですが、読んでいる本なども救われる内容で、何だか本当に縁みたいなものを感じざる得ません。

代表落ちの感覚ですが、僕にもあります。
とは言っても、格が全然違いますが。

4年前のアジアパラと2年前のロンドンパラ。
アジアパラはA標準を突破済み。
ロンドンパラはB標準突破済み。

アジアパラは行けると信じていました。
が、残念ながら落選。

ロンドンパラはB標準ではほとんどチャンスがないので諦めていました。

アジアパラの時は本当にショックでした。
選考基準も曖昧ではっきりした答えは頂けず、不信感だけ残りました。

その時の感覚がサッカーの代表発表で蘇りました。

だいぶ脱線しました。

そこで、今回僕の一連の出来事に繋がっていくのですが…
今回の僕のこの感じも不条理や理不尽さで相通じるところが発見できたので…

今回の僕のこの受けた感じを考えていました。
当然、受けてすぐのときはそんなことを考える余裕などなくただただショックでした。

当日より、翌日、翌日より翌々日と多少和らいできて、事情を共有している人に話しができてそれ以上に、和らぎ始めました。

そこで目にしたのがサッカー代表落ちの選手のブログでした。

…なるほど…と思いましたね。
それでも明日は訪れる。

そうなんです。
どんなに理不尽、不条理なことが起きても生きていかないといけなんです。

何がそんなにショックだったんだろうか?
このショックはどのような部類なのか?とか…色々と思い浮かぶだけのことを考えました。

詐欺にあった感覚に近いのかなぁ~。と。
詐欺にあったことはないので、あくまでも想像の域を出ませんが…

例えば、故意にしている骨董屋さんがいて、いいものが入ったよ!!って言われて言い値で購入。

その後、何かの拍子でその品物の価値が低いことが分かったときの感覚ってこんな感じなんだろうな~と。
価値が分かる時期も重要で、短期間だったらだいぶ落ち込むんだろうな~と。
先方が悪意があるかどうかはここでは問いません。

おれおれ詐欺なんかもこんな感じなんだろうね。

社交辞令を信用する僕は非常に騙される要素が多い気がします。
基本、人を疑うことが出来ません。


騙されようと失おうと人生を歩まなくてはいけません。
歩みたくても歩めなかった方が沢山いました。

生きることは辛いです。
改めて思います。

理不尽、不条理さ苛まれながら…。

「人生皆苦」

このことが頭に浮かんできました。
これで大丈夫でしょう。

2014年5月14日水曜日

真実

春を通り越して一気に季節が進んでしまった感じがします。
個人的は寒さより暑さの方を好みますのでこれはこれでいいのですが、限度はあります。

さて、昨日の今日ですが…

ここへ来て本当に思いますね。
真実は真実だと。

あたりまえの事なんですが…
偽りは偽りなんですね。

確かに、偽らざる得ない場合もあることでしょう。

でも、偽りなんです。

少し遡りますが、某耳の不自由な作曲家。
当初は全く疑っていなかったので、やはり世の中には天才がいるんだと思いました。
曲のことは僕には良くわかりません。

耳の不自由な方とも会話(耳が聞こえないのでしゃべることが出来ないので会話というかは分かりませんが)したことがあります。

その経験、体験を踏まえて、某作曲家のインタビューなどの受け答えをみて…
あ~ぁ。本当に天才っているんだな~と感心したものです。
恐らく、中途聴覚障害だとは思いましたが、あそこまで完全な受け答えには本当に感心しました。

感心したのもつかの間…びっくりしましたね。
天才じゃなかったんだと…

ちょっと話が逸れましたが…

今回、僕が受けたことと非常にリンクしたので。

やっぱりね、尊敬、敬意の念を抱き、それが覆ったときの虚しさ。。。

信用した方が悪いのか?

僕の今回の事案は共有者が一人しかいなく悩みましたが、打ち明けました。
聞いていただけるだけでいいんです。

答えを求めているわけではなく、聞いて欲しかったんです。
同調していただけました。

きっと、偽りの人は偽りなんでしょうね。
聞いていただいたことにより気持ちの整理がだいぶつきました。

社交辞令を真に受ける僕ですので、今後もきっとこの手のことで悩むのでしょうね。

よかったよ。共有者がいて同調してくれて。。。


2014年5月13日火曜日

単純

ぼつぼつ梅雨時期なのでしょうかね?
雨模様が続くようです。

乾燥に弱く、手の指がいまだにあかぎれが起きるので保湿が欠かせない今日この頃です。


さて、脚の怪我の状態は回復しほぼ問題ないですが、残念ながら心のほうが下降気味です。
よく言われるのですが、そんな感じにみえないと…

本来の姿は神経質で几帳面なんです。
尚且つ、信じやすい。

あることについて聞いたことをそのまま信じてしまう傾向が非常に強いです。

恐らく、聞いたことに関して、自分との思いや考えが一致すると疑いの余地を持たない傾向が強いです。
きっと、そうだと思っていて聞いたことと一致することで安心するのかもしれません。

そうであって欲しい、そうじゃなきゃおかしいだろ。そうだよね…。とか…
その前提があっての情報が入ってきて安心するみたいな。。。

そのままの状況でそれ以上の情報が入ってこなければ問題ないのですが…
ですが、大体の場合、本当のことが明るみになることが多く、非常に心が揺れます。

「嘘がばれる」という表現も出来ますが、個人的には本当の事が明るみになるという表現を好みます。
まぁ、この辺の変なこだわりというか、感覚が偏屈者といわれる由縁ですが…

脱線しましたが…
こ心が揺れるですが、何に対して揺れるのだろうか?を自問していました。
本来の姿が見えてしまったときの心の動揺は仕方ないとは思います。

でもよくよく考えると、きっと事実が明らかになることより、きっと情報入手の経路で偽りを伝えていたことに対しての心の動揺が大きい気がします。

今回は、信頼できる人が間に入ってくれた上での内容だけに…。
その人に対しても偽りを伝えていたんだと…

でも、ここ最近思えることも…
そのような偽りを伝えざる得ない状況下にいたのだろうなと。

事実が明らかになり非常に心が揺さぶられましたが、幸いな事に心が壊れるまでは行きませんでした。
幸い、食欲もあり、睡眠も取れます。
この感情にフタをしようかとも考えましたが、フタをするより思いついたことを実行したほうがいいような気がして、自分なりにいいと思うことを行いました。

だからとって今日、明日に心の均整は取れないと思います。
ですが、徐々に波は小さくなりつつあるように思います。

フッとした瞬間にいきなり巨大な波に襲われることもあるでしょう。

良い事悪いこと様々でしょう。
悪いことは、他に目標や趣味があれば何とか相殺できる場合多いです。
信頼できる人への相談もいいでしょう。

でも、なかにはその全てがない人も確実にいるようです。
そのような場合はどうするのでしょう???

幸いな事に僕には何とか相殺できてきていましたが、今回は少し心が揺れました。

様々な経験から今回の下降線も最小限度で乗り越えられるような気がしています。

久々に訪れた心の動揺でした。


2014年5月12日月曜日

開幕戦終了

無事に終えることが出来ました。
左ハムストリングスの肉離れで3週間のブランクでしたが、ようやく跳躍の開幕戦を向かえ、終えられました。

結果は、走幅跳9:30~ 5m40cm(-0.6)。
      三段跳13:00~ 11m75cm(+1.9) でした。

アップを変えてからの初試合でした。
結論から言うと、全く問題なし。
多少の不安はあったもののこれで行けそうな感じで一安心。

走幅跳はほとんど練習していなく、怪我の影響もあり様子見で行う。
1本目は踏切板に乗れず、5m11cm位だったが、跳躍自体は悪くない感じ。
2本目の踏切は、ドンピシャで跳躍自体も悪くなく5m40cm。

だが、ここで左ハムに多少の違和感がきたので、その後2回の試技をパス。
少し、脚の様子をみて、軽く歩き、ストレッチを行い、不安要素はあるものの大丈夫な感触。

三段跳の1本目は、助走がもろに詰り脚を合わせに行くも踏切板に乗れず、11m30前後。
助走距離を伸ばし2本目へ。
やはり詰り気味であるが踏切はドンピシャだが、余りにも踏切りを意識しすぎて急激に踏切り前で減速しているのが自分でもわかるほどで11m40前後。
3本目も助走距離を伸ばして踏切りもドンピシャであったが、2回目と差ほど変わらない跳躍で11m50前後。

やはり助走~踏切り練習が完全に不足している感じは否めない。
最後の4本目はファール覚悟で、踏切を意識せずに跳ぼうと思い跳ぶ。

若干の減速はあるものの前回よりはいい感じでホップに入れて全体的にも体が浮いた。
踏切りもドンピシャで記録は11m75cmであった。

記録は今一つであるが、様子見から徐々にスピード、強度を上げて行くことが出来て、尚且つ、全助走で競技を終えられることが出来て本当に嬉しかった。

不安要素が減ってくるにしたがい今後は、まだまだスピードはあげらるだろうし、助走~踏切り技術も向上していくと思う。

開幕戦なので今回はこれで十分。
パスはしたものの、全て全助走で跳べたことは大収穫。

よかったよ。

でも、さすが埼玉。暑かった…Ψ(・O・)Ψ

2014年5月9日金曜日

上昇傾向

GW、GPも終わり、いよいよ跳躍の開幕戦が近づいてきました。
今週末の埼玉マスターズ記録会です。

天気予報でも夏日が散見されるようになり、寒さが苦手になった最近は非常に好材料です。

TBS系列で陸上GPの宣伝などがあり、今朝はガトリンが出てました。
ちょうど、ボルトを破ったレースの放映がありましたが、個人的には静岡国際GPで話した、ロジャースが出ていたことのほうが印象に残りました。

内緒の話ですが、ロジャース選手に貴方のPBはいくつで、貴方は誰?と聞いたのは秘密です。
知らないというのは恐ろしい…。大変な無礼をしました。

さて、表題にもありますが、左ハムストリングスの具合が良くなってきた感じです。
静岡国際GP後の後遺症が驚くほどなく、尚且つ、回復したのでは?と錯覚する程度というのは前回書きました。

その後は、休養に努め、当然ですが走ったりはしていません。
唯一、ストレッチ方法を変えた程度です。

そう、ロジャース、モンショー達が行っていた手法を取り入れて行っています。

その影響ではないでしょうが、昨日あたりから急激になんとなく良くなっているのが実感というか、感覚というか…強いです。

受傷が4/19ですので18日後といった所ですかね…。
その間、100mのレースが一本。(1350)
レース5日前に確認のアップを1時間程度です・・・。

今回はこの内容ですごしました。

よかったのか、悪かったのかは解りません。

次回の試合は三段跳、走幅跳にエントリー。
数日前は、走幅跳は棄権か1本程度跳んで様子見…かな?と思っていたのですが、昨晩あたりからなんとなく両方出られるような気がしてきました。

ここ最近はこんな感じの第六感的な感覚を重要視しています。

当然、知識も何もありません。
最終的は人間力が”勝つ”ような気がしてなりません。

と、どうでもいいような内容で失礼いたしました。
今回は、受傷後、何日で気持ちの変化が起きたのかを書き留めたいとの思いでした。。。

暖かくなってきて良かった!良かった~♪(⌒▽⌒)

2014年5月7日水曜日

GP終了

GWも終わりました。
最終日は季節はずれの寒さに見舞われました。
改めて、静岡国際GPは天気に恵まれ本当に強運に恵まれていると実感している今日この頃です。

まぁ、物事は自分の取りようということも言えるでしょうが…

さて、少し触れましたが、無事に終了しました。
静岡国際GP。

といっても、満足な走りは出来ませんでしたが、悪化することもなく完走できたので「良し」とします。

念のためアップ途中からロキソニンを飲んで対応し、走る前にも飲みました。
残念ながら、50mあたりから痛んできたのでビッコで走ってました。
(応援に来て頂けた装具士の方が動画を撮ってくれました)

タイムも13″50(+0.6)自己ワースト。

ですが、このタイムでよく治まったと思います。
走っているときは14秒中盤か、もしかすると15秒掛かったかな?と思いましたが、走っていて14秒台の人が視界に入らないので、何か不思議な感じでしたが…

スタートは良かったです。
20m位まではそこそこでしたが、そこから怖くて加速出来ませんでした。
その後、徐々に離されて行き、上記しましたがビッコを引きながら…

でも、悪いなりに手応えがありました。
当然、「たら」「れば」はありませんが、満足に走れれば今回はそこそこの勝負になった感じでした。

タイムで言うと、12″5前後が出そうな感じです。

走り終えた直後は結構な痛みが残っていたのですが、不思議なことに時間が経つにつれ痛みが感じなくなってきて、翌日には練習可能か?って思える位でしたが、考え直し、走っていたときの痛みを考えれば損傷しているのは間違いない事実ですので、残りの休日はOFFにしました。

今回のレースはこんな感じでしたが、それ以外に大収穫がありました。
テグ世界選手権女子400mの優勝者が来ていて話す機会に恵まれました。モンショー
あと、100mのPB9″93の ロジャース。オーストラリアのメリッサ選手など…

つたない英語で話かけました。
以前から、疑問に思っていたアキレス腱をのばすか???の質問をモンショーにぶつけました。

答えは、「伸ばす」と。
ふ~~~ん。と思いましたが、僕の英語力の不足のため、伝わっていなく、正確に聞き取れていない可能性のほうが大きいので、翌日のアップを見ていいか?と尋ねると、問題ないとのこと。

翌日サブトラックに一番のリして待機。
同じ時間帯にロジャースも来たので観察。

う~ん。
良かったよ。

とても勉強になりました。
それが全て、僕に合うかと言えば合わないでしょうが本当に参考になりました。

サブトラックでモンショー、ロジャースと会話も出来て、すぐ横にいた富士通の選手団からは異様な視線を感じていましたが…

自分のレースは今一つでしたが、普段は出来ないことを体験できて本当に幸運でした。

最後の最後にランニングパンツを忘れて、問い合わせるも届いていないという落ちまでつきました。





2014年5月2日金曜日

5月

いよいよ月が替わりました。
気温も上り始め、夏日の情報もちらほらと…。

紫外線には要注意ですね。
自分ではさほど自覚していませんが、みなさんからよく焼けていますね…と言われています。

さて、いよいよ静岡国際GPです。
昨年から障害者枠を設けていただけ、縁あって呼んでもらっています。

おまけに、宿泊先、前夜のレセプション付き。
いや~なかなかない機会です。

本当に感謝です。

障害者特別レースですが100mです。
当然、僕は専門外で参加の選手も、脚(42、44クラス)、腕(46、47クラス)の合同です。

この組み合わせは障害者のレースでは見られません。
詳しい事はわかりませんが、何か、ダメらしいです。

この組み合わせは、日本トップレベルで、腕ではロンドンパラの100mで5位の選手。
脚ではリレーでの代表選手。走幅跳の北京パラ銀メダリスト。走高跳のアジア記録保持者とか…当然みんな、ロンドンパラのリレーメンバーです。

それ以外にも、世界選手権代表メンバーです。

そうです、僕以外はみなさん日本を代表する選手です。
でもね、昨年は2人を何とかかわせたんです。

レース自体は想定外の内容でしたが、ほぼ結果は想定通りでした。
でも、内容にはとてもビックリしましたが…

年齢も一番離れている人とは、自分の子供と同い年とか…
まぁ、その辺も楽しんできます。

他の選手は僕に負けることが相当なショックらしいです。
あ~~~ぁ。。。
羽根さんに、ま・け・た・・・と。

今回は左ハムストリングスに一抹の不安要素がありますが出来るだけの努力はします。
今回も数名からの、羽根さんに負けた・・・の言葉を聞くべく頑張りますよ。

ご声援をお願いいたしますε- (ー ^ ) 

2014年4月30日水曜日

棄権

本来ならシーズン開幕戦であった試合を棄権しました。

昨年、県記録を更新した千葉マスターズ記録会です。
数回書いていますが、無理すれば出られるレベル。

だが、今回は同週末の静岡国際GPにウエイトを置いた。
今回の千葉M記録会に出て、GPに出られないのを回避したかった。

当然、両方問題なく出られればそれはそれで一番いいのは言うまでもないが。

さて、千葉M記録会であるが、千葉県総合陸上競技場は秋の大会向けの会場である。
北よりの風で100mが追風になるという計算。

まぁ、ほとんどの競技場がそのような設計らしいが…。
なので毎回この時期の千葉M記録会は結構な向風で行われる(100m)

跳躍はピットを変えられるのが

今回も例にもれず同じ風であった。
が、競技が始まり少し経つと風が変わった。
100mで追風が吹き始めた。

跳躍もピットを変えないで敢行していた。
きっと、僕が参加していればピットを変えるように強く要望するが、今回の参加選手の方々は誰も要望することなく粛々と進行、終了した。

今回、僕は棄権という選択をしたが、風など考えるといい選択だったと思う。
何か縁のようなものを感じられずにはいられなかっった。

棄権はしたものの会場へは行き、皆さんの動画を撮ったりしていた。

競技に参加せず俯瞰して競技をみていたのだが、みなさん強いな~と。
満身創痍は当然、80歳オーバーの方々も。。。

なんでそこまで無理して行うのか?と。。。
諸事情で、この大会が今季開幕戦で最終戦になる可能性もあるんだと…

様々な方が折り合いをつけて今日この日を精一杯謳歌している。
結果は二の次で、参加し最後まで続ける。

これこそ生涯スポーツの原点ですね。

改めて今回棄権し競技場で俯瞰し競技を見れた事はとてもいい経験でした。
今週末の静岡国際GPは出来る最大限の準備をし参加してきます。

写真は「さすけ」でおなじみの白鳥さん
彼は有望な三段跳の選手なんですが、ヒザの具合が本当によくなく、折り合いをつけながら出られる種目に参加し楽しんでおられました。



2014年4月28日月曜日

治療

GWらしいですね。
個人的には暦通りですので5月が4連休です。

歯抜けです。
まぁ、GWは特別に予定もたてないので・・・

さて、治療ですが…4月26日(土)に行ってきました。
昨年来た記憶がなかったので尋ねてみると…
なんと昨年の4/11頃にきていたらしいです。

記憶を辿ってみると…
茨城マスターズで左フクラハギを傷めた記憶が…

ブログで辿ると、思い出してきました。
ちょうど、今回より1週間早かったようですね。

その後、2週間の完全休養で千葉M記録会へ挑み、県記録更新へと繋がったようです。
読みかえすと、2週間の完全休養時の気持ちが書いてありました。

よかったです、読みかえせて。
参考になりました。

当然去年は去年で、その時はそれが良かっただけですが、参考にはなります。
今年は今年で、去年のことが当てはまるかは解りません。

なので、今回の千葉M記録会は棄権します。
会場には行く予定です。

少し競技を見て、その後行きたい場所があるのでそこへ行こうと考え中です。


今回、千葉M記録会は無理をすれば出られる感じだが、3日の静岡国際GPを優先することにする。
GPも一時期、出場も危ぶまれましたが、最大限出来るだけの努力をすれば、たとえ出場で満足に走れなくても決して恥ずかしいことではないと思えるようになりました。

結果は時の運。
目標へ向い最大限努力することが重要なのだと…。

今後への参考のために今回の症状
4/19に受傷、左ハムストリングス。
1週間後の26日へ月島へ治療へ行き、翌日曜日に脚の状態確認で母校へ行く。
イメージだとスパイクまで履けるかどうかな?位まで回復しているイメージだったが、残念ながらアップシューズの流しの5割程度で違和感より強め、痛みより弱めがきたのでその時点で終了。

通常生活では全く問題ないレベル。
治療前よりは改善は実感できている。

入浴後のストレッチも問題ないレベル。
左足で体重計をたぐりよせることも出来る。

ちょっと全くのどうでもいい事を書いてしまいましたが、これが結構あとで役にたつんです。

写真は今回の治療後にいった築地です。
一度行ってみたいと思っていました。
感想としては、魚市場なので少し物足りない。

海外とかでよく見る生活必需品の集まる市場の方が個人的は好みでした…







2014年4月23日水曜日

読書

いよいよゴールデンウイークも迫ってきました。
とは言っても、僕はどこへも行く予定はありません。

この時期の連休は暮れの大掃除の代替時期です。
GWはシーズン最中でもありますので…

とは言っても、大した掃除などはしませんが…。

さて、本日は「読書」ですが…
この僕が読書なんて考えてもみませんでした。

為末さんの影響で読み始めてはまりましたね~。
一時期は電子版に走りましたが、いかんせんまだ数が少なすぎる。

読みたい本が電子版に未対応な場合がかなりあり、そのうち探すのが面倒になり紙ベースへ。
本当に便利ですけどね。

ですがだいぶ勉強になっています。
ほとんどが題名のインスピレーションで購入します。
Amazon経由ですね。
当然、合う本、合わない本があります。

その当たり外れも楽しみの一つに加わります。

一番の影響力というと、僕は…
【目には目を】【歯に歯を】…という考えでした。
この考えは、それはそれである意味間違いではないのですが、別の対処方法も選択出来るように…

きっとこの表現は僕独特の表現で、伝わりにくいでしょうけど…
【目には目薬】【歯には食べ物】。。。も選択肢に

ちょっと意味不明でしょうが、なんとなくニュアンスは伝わるのではないでしょうか?

選択肢が増えることは間違いなく素晴らしいことです。
引き出しが増えると言ってもいいでしょう。

ただいつ使えるかはわかりませんし、使わないこともあるでしょう。

でも、引き出しが増えることで心が穏やかになっていることは間違いない事実です。

力でぶつかってその時は収まることもあるでしょうが、きっと後味はあまりよくないです。
ヤナギのように上手に対応できれば、多少の不満感は残るにしろ、力で押す場合とは後味が全然違ってくると思います。

憎しみからは発展はないでしょう。

そんなことを読書を通じて少しだけ勉強することができました。

僕の場合は勉強をしたく読書を始めた訳ではなく、読書を始めて勉強できた方です。
初めは、興味本位で始めた軽い気持ちがいつしか趣味の一つに加わりました。

努力家、勉強家の方々とは次元が違う読書方法なのですが、これはこれでいいと思います。

そう、人の為の読書ではないのですから…( ̄+ー ̄)


2014年4月21日月曜日

受傷

寒さがぶり返してきましたね。
せっかく、衣替えを敢行したのですが、わずか一日で逆戻りです。

乾燥からはしばらくは解放されそうですが…。

さて、久々に受傷しました。
左ハムストリングス。

50mのスタンディングダッシュ時に…。
振り返ると、当日は少し練習をやりすぎた…。

当日は走練習メイン日で、体力的に余裕があったので、ついつい。
100mの加速走を3本終了後にダッシュを敢行。
30×3本。50×1本の最後で…。

30mを過ぎて徐々に身体を起こして行き、スピードを上げ始めようとした途端に…。
北よりの風でいい感じの追い風。
若干、気温が低かった感は否めない。

まぁ、傷めたのは仕方ない。
どんなに悔やんでも、時間は戻せないし。

そのばですぐに終了し、鍼治療に。
珍しく、入浴も二日間シャワーのみに。
このシャワーのみって事が、僕的は非常に稀なことなんです。

入浴が非常に好きで、どうもシャワーだけで済ますということが嫌いなんです。
今までも受傷後も色々といい訳をして浴槽に浸かっていました。

どういう訳か、今回は寒いにも係らずシャワーの選択をしました。
まぁ、どうでもいいことですが…。

あくまでも自己判断ですが、さほどの重傷ではないと思います。
今日まで、階段の上り降りはほとんど問題なし。

犬の散歩もペースをゆっくりにするものの、問題なし。

唯一、脚の振り戻し時に多少の痛みがくるレベル。

今週土曜日に、ある場所へ治療に行き、日曜日に身体を動かしてみて、29日の千葉マスターズ記録会への参加を決断する予定。

感覚的には大丈夫な感じだが、こればかりは…果たして…
ひょっとすると土曜日の治療も必要ない可能性もあるが、良くても行く予定。
とは言っても予約が取れればの話だが…

ここで、完全に不安要素を取りたい。
イメージだと土曜日に施行してもらえれば、今回の受傷のダメージはゼロになるとの考え。

今回は千葉マスターズ記録会後の静岡国際の100mの方に重点を置きたい。
この辺の感覚は、昨年千葉県記録を更新出来た余裕だと思う。

今季は怪我が無く順調であったがここへ来て戒めですね。

確かに順調でどこかで休養を取ろうかと思ってはいたのですが…。

でもね、今季は非常に思うのです。
試合の結果なんてどうでも良い事なんだと。

いかにそこへ向かって日々、仕事も含め目指して行き、日々高めて行ける事が尊いと。

なかなか目標を持つことが難しいなかで、目標に向かうことのありがたさ。
そんなことが非常に尊いと思います。

日々の充実。ε- (ー ^ )


2014年4月18日金曜日

ご報告

私事で大変申し訳ございません。

正式に協議離婚が成立いたしました。

僕自身は特別何も変わらず今のままです。

以上。 羽根 裕之

2014年4月15日火曜日

評論家

いい天気ですね~。
一番いい季節かもしれませんね。

なかには花粉の影響等で憂鬱になれれる方もおられるでしょうが、個人的にはこの早朝のひんやり感と日中の暖かさの寒暖の差が結構好きです。

といっても、程度の問題もありますが…。
いつもながら、わがまま、偏屈の王道を進んでおります。

さて、本日は評論家についてですが…

ひょっとすると、解説者と評論家を混同している一面も僕にあるかもしれませんが…
どうも評論家の方々って…首をかしげる発言が多い気がします。

スポーツ評論家の○○さん。
基本的には好感を持っているのですが、先日の冬期五輪のソチ終了後の発言にはがっかりしました。
これからスポーツとは何ですか?との質問に対しの答えは、○○選手です!と胸を張って答えていました。

一ファンの発言であれば全く問題ないでしょうが、評論家としてギャラを貰ってのあの発言にはいささかげんなりしました。
五輪で感動したスポーツ好きなおっさんの会話のレベルだよ…。

ちなみのその選手のことも好きですし、素晴らしかったと思っています。

経済評論家のお二方も…
常にマイナス面しか強調しない。
確かに間違いはないのでしょうが、あの言いかではまったく意気消沈します。

まぁ、メディアもその方面の回答を期待しての台本なんでしょうが…

犯罪心理学に詳しい方々も事件があるとクローズアップされますが、よく聞いていると結果論しか言ってないですよねぇ~。
専門家なら、未然に防ぐ案を出して欲しいと思いますが…

まぁ、出したところで未然に防げる訳はないだろうと言われそうですが…

受け手の我々の感受性にも問題はあるのでしょうが、ちょっとどうなの?って感じですね。

実現は厳しいでしょうが
その方々と居酒屋とかで話せばきっとすごく面白いのでしょうね。

とちょっと最近特に頭にきているというか、憤慨している偏屈のおっさんでした( ̄- ̄)ゞ


2014年4月14日月曜日

勘違い

各地でシーズンインの様子が流れてきます。
いよいよですねぇ~。
何ともいえない喜びとういか、ワクワク感を感じている今日この頃です。

さて、今日は勘違いですが…

僕も当然していることもあるとは思いますが…。

○○があれば出来る…ということをしばし見受けられます。
当然、○○に入る言葉はそれぞれでしょう。

一般的にわかり易い例でいうと…
お金があれば幸せが手に入るが代表的ではないでしょうか?

確かにお金があれば欲しいものは買えるでしょうし、生活にも困ることも少ないでしょう。
ただ、幸せかどうか?は果たしてどうでしょう?

発展途上国でインフラもままならない国でも幸せと感じる人が多数を占める国もあります。
インフラ等も完璧で24時間いつでも不自由のない生活が出来る国の自殺者が多いとか…

何が幸せで何が不幸せかは当然各人が決めることではありますが…


ちょっと脱線しました。

何が言いたいのかというと
立派な施設があれば好成績に繋がる…という思い。

確かに、無いよりあったほうが良い事には疑いの余地がありません。
では、施設があれば好成績に結ぶ付くのでしょうか?

最終的には、そこを利用する人はユーザーです。

昔、ロッキーの映画で、最新鋭設備で練習する選手と、設備などほとんどない自然のなかで練習する場面がありましたが、あんな感じですかね。

置かれた場所で、最大限工夫さえすればそれなりの成果は得られると考えます。

気温の面でもそうですが、寒冷地の選手が強かったりしますよね。
普通に考えれば寒冷地より温暖な地域の方が有利と思うのが普通と思いますが…

他人の芝生は青く見える。

結局は自分の不甲斐なさを何かのせいにしてるだけのような気がします。

人や物のせいにしないでその環境で精一杯生きていけば満足できます。
(繰り返しますが、無いよりはあったほうがいいには決まっていますが…)

手段の目的化…
すり替わるのが意外とわからないです。

それが人の常なのかも知れませんが…( ̄ー ̄)

2014年4月8日火曜日

桜も葉桜になりつつあり、陸上シーズンもぼつぼつ開幕ですね。

僕の開幕は4月29日の千葉マスターズ記録会の三段跳、走幅跳からです。
過去にも書いていますが、今季はピークを後半に持っていくつもりで戦略をたてています。

そんななかでの今季の練習では、だいぶいい感じです。
補強が功を奏しているのでしょうか?
怪我が少ないです。

当然、この年齢になってくると、痛い所が無いほうが不思議です。
痛みの種類も自分なりに判断できる出来るように思えます。

ただ、未経験の部分に痛みが来ると不安にはなりますが…
この辺の擦り合わせが好きですね。

どこまで出来るか?やっていいのか?とか…
今、幸運な事に良い方へしか転んでいないということもあるでしょうが…

気温も上り始め、徐々に跳び始めているのですが、跳躍練習後に今季は身体の裏側が非常に辛くなります。

特に臀部~ハムストリングス~背中にかけて。
以前は、ヒザや腰が非常に辛かったのですが…

使えている証拠ですね。

だからといって距離に結び付くかは別問題です。
でも、結び付けようとしてその周辺を使えるように意識して結果が出ると嬉しいもんです。

補強などでは意識する所へは刺激は入れられますが、跳んでの刺激はなかったです。

そう、僕の練習は結構きついと思います。
とはいっても、実際に走ったり、跳んだりするのは少ないです。

基本的にはどんな内容でも3本と決めています。
場合によっては余りにも不甲斐なく追加してしまうことも多々ありますが、3本です。

量、重視の場合は3本×3setとかで…
とにかく3本が基本です。

よく皆さんを見ていると計測したりしていますが、僕はほとんど計測しません。
あくまでも自分の感覚を最重要視します。

みんなに言わせると、論外なんでしょうがね。
でも、学生達と、たまにタイミングが合うと計測してもらったりする事はありますがね。

良く言えば、感覚重要視派。
悪く言えば、適当の変わり者。

後者の方が褒め言葉ですね、僕には…。

そんなこんなで今季も結構期待が持てると思っています。

秘かに13mにどれだけ近づけるか…と秘かに期待してます。
と言っていて、自分は三段跳メインなんだと再認識してます。

今年の、アジアパラと次回のリオパラは三段跳はありません。
でも、三段跳なんですね。

マスターズという舞台が僕にはあるのが幸運以外何ものでもありません。

春も近づきあり、気分的にウキウキしてきたので進捗をほざいてみました。

どこかでBig Jumpをしますぜ (((o(^。^")o)))