予定

次回出場予定 2017年7月30日(日) 千葉県マスターズ選手権  ラオスにて障害者陸上を指導中

2013年7月31日水曜日

削除

さて7月31日です。
月日が流れるのが早いですね。
歳をとるわけです。

ここへ来て、恐らく人生最大体重を更新しています。
だいたい、風呂上りに計るのですが、昨日は69kgオーバーでした。
ちょっと、ビックリです。
体脂肪も昨晩は12%オーバーに。

体脂肪に関しては、入浴後という事もあり、この数字は何度か目にしています。

食べる量は変わっていなく、むしろ少なくなっていると思うのですが…。
本当に筋肉量が多くなっているのでしょうかね?

さて、IPCのランキングを覗いていました。
走幅跳(LJ)・三段跳(TP)で。
LJが17位。TPが10位でした。
最近閉会したリオンの世界選手権はまだ未集計のようです。
このランキングは年齢は関係ありません。
ランキング表には生年月日まで記載されていたので参考に見てみると…。

断トツの最年長ですね。
僕の次はLJで10歳下。
TPでは15歳も下でした。

そう、世界ランキング1位でした。
とは言っても、正式なランキングではありません。
参考でマスターズのカテゴリーは出来ましたが、あくまでも参考です。

でも、世界1位なんてなれないですよね。
ラッキーです。
まぁ、参加者もいないです。
そう1/1とかです。

以前はそれじゃぁ、意味がないとの考えもありましたが
ここ最近は、障害者のマスターズの年齢で参加出来る人は一握りなんだと。
事情は様々でしょう。
金銭的、家庭の事情、仕事の兼ね合いとか ETC…。

ですが、その事情を乗り越えて参加しているのは紛れもない事実です。

素直に嬉しいですよ。
だって、そんなに体験できる事じゃないでしょう。
世界1位なんて。

まぁ、今後参加してきて順位は変動するかもしれませんが…。

と、喜んでいたのもつかの間。
リオ・パラリンピックで三段跳が削除のようです。
IPCのHPに乗っていましたので、恐らく事実でしょう。
走幅跳はあります。
ですが、僕はLJでは厳しいです。
6mの中盤以降を跳ばないと世界では戦えませんし、A標準記録も
過去は6m10cmでした。

こればかりは仕方ないですね。
健常者組のマスターズへシフトしますかね。

以前なら、もっとがっかりしたかもしれません。
確かに今もがっかりしている事に変わりはありません。
が、目指す所が他にもあると言う幸運もあります。

前記してますが、健常者のマスターズで世界を目指すのもいいかな~と。
世界じゃなくても、自分の記録に挑戦する。
そう、進化するオッサンの本領発揮ですかね。

本音を言うと、順位とかにはほとんど興味がないです。
昨年の自分に勝っているかな?がポイントです。

確実に加齢はあり避けられない事実です。
でも、そこに逆らい続けられる自分がいます。
身体には負担が掛かる事でしょう。

でも、目指す所があると言う事で、人生が豊かになります。
QOR(quality of life)の充実。
計算では計り知れない世界観。
きっと、僕だけの世界観でしょう。
でもね、いいもんですよ。

目指す所(物)があることは…。

2013年7月30日火曜日

かかと痛

天候不順が続いておりますが、幸い僕の住んでいる地域は被害はなく
集中豪雨に見舞われた地域の方々には、本当に月並みな言葉しか見当たりませんが
お見舞い申し上げます。

本当にどうなってしまったんでしょうね…。

さて、来月で今週末の日曜日(8月4日)は千葉県M選手権。
21日の関東M選手権から練習を重ねてきましたが、どうやら頑張り過ぎたようですね。

28日(日)にかかとが痛くなりました。
前日は痛みはなかったのですが…。
28日にアップ~ドリルまでは多少の違和感程度でしたが、
ラダードリルの際に痛みが強くなり、その場でラダーを終了。
予定では、その後、助走練習程度までは出来るかなと思っていましたが…。

予定を変更し、補強のフルコースを。
ハードル跨ぎで多少、痛みが来るが平気と考え実行。
その他の補強の際も、多少痛むが行う。
まあ、その程度なら問題ないとの判断。
ダウン時も結構な痛みに…。

まあ、痛くなってしまったのは仕方ないのでよくよく考えた。
そういえば、関東Mの時も若干の違和感があったことを思い出した。
左かかとと言うより左足の指の付根周辺と足裏の外側周辺。

前日も、〆の100mの加速走の最後に競争したので結構な付加がかかり
左ハム~臀部辺りに疲労感が強かった。

その辺も関連しての今回の痛みであろう。

個人的には全ての事柄には訳があると考えている。
結果に対して要因は複雑に絡んでいると。
要因が少なければ結果(今回は痛み)が軽いと考える。
逆に要因が複雑なら痛みも酷いだろうし、長引くと思う。

今回、痛んで直ぐに計画を変更した。
痛んでも強行する場合も多々ある。
その時の自分の心理状況などで選択肢が変わる。
致し方ない事だと思うが、痛むなら強行すべきではない。

だが、繰り返しになるが、その時々の心理状況で変わってしまう。

その時に役立つのが、極端な対比だ。
痛んだときに強行する⇒酷くなり重大な怪我につながり選手生命の終わり。
痛んだときに休む⇒休んだ恐怖はあるが確実にそれ以上は悪化しない。

この選択が重要である事は選手なら充分分かっているのだが…。
間違った選択をすることもしばしば…。

痛んだ事は知らせなんだよ。
絶対に…。これ以上、継続はよくないよ!。動きが違うよ!とか…。

目標がどこで、いつかでもこのジャジは変わるだろうが
せめてその日だけでも止めてみて冷静に考えてみるといいと思う。

その辺を勘案して出した結果であれば問題ないだろう。

だって自分の人生だし、自分の進む道だから…。

継続、止めるのは個人の自由だしね。ε- (ー ^ )

2013年7月22日月曜日

関東M終了

暑さもさほど気にならなかった関東M選手権。
相性の余り良くない国立競技場。
砂場のピットが1本しかないのもあるし、進行もきっちりし過ぎ。
近いのがせめてもの救い。

今回の参加賞には参った。
なんと・・・ネクタイだよ。
帰る時に役員さんに貰ってもらえたから良かったけど。
タイアップで仕方はないとは思うけど、ネクタイはないよ。
有難かった人・・・いるのかな?

さて、今回の大会へは9月のオランダへ向けて練習の一環。
通常通りの練習をこなし、どの程度跳べるかを確認。
前日は、補強のフルコース。
終了後に直ぐに筋肉痛は来ていたが、特別問題はなし。

当日も結構な筋肉痛が来ていて、身体のキレも全くなし。
LJに関しては、いい感じではあるが記録が付いてこない。

TPの練習のみで、身体を浮かさないように注意している影響だろう。
感じとしては、身体が上がっていない感じ。


最後の試技で身体を上げようとしたが上がらず、ワースト記録(当日)。
でも、感じがいいので、変な感じもなかった。
修正しながら跳ぶも、尻つぼみでLJ終了。

その後、TPに。
25人のエントリーで嬉しかったが、9m、11mの踏切り板で分けると。
ここで1時間以上待たされる。
11mは結局4人での競技。

1回目に11m97cm+1.8程度で、そこそこだった。
2回目で向い風の2.1で11m47cm程度、踏切り板にも乗れず。

ちょっと気持ちが切れ掛かりました。
風も向かっているし、練習の一環だから、まっ、いいかな?と
でも、それじゃ良くないなーと思い始めて気持ちを入れ替えました。
今後も同じようなシチュエーションもあるだろうし…

すると、風も運よく追ってきました。
何とかベストを尽くすべく。

結果12m07cm+0.4でした。

今回は記録に関しては出た記録が現況の状況として思う事にしていましたが、
やはり、記録が今一つだとガッカリはします。

とは言うものの、今回は収穫大でした。

今回の前日練習だと、だいぶダメージが残る。
このスカスカな身体で、12mが跳べた。
怪我をしなかった。
気持ちを再度上げることが出来た。

国立で12mは初めて跳んだと思います。
まぁ、たいした問題ではありませんが…。

今大会に参加してしていた障害者の女性の方が動画を撮ってくれました。
三段跳の一番いい記録のものでも、まったくキレがありません。

よくあの状況で跳べたなーと、改めて関心しました。
動画撮影のTさん。ありがとうございました。

今後も9月のオランダへ向け確認作業を実行します。
8月4日の千葉M選手権。

今回の半分~1/3で前日練習予定です。
そこで、どのような結果が出るか…。

その後、集約していきます。
楽しい作業ですよ。

やはり昨年までの願望であったマスターズM45クラスの県記録を更新出来て
余裕が生まれたのが大きいのでしょうね。
尚且つ、今季はPBの12m32cmを跳んだのも大きな要素です。
今季は県記録とPBの更新で多少、気持ち的に余裕ならいいのですが
満足感も多少あることも事実です。

だが、ここでもう一度、気持ちを入替てIWAS@オランダへ向かいます。
そう、いつ障害者陸上の三段跳が種目の削除されるか分かりませんし。

ひょっとすると、今回の国際大会が最後の可能性も否定は出来ませんし。

今出来る最大限を今日現在、精一杯頑張って行こうと思っています。('◇')ゞ 

2013年7月18日木曜日

サンクコスト

蒸し暑い日が復活しました。
月曜日が祭日だったのに今週は長く感じる今週です。

サンクコストについて..
経済学の方面ではこのサンクコストと言う言葉は良く使われ実践されるようです。

僕もその件について少しですが勉強する機会に以前恵まれました。

充分納得出来ました。
ですが、僕は実行出来ないタイプのようです。
過去にJALの株券も紙くずにしました。

その辺も踏まえています。

僕は経済とは無縁に近いです。
この、サンクコストについては本についてです。

ほとんどAmazonで本は購入します。
題名のインスピレーションで。

当然、面白い、面白くない本にも出会います。
サンクコストを実践すれば他の本に移るのでしょうが、僕は最後まで読みます。

確かに、時間は帰ってこず、本を変えれば面白い局面にも出くわす可能性はあります。

でも、僕は面白くない本を読んでいて自分がどのような心境になるかを確かめています。

全部が全部、面白くないと言う事はまず無く、意外な気付きが発見出来たりします。

途中や読み終えて、意外な発見があり、それはそれで面白いです。

であるからして、つまらない、面白くない中に何かを見つけられる楽しみ方を身に付けました。

当然、サンクコストを実践できれば、それはそれでいい方向にも行くでしょう。

どちらがいいとか悪いとかの話ではなく、どちらを選択しても僕の場合は、とてもいい勉強です。

自信を持って選択すればそれは正解だと思います。

愚行権もあるわけだしね( v^-゜)♪


2013年7月16日火曜日

46と47

酷暑が続いていましたが、昨晩は涼しい風が吹き始めて今日も暑さはひと段落。
何だか、秋を思わせます。

ちょっと夏バテがきそうな不安も若干ありますが…。

障害者陸上競技にはクラス分けがあります。
簡単に言うと、人それぞれに障害の度合いが違います。
僕のクラスは上肢障害に当てはまります。

上肢障害と言っても様々です。
指がない人。手首がない人。腕がない人。
上記があっても、全く動かない人。
多少は動く人。と様々です。

これを、同じように扱おう、と言うのがクラス分けです。
当然、専門の方がジャッジをします。

国際大会に参加するにはIPC(国際パラリンピック委員会)が
認めた人がジャッジしたのが条件です。

以前は上肢障害は46クラスのみでした。
北京パラ終了後に46クラスを細分化する動きがありました。

肘がある、ないで分けようと…。
様々な経緯で、46の細分化は最終的には流れました。

ロンドンパラ終了後の改めて、46の細分化の話が…。
今回は細分化されるようです。

ザックリいいますと。
46・・・肘がないひと
47・・・肘があり、手首がない人となります。
48、49もありますが、国際大会での実施はありません。(主に指のない人)

46、47に関しては機能障害も含まれる訳です。
僕にように、腕はあるが機能全廃や機能が著しく制限される人。
この辺もクラス訳は難しい作業です。
(僕は結構全廃なので余り複雑なジャッジは不要のようです)

以前から公平な状況で競技してみたいと言う希望はありました。
肘がある、ない、肩関節が動く、動かないでは全くパフォーマンスに差が出ます。

でも、規則は規則である以上は仕方のないことです。
とは言うものの、人間が決めるルールである以上、変更の可能性はあるわけで…。

現に北京後に46の細分化は遡上に上がったが、各国の反発で流れた。
(当然その中には日本も含まれます)

で、今回の46の再度の細分化の動き。
今回は細分化で動いている事は事実です。
運用方法は未定ですが。

クラスは46、47に分かれるが競技は同じで開催されるような雰囲気です。
何のための細分化か分かりません。

とは言うものの、クラスが分かれれればランキングも変わるでしょう。
が、パラなどへの選考はメダルが取れるか否かのラインです。
46、47が同じで開催であれば今までと選考選出し関してはなんら変わりません。

この辺の事情はまだ細分化後、まだ日が浅いく国際大会も少ないので不明です。
今後世界選手権(フランス)、IWAS(オランダ)が開催されるので見守りますね。

あと、心配なのが種目の削除です。
北京パラでは、僕の専攻する三段跳はありませんでした。
ロンドンパラでは復活しました。

北京前に関係者に三段跳の復活はないか?と尋ねると
一度削除されたら復活と言うのはほとんど無い。との回答でしたが
ロンドンパラでは…。

人間が決める事なので…。

その辺も勘案すると、三段跳の種目削除の可能性も否定は出来ません。
前回46の細分化時に各国が反対したように、今回も日本も当然含め、
そのような話題時には是非反対していただきたいですね。

細分化で嬉しい反面、種目の淘汰…。

そんなジレンマとも戦いながら、日々精進しますね。

本当に難しい問題ではありますが…。

でも幸いな事に障害者舞台で淘汰されても、マスターズの舞台があるわけで…。
マスターズでは障害は全く加味されませんが、まあそこは承知のうえです。

本当に幸運ですよね。

日曜日行く予定の床屋さんに土曜日に前倒し。
バーションジャクソンのイメージでしたが、残念ながら作るパーマでは
2歩手前程度が限界ですね。

まっ、ハーネーハクションと言った所でしょうか?ε- (ー ^ )

2013年7月12日金曜日

希望

猛暑日の記録更新ならず、タイ記録で終わったようですが、
厳しい暑さと言う事には、なんら変わりがありません。

個人的には、睡眠、食事がしっかり出来れば何とか乗り切れると思っています。

昨晩見たTV(NHK)で福島県の事を取上げていた。
原発事故の避難指定地区。

野性動物が人が居なくなったので、居住地まで来るようになった。
放射線量も徐々に下がり始めてきて、一時帰宅などで自宅へ戻れる時間が増えたようだ。

家の中に入ると、ネズミの被害が相当酷いらしい。
家の根幹部である、柱や電気配線などを相当範囲でかじっていて、とても家の中が
綺麗になったとしても住める状況には遠いようだ。

それに伴い、大型の野生動物も…。
いのししも相当数きているらしい。

田んぼで、悪さをし水が無くなっているとか、農作物を食い荒らす。
今まで、食べていなかった、悪さをしていなかった事を初めているようだ。

ハンター達が駆除をしているが、山などは除染が進んでいないので
当然、線量が高いので入る事がままならない。

また、運よく駆除できたとしても、いのししの体にはだいぶ放射能が蓄積されていて
食べる事も出来ないらしい。

ちょっと、昨晩のTVを見て愕然とした。

避難所生活を余儀なくされ、いつかは帰れると言う希望を持って
一時帰宅などを繰り返し、目途が立ち始めようとしていた矢先の出来事…。

相当な、ショックではなかろうか?
言葉に語弊があるが、津波などで全て流された場合は踏ん切りが付くだろうが、
まさか、全くの想定外の範囲での被害だ。

確かに、人間が住んでいた時点で動物のテリトリーを侵略したと言う人もいるだろうが、
そんな事を言えば、人間は地球上には住めない事になる。

以前は、共存関係が上手く行っていた。

それが…あの事故で。
余りにも被害が大きすぎる。

この辺の因果関係もはっきりしないとか言うのだろうか?

そう、自分の頭をよぎったのが、
以前、怪我をした際に当然入院期間があり、治療をしていた時期があった。

本当にピンホール程度の傷が治らない。
Drも運よければ、この程度だから塞がるかも…と。

希望を持ちました。
イメージトレーニングと言うか、常に直るぞ!治るぞ!と言い聞かせていた。

結果は塞がりませんでした。
手術をして塞がりましたが…。
ピンホール程度で手術なんて…。

本当にがっかりした記憶があります。
希望をもってそれが破れた事に…。

今回の福島の方々と比べるのは失礼ですが、希望が破れた辛さでリンクしました。

当時はその事で相当、落ち込みました。
あんな小さな傷すら治せなかった…と。

ですが、ようやく最近分かったんです。
直せないものは治せないと。

イメージや根性でどうにかなる場合もあるでしょう。
ですが、基本的はそんな事は不可能なんです。

治るべき事柄に対して、イメージや根性が上手くリンクして直った。
根本には治るべき事柄と言うのが前提です。

でも、だからと言って、イメージ、根性が悪いとも思いません。
全てを駆使して行って努力したからこそ答えが見えたのです。

結果は自分の思う所からは遠く離れた結果でしたが、
その行った行動、行為があるからこそ、見えた結果に価値があると。

また納得も出来ると。

ちょっと、自分の出来事と、今回の原発の被害に遭われた方々とは
比べ物にならない事は重々承知です。

ですが、きっと被害に遭われた方々にも明るい未来があると思います。
希望が破れた時は辛いでしょうが、夢、希望があれば頑張れる気がします。

お前に何が分かるんだ!と言わるかも知れませんが、
破れてもいいので夢、希望を持ってください。

僕、個人の力は全く足しにはなりませんが、こんな形で応援している
人間もいることはいるんです。

頑張っていることは重々承知です。
ですが、あえて言います。

がんばりましょうね。

2013年7月11日木曜日

代表

酷暑が続いています。
本日11日、今回も僅かな金額ですが寄付できました。

様々な事が頭をよぎりますが、不自由な生活を余儀なくされている
方々には、本当にお見舞いを申し上げます。

さて、いいいよIWAS@オランダ大会への参加が近づいてきました。
そこで、一つ気になることが…。

代表のユニホームです。
障害者陸上競技は、パラリンピックは全額援助があります。
それ以外では、全て自己負担です。
連盟などは、補助を申請中ではあるが、どの程度補助が出るかは不明と発表します。
その後、進捗状況については一切触れません。

申請して補助が出ないのであれば仕方ない事なので、何故?公表しないのでしょうか?
公表しないから良からぬことを想像してしまうのが、人情ではないでしょうか…。


ちょっと、ユニホームから逸れましたが…
今回、僕が参加するIWAS大会は世界大会です。
本来の趣旨は、世界選手権などの標準記録に届かない人にも国際大会への
参加の機会を設けよう。との趣旨でした。

僕は1回目の台湾、3回目のUAEと今回4回目のオランダです。
前記しましたが、当然全額自己負担です。
チーム、JAPANを組む訳です。

となると、ユニホームも揃える必要があります。
過去、全ての大会毎にユニホームが変わりました。

その都度、購入するわけです。
前回のUAE大会で、世界選手権と、IWAS大会は統一するとの事でした。
ですので、UAE大会の前に全て一式揃えました。

するとどうでしょう…
今回のフランス・リオンでの世界選手権ではロンドン・パラのユニホーム使用だと。

すると、今回我々のIWAS大会もロンドン・パラのユニホームで参加しろと…。
そうです、今回も新たにユニホームを買え!と。
必須で購入するものが納得できずに質問しました。

過去に購入して、全く使用していないものが含まれているので。
購入するのが必須ならば、せめて使用頻度が多いものにしてくれと…。

すると、最小限、競技用のユニホームとジャージ上下だけは購入して欲しいと…。

質問では、前回UAEで使用したものは使えないのか?と質問したのですが
その件については触れず…。

毎大会ごとに、ユニホームを変えることについては異論はありません。
ですが、それは支給されればの話です。

健常者組では当然このような事はないのでしょうね…。

参加費などについては、個人負担はやぶさかではありませんが
ユニホームなど毎回変えて、ましてや自己負担で購入しろなんて事はちょっと如何?と思います。

今回以降、全て統一するようなのですが…。
それも正式発表ではないです。

この辺も何かの思惑が働いているような気がしてなりません。

今回、僕は必要最小限度に抑えました。
だって、前回一式揃えて、一回も使ってないのもあるんだよ…。

ちょっと酷くない?と思って書いてみました。

2013年7月8日月曜日

障害者関東選手権終了

梅雨明けした日に終了しました。
非常に暑かったですが、競技場がリニューアルされてとても気持ちよく終える事が出来ました。
確実に暑い事には変わりないのですが、皆が言うほど個人的には暑さは苦にならなかったです。

2日間開催でしたが、TP、LJは同日開催。
良かったのか?悪かったのか?何とも言えませんが…。

この大会は珍しく、TPが先に開始されます。
土曜日開催と伴い、功を奏したのでしょう。

6回中、2回ファール。
4回の跳躍で3本SBを。
それ以外もSBの-1cm。
全て12mオーバー。
そのうち1回目で12m32cm+1.8のNGR PB
びっくりしましたね~。
きっと日曜日開催でLJの後なら結果は違っていたでしょうね。

ラッキーです。

先週に伝授頂いた事が身を結びました。
改めて、巡り会わせに感謝です。

午後からのLJ。
TPの練習しか行っておらず、LJはほぼぶっつけ本番。

当然、全体的には良くなく5m50cm中間程度の試技が…。
特に後半の3本は体力的にバテバテでした。
踏切板に乗れず、5m30cm台の記録が…。

助走距離を調整して、上手く合わせられて5m68cmが出ました。
この跳躍は嬉しかったですね。
調整して、ピッタリ脚があい、本日最高記録が…。
最後の試技で、観客の方々に手拍子を要求。
少ない観客でしたが、応えて下さいました。
結果は5m59cmと今一つでしたが、場は盛り上がったかな?と思います。

今回の大会、特にTPは最高の記録でしたね。
2年前の12m28cmを上回る事が出来ました。
実際、12m28cmが大会記録でちょっと厳しいなーと思っていたのですが…。
あと、全て12m超の内容は初めてです。

確実にアベレージは上がっているようです。
ここまでの練習方法(内容)があっていたと言う事ですね。

今後は、そこを少し進化させて、12m50cmを跳びたいですね。

でも、今回はTPの好記録は勿論嬉しかったですが、それ以上に
LJで調整して、本日一番の記録を出せた事の方が嬉しさは大きかったです。

記録より、内容で満足した方が充実感が強い人間のようです。

と言う事は、今後は、調整して行き、12m50cmが跳べたときが待ち遠いです。
現況今、PB(好記録)が出た時に少し安心してしまう傾向が見受けられます。

その辺を少し修正していこうと考えます。

野津田競技場、とても綺麗で立派でしたよ。
交通の便は本当に良くないですがね…。
東京在住の方々も近所に泊まるくらいです。


2013年7月4日木曜日

選ばれし者?

いや~昨夜未明の豪雨にはびっくりしました。

本日7月4日(梨の日?)は孫の誕生日です。
無事に迎えられなによりです。

一つの問題が解決したと思ったら、新たな問題が…。

直接的な個人的な事ではないのですが…。


まぁ、問題は様々でしょうが、事件にならない事を願います。

当人同士の問題であり、いくら親でもアドバイスは出来るが、決定権はない。

頼ってきたら手助けするくらいだね。

こうも、一難さって一難来ると本当に思うよ。

越えられない者には試練は訪れない…って。

まぁ、きっと当人が一番大変なんだろうが…。

悩める種があるだけ幸せなのかもね…。


2013年7月3日水曜日

不具合

先日の平日休みでタイミングよく出来た事の一つに、風呂のアクリル板の取替えがある。
脱衣所と風呂の境の扉のガラスのようなあの板である。
我が家のその扉は全部で4枚のアクリル板があり、そのうちの下の一枚が割れていた。

まぁ、割れた経緯は割愛するとしよう。

それを、ガムテープで修正していた。
修正とは言うものの、やはりテープである。
水には当然勝てない。

となると、扉の掃除もおろそかと言うか、極々簡単にならざる得ない。
そう、力を入れるとバラバラになるし、上手く洗えたとしても水を掛けると…。

一部分が悪いせいで、全体も同じように掃除が出来なかった。

先日の平日休みで、運よくそのアクリル板を交換できた。

改めて見つめた。
結構、扉自体、付属部分が汚れていた。

交換できたので、バラバラ、水漏れの心配がなくなり、しっかり洗う事が出来た。
とは言うものの、おろそかになっていた期間が結構あり、一気には綺麗にはならない。

徐々に綺麗にしていくしかないだろう…。

そこで、フッと頭をよぎった事が…。

身体と一緒だな…と。

身体のどこか一部分が痛いと全体に影響する。
そこをかばう事により、様々な悪影響が出る。

この辺の感覚は運動選手なら理解できるだろう。

初めのうちは、騙す事も容易であるが、かばうことでおかしな動きが身に付くと大変で
それを元に戻すとなると、大変な労力が必要となる。

気が付けばまだいい方で、知らず知らずに、痛まないような動きが正解と感じてくるとどうしようもない。

まぁ、逆手にとって飛躍出来る可能性も否定は出来ないが、極まれであろう。


今回は、風呂の扉のアクリル板から改めて、修理の大事さを再認識出来た。
それを、身体にフィードバック出来るようになり
自分的に少しは内面的に少し成長出来たような感じがした。

初めは小さな事でも、打つべく手を間違えたり、手遅れになる前に対処の重要さを
再認識できた、貴重な体験でした。

2013年7月2日火曜日

平日休み

7月1日(月)は会社の創立記念日でお休み。
久々の平日休みで有り難かったですね。

金融機関、役所関連が開いているので、やりたい事ができて良かったです。

一番の収穫は中型程度の洋服タンスの処分。
2階から降ろせるか?が最大のポイント。
行動に移すと、若干、重たい…。
そこで、引き出しを全部抜いて再トライ。
いい感じ。
さて、階段をどう降ろすか?
一人で片手。
過去の経験が活きましたね。
運送会社で、引越し作業の経験があり、冷蔵庫や、タンスなどの重量物で大型の物の扱い方は多少経験があり、上手く降ろす事が出来ました。

後は、清掃工場への運搬。
軽トラックじゃないと無理かな?と思いましたが、自家用車で何とか積めました。

降ろす作業は清掃工場職員さんがやってくれます。

その他にも処分したいものも積んでいき、無事に作業終了。
いや~、本当にラッキーでした。

いつか本当に処分したいと思っていて、いいタイミングでした。

その他にもやりたいな~と思っていた事があり、それも出来ました。

やはり、思う事は重要で、タイミングがいつ合うかは分かりません。
思っていれば、そのタイミングを逃す事が少なくなると思います。

思っていなければ、行動に移す事は出来ないでしょう。

全ての事に当てはまると思います。
競技でも、仕事でも、今は出来ないが、頭の中にあれば、いつかいいタイミングが訪れる。
そう、そのタイミングは急に、何時やって来るかは誰にも分からないのです。

そのタイミングを如何に逃さずに、掴めるか…。
ここが重要と思う。

考える(考えている)事が。

昨日はそれだけでなく、全て順調に上手く行き、本当に充実した休日でした。
嬉しかったですね。

さて、今週末の6,7日(土日)は町田の野津田公園内陸上競技場で
関東地方で唯一IPC公認大会、障害者関東選手権が開催されます。
今大会は2日間開催ですが、僕は6日(土)にTP・LJが開催されますので
7日(日)は行かない予定でいます。

交通の便が今一つ良くないので、遠方の方々は二の足を踏みますね。

どの程度の参加になるかは分かりませんが、お時間の合う方は入場料無料ですのでお気軽に足を運んでください。

個人的には梅雨が明けたと思う今日です。