予定

次回出場予定 2018年は未定です。地道に基礎体力を造っております。 ラオスにて障害者陸上を指導中

2018年4月21日土曜日

昆虫

今年のラオスは暑さも今ひとつでしたが、蒸し暑さが強めで不快度は高く感じました。
ピーマイラオも終わり、しばらくすると雨季に入りますね。

今日はラオスの食文化についてですが…
「バカの壁」で有名な養老先生も著書で書いていましたが、ラオスは昆虫を食べる習慣が残っています。
*写真があります、苦手な方は閲覧注意してください。
 

コオロギや幼虫は良く目にするのですが、今回は「カメムシ」でした。
色が茶色で姿も日本で見るものより大きいのですが、姿。匂いはそれでした、笑。
(匂いに関しては若干弱めですが…)

市場で買うと高く高級品と言ってました。
その日は、知合い宅の近所で工事を行っていて工事関係者(知合い)が売りに来て、安く買えたと。。。

この袋で30,000kip(約400円)
色が違く、大きさも大きいが…

先日、TVを見ていたら「蟻」を捕まえて食べてました。
調理後、スプーンに山盛りで食べて「美味しい~」と、笑。

奥が深すぎるラオスです、笑。

ラオス人に魚を生で食べるというとビックリされます。
ラオス人からすると異様でしょうね。

何が正解なんて無いんですよね。
食べる食べないは自己判断でいいですが、全否定はする権利はないと思う。
「郷に入れば郷に従え」ですね。
本日もご覧いただきありがとうございました。
多謝、羽根。


2018年4月14日土曜日

ピーマイラオ

ラオスは仏暦も使用しています。
今年は2561年ですね。
ちなみにピー(年)マイ(新しい)という意味です。
ラオはラオスのことです。

過去にも書きましたが、西暦の正月、中国の正月、仏暦の正月と三回もあります。

ラオスは水かけ祭りとの別名もあり、街中でビニールプールや水鉄砲で賑わっています。
そう、誰関係なく水をかけます。
かけられた方は怒りません。逆にお礼を言うくらいです。
並行して、大音量の音楽で歌い踊っています。
ちょっと、この大音量だけは僕はダメです。。。具合が悪くなります。
ですので、出掛けるときは様々な分野で細心の注意を払う必要があります、笑。

それに伴い、練習も約一週間中断です。
当然、想定内ですので何も問題はありません。

近々の目標は10月に開催予定のアジアパラリンピック@インドネシアです。
陸上競技も人数は分かりませんが、参加できそうな感じです。
その前に開催される北京オープンに参加したかったのですが、登録が間に合わず断念。

今年の目標は上記の2大会のどちらかに参加して標準記録を突破でした。
北京がダメになったので、インドネシアで狙っていきます。
そして来年、アジア近郊でのIPC公認大会に最低1つは出場したいと考えています。

本音をいうと、日本での大会がオープンになると非常に嬉しいのですがね
その際は誰か招待してください!お願いします。

選手は、だいぶいい感じで仕上がってきています。
全ての面でハンデがある選手たち。
それにもめげず、逆にバネにして頑張っています。
日本人からすると想像も出来ない状況下だと思いますが、その状況を嘆くのではなく、いかにその場で最善を尽くすかですね。

でも、走る専用の場所で練習させてあげたいなーとは思いますが。。。

(写真中央のポンは7年ぶりに帰省するようです)

ご存知かもしれませんが今、ラオスが非常に盛り上がっています。
先日も、ラオス教育スポーツ省大臣が日本の文科大臣・オリパラ大臣と面会してました。
詳しい内容は僕には分かりませんが、2020年に向け前向きな方向ではないかと想像できます。
2020年東京大会へラオスは確実に参加できるとは断言できませんが、そこへ向け必要としている方々の力になれればと思っております。
我々は2020年が終われば一段落って雰囲気がありますが、ラオスを初め他の途上国はあくまでもスタートです。

チャンスは平等にしないと。
確かに価値観の違いから調べない・知らないという事情もありますが、そこを打開するべくですね。
あくまでも、継続・持続することが目的です。
我々が出来ることは様々な分野であるとおもいます。
自分がある程度揃ったら、必要としている方々へ還元しましょう。

ましてや、同一都市として初めて2回目のパラ開催の東京。
我々が出来ることは何なのでしょうか、、、
本日もご覧いただきありがとうございました。
多謝、羽根。

2018年4月7日土曜日

功徳



先日、ADDPラオスでお世話になっている方の結婚披露宴にお邪魔させて頂きました。
本当なら前泊して、式から出席したかったのですが諸事情で当日に出発することに…

奥さんの実家で式〜披露宴


末永くお幸せに
微笑ましい
少し遠いのです。
片道約360km。
時間にして5時間半程度…。


出発後約、1時間程度走るともう信号がありません。
山を2つ、峠を4つ程度越えて行きました。
イメージはマザー牧場・伊豆高原のワインディング・ロードですかね、笑。
気温も30℃オーバーで約4時間程度走りっぱなしで、そのうち約2時間程度ワインディング・ロード。

僕の車は約20年落ちのトヨタ車です。
使用者と同じで老年です。
道中、常に不安がつきまといましたが結果的には何の問題もなく往復できました。
信じられないことに、燃費も普段は5~6.5Km程度が9~10Kmと!

道中、珍しい景色もみれてそれなりに良かったです。

改めて日本車の素晴らしさに感心しました。

ただ、経年劣化部分も散見され帰ってから修理しました。
経年劣化は仕方ないことです。
この世には不変などありえませんので…
まさに「諸行無常」ですね。

前回は冷却水の水漏れでしたが、今回はマフラー。
溶接部分が剥がれて金属同士がこすれて不快な音が…。

本当はこれ外して直管が良かったのですが…

前回同様、知り合いに治して頂くことができました。
それも無料で!!
感謝しかないですよ。

改めてラオス人の心意気に助けられました。
自分がある程度満たされていれば他に困っている人に手を差し伸べる…
を地で行く人々ですね。

そんな人になるべく僕も精進します。
本日もご覧いただきありがとうございました。
多謝、羽根。

2018年3月31日土曜日

強運


以前、ラオス・南部パクソン産のコーヒーの独占販売の件はお伝えしました。
現在は、ラオス首都ヴィエンチャンのADDP「みんなのカフェ」で飲むこと・購入することが出来ます。

この「みんなのカフェ」ではさまざまな障害者が働いています。
細部までは把握してなく申し訳ありませんが、カフェには聴覚障害者。
裏方でサイドメニューのクッキーなどを制作を知的障害者が担当しているようです。

そのカフェでパクソン産のコーヒーが売り切れたようで追加注文を頂きました。
日本人観光客で、酸味があるコーヒーが好みでちょうど”ストライク”だったようです。
在庫、全て購入頂いたとのことです。

また、生産者と販売者がネット販売も検討中とのことで相談されています。
現在、美味しいコーヒーをなるべく低価格で皆さんへお届け出来るように試行錯誤中です。
しばらくお待ち下さい。


お届け出来るよう思案中

話は変わり、僕の自家用車について…
20年位前の車でしょうか、トヨタ・イプサムです。
各所に、日本語の修理済みのシールが散見できます。

使用者と同じで老年です。
燃費が悪かったり、さまざまな所にほころびも散見されましたが、それなりに頑張ってくれていました。

先日はラジエターの水が空になる惨事に…。
以前も、経験があったので水温計は生きていると思っていましたので確認不足でした。
今回は、全く空っぽ。
よくエンジンが焼けなかったと思いましたよ。

運良く、エンジンから異音・水温計の上昇が選手を迎えに行く数十メートル手前だったのでそこまでたどり着けました。
給水して、元通りにエンジンも掛かり何事もなかったように帰りました。

ちょうど、知り合いの家に寄る用があり到着すると、ラジエターから空気漏れの音が…
知り合いが暗い中、修理してくれましたが部品自体が腐食していて修理不可能。
翌日、部品を探しに街中へ行くも見つからず、部品を直すことになり溶接などで修理完了。

明るいので作業も順調に進み見事に直りました。

よかった、よかった。


改めて、ラオス人の親切に助けられました。
これが、場所が違えば修理代金も多額はもちろん、最悪、廃車も考えられます。

本日もご覧いただきありがとうございました。
多謝、羽根。


2018年3月26日月曜日

言い訳


体調不良で寝込んでました。
ルーティンの更新が出来ませんでした…。


運転手(アッシーですね←死語、笑)
として参加です。
金曜日に結婚式に招待されて、いつものごとく食事をして帰ったのですが…

土曜日、とにかく疲労感Maxと全身の筋肉痛や夜半からの腹痛など…
とにかく起き上がる気力も食欲もなく、豆乳でしのいでいました。


日曜日はだいぶ回復して昼ごはんはラオスうどん(カオピアック)を麺だけですが食べられました。
夜もガパオ(ご飯に肉(今回は鶏にした)の具は完食、お米も半分くらい食べられました。


今日の月曜日はほぼ回復してます。

原因などを考えていたんですがよく分かりませんね。
まあ、医者じゃないので当然でしょうが、笑。

食中毒(食あたり)を考えるも腹痛の時期が遅すぎる。
風邪を考えるも発熱がない。
自身の練習過多…これが少し思い当たるが、時間差で来た腹痛との関連が分からない。

まあ、総合体調不良で全治3日間だったとしましょう。


自身の練習過多ですが、結構頑張ったりしちゃってます。
今年から帰国の時期がズレたので昨年までの千葉マスターズ陸上記録会・選手権には参加できなくなりました。
とは言え、目標が無くなったかというとそうでもなく、また、選手の練習も目を離せない部分も多々あり練習と言えるかどうかは何とも言えませんが…。

住まいが遠くなったので、コソ練が出来ずに選手の練習の合間に行っています。
極々限られた時間で如何に効率をあげ老化に逆らうか…
(↑これ言うと仏教関係者にお叱りを受けそうですが、笑)
進化する、”異端ジイ”

また、一つ自身の引き出しが確実に増えますね。
”経験則に基づくものほど確かなものはない”と常日頃、思っております。

5月下旬の関東近郊でのマスターズ登録/障害者陸上登録(IPC済)で出場できる大会教えてくださーい!!

ルーチンのブロク更新が出来なかった言い訳でしたー笑。

本日もご覧いただきありがとうございました。
多謝、羽根。

2018年3月17日土曜日

独占販売?!


パラ駅伝も終了し次の目標はアジアパリンピック@インドネシアです。
まあ、アジパラの開催種目もなんとも言えないものがありますね。
パラリンピック特有の1つの種目でも決勝が沢山あるなど仕方ない面がありますが…
(100mなどでもT11クラス〜T60クラスまで10組前後の決勝がある)
詳しくは日本障害者陸上などで調べてください。

とは言え、その前にラオス正月(ピーマイラオ)があるので、練習も一時中断しますがね。。。

他に大会もないのでモチベーションの維持には苦労します。

さて、話は変わりコーヒーの生産者さんと知り合う機会に恵まれました。
試飲コーヒーも頂けたので、お世話になっているADDPのカフェにて試飲を…
あと味がさっぱりとしているのが特徴です。

ADDPのカフェでは、北部の方のコーヒーを置いてあります。
今回のコーヒーは南部のパクソン地区のコーヒーです。
この地区のコーヒーも有名です。
(ラオスのコーヒーは意外でしょうが有名なんです)
パクソンとはラオス南部のボーラウェン高原にあり標高も1,200~1,300mで寒暖差もあり美味しいコーヒーが出来るようです。

と言うことで、パクソン産のコーヒーはADDPの”みんなのカフェ”で飲むことができます。
また、豆の販売もしていますので、是非お買い求めください。
(ラオス・ヴィエンチャンですので日本の方は難しいですね…)

それ以外でも欲しい方がいればご相談ください。
何と言っても、生産者直接購入の”独占販売”ですから…笑。

この方が作っています!!

徐々に知り合いも増えていき、様々な可能性も広がります。
お互いがWin-Winになるように色々考えていきますね。

今日も元気だ!
コーヒーが美味い!! 笑笑。

本日もご覧いただきありがとうございました。
多謝、羽根。

2018年3月10日土曜日

パラ駅伝終了


スースーラオス・チームの最終順位は9位でした。

「日本財団賞」を受賞することが出来ました!
見事受賞!!
無事に終了し総勢14人が無事に帰国出来ました。

前回、更新が出来るか分からないと書きましたがやはり多忙で無理でした。
そんな訳で、少し全体を振り返ります。

行きは女子車椅子バスケもバンコクで試合のため一緒に貸切バスで国境を超えタイのノンカイまで。
バスケチームはここから電車でバンコクまで約12時間の移動。
我々駅伝チームはそのままバスでタイのウドンタニ空港まで約2時間の移動。
詳細は書けませんがこの国境越えも色々有りまして、、、笑。
大変でした、大泣。

その後、ウドンタニ空港から国内線でバンコク・ドムアン空港へ約1時間のフライト。
ドムアン空港から無料シャトルバスでスワンナプーム空港へ約1時間の移動。
スワンナプーム空港~成田空港までJALさんのフライトというルートでした。

帰路も同じルートですが、バスが貸し切りではなく路線バスを使いました。
ここ(帰路)でも、詳細は書けませんが大変でした、、、笑。
本当に一時はどうなるかと…冷汗。

タイ(スワンナプーム空港)~日本の往復ではJALさんから航空券のサポートですが、それだけにとどまらず空港での出迎えや優先チェックイン・機内での手厚いお心使いに改めて日本のおもてなしを実感できました。


到着後、パラサポセンターへ表敬訪問・在日本ラオス大使館で大使から激励のお言葉を頂き、宿舎である青少年オリンピックセンターへ。
パラサポでの記念撮影
ラオス大使を囲んで記念写真
(前列左から5人目)
部屋内に水まわりの設備がなく共同のタイプです。
当然、お風呂も。
ラオス人は湯船や大きなお風呂に大勢で入る習慣がなく人前(男女別でも)で裸になるのも抵抗があります。(恥ずかしい)
まあ、大騒ぎですわー。
小学生が初めて大浴場にみんなで入る…ような騒ぎです。
それ以外でも風習の違いでだいぶ苦労しました、笑。

翌日は、お世話になるライオンズクラブさんの接待で東京湾クルーズに出かけました。
道中、高層ビルや街並みの綺麗さ、ゴミのなさなどとても感動していました。
乗船場にて
船上にて
船の乗船場につくと、それはそれは皆さんハイテンションでした。
ラオスには海がありません(アセアン地区唯一の内陸国)
出港後、食事を楽しみ景色を楽しむ事ができました。
とても貴重な体験が出来たのではないでしょうか。
ありがとうございました!!


大会自体は少し風が強かったですが、晴天に恵まれ気温も高めで良い日和だったと思います。
自己記録更新は8人中3人という結果でした。(車椅子の男女と健常者の女子)

明らかに経験不足が露呈しました。
駅伝など経験のある方ならおわかりでしょうが、前を走る人との差があり、(見えない場合もある)不安や観客も多く興奮状態から気持ちを抑えることが難しく、タスキをもらい猛然と飛ばす傾向があります。
その辺は分かっていて重々注意し、直前まで自分のペースを守るように伝えたのですが、タスキをもらうと同時に全て忘れたのでしょうね。司会者のタカ&トシさんも実況で言っていたように短距離走のようなとてつもなく早いペースで競技場を出て行きました。
当然、オーバーペースからの自滅です。

とは言え、選手が独自にあみだしたタスキリレーは完璧でした。
大会全てを見ていましたが、この部分に関しては一番であったのでは?と思っております。

知り合いの方が撮ってくださいました。
周回コースでの一枚(健常者女子)。
早咲きの桜とのショットはとても素敵で選手も喜んでいました

初参加で私自身も運営方法で戸惑った面がありましたが次回以降に引き継ぎ、発展させて行くのが私の役割だと思います。
来年も招待して頂けたら、是非とも優勝争いに絡んでくれれば嬉しいですね。

ラオス選手成績
閉会式終了後

ご声援ありがとうございました!
また、会場まで脚を運んでくださり応援・差し入れ頂き感謝しております。
お会い出来なかった方には本当に申し訳ありませんでした。

長文、失礼しました。
多謝、羽根。