予定

次回出場予定 2017年は終了です。痛めた足の療養中  ラオスにて障害者陸上を指導中

2017年11月18日土曜日

別れ

愛犬(ハル)の死(ミニチュアダックス♂)
11月16日9:00PM(ラオス時間)享年13歳8ヶ月
脾臓癌、肺、肝臓まで転移
腫瘍が握りこぶし程度が2つ・・・

怪我してからの付き合いでした。

最後も見届けることが出来ず辛さも倍増です。

手術してたった1日の命でしたが、全て手を尽くしました。
本当に残念で残念でしかたありません。
ですが、どんなに嘆いてもハルは戻ってきません。

命について子供、孫たちへ何か伝えてくれたような気がします。
そこを上手く伝えるのが僕の使命かな…と。

ちゃんと食事・睡眠は取れていて元気です。
まだ、涙も残っていました。

3年位前の写真かなー?

こうして書くことで、思い出を思い出して思い出しています。
思い出せないくらい思い出したいです。
無理に思い出を封じ込めようなんてしません。

すみません、暗い内容で。
こうして文章にすることで気が少し楽になります。



ご覧いただきありがとうございます。
多謝、羽根。

2017年11月11日土曜日

告知

鬼が笑うかもしれませんが、来年のお話を…
3月なので、鬼も笑わないでくれるかもしれません、笑。

ラオス参加します!!

パラ駅伝inTOKYO
↓ 昨年の実施分 ↓
https://www.parasapo.tokyo/paraekiden/outline/

ラオスチームが参加できるように交渉してくださった方の努力が実りました。
初の国外チーム(国)の参加で、ラオスが選ばれました。
ラオスチーム(国)が「初」なんてなんと光栄なことでしょう!!
東京(駒沢)でラオスチーム(国)の選手が走ります!!

今のところ、僕が総監督を務めることになっています。(おお!)

徐々に選手選考を始め、セレクションや強化練習の計画を始めています。
選考などに関しては、作戦上秘密裏に進めていきます、笑。

先日のラオス人の東京研修(本邦研修)の際にJALさんから往復航空券の進呈もありました。

JAL コミュニケーション本部 
東京2020オリンピック・パラリンピック推進部 
総括マネージャーの阿川さまより、
ラオス教育スポーツ省事務次官のラッタサイ氏へ
往復航空券の贈呈。
写真右はパラ駅伝 大会実行委員長の八代英太さん


大会自体は、障害者・健常者も関係なくインクルーシブにみんな一緒に楽しく走ろうといった趣旨です。(詳しくは大会情報をご覧ください)
参加条件もあり、日本ではさほど厳しくはないのでしょうが、ラオスにしては厳しいものがあります。
第一にパスポートの問題ですね。
通常ですと該当者には取らせるのが普通ですが、この部分も日本にようにスムーズに行くかが非常に難しい問題です。
その辺の難しい問題も含めてが途上国の国外遠征なんですね。

何はともあれ、ラオスチーム(国)が日本に行ける機会を作ってくださり、お手伝いしてくださる方々に感謝です。
決して途上国は怠けている訳でも逃げている訳でもありません。
選手は一生懸命です。
ただ、前例がないので何も知らないのです。
その部分でサポートできる機会に恵まれたことがありがたい。

自分が不便や理不尽さを感じた部分を少しでもなくし良いものを伝え作ることができたら…

本日もご覧いただきありがとうございました。

多謝、羽根。

2017年11月4日土曜日

再開

いい季節を迎えたラオスです。
朝晩は(特に朝)半袖半ズボンだど寒さを感じ、日中も30℃くらいで湿度も低めで過ごし易いです。
日の入りも早くなり17時半を過ぎると薄暗くなり始めます。
(当然、当日の天候で左右されます)

アセアンパラ、マレーシアから一ヶ月強の休養を終え、11月1日から定期練習を再開しています。休養に入る前に、アセアンパラの反省会をした上で、なぜこれだけの休養が必要か?また、休養の目的なども伝え了承してもらいました。

ワークショップなどで休養の必要性などは伝えているのですが、なかなか理解していもらえない部分の一つでもありますので、何回も伝えていく必要があります。

定期練習開始の週は3日間で終了。
筋肉痛のある場所をヒアリングしながら、効果も伝えていきます。

我々が日常的に無意識で行っていることも、選手たちは伝えないとできません。
出来ないというより、そこまでの考えが及ばないと言った方がニュアンスは近いですね。
出来ない、知らないことについては決して恥ずかしいことではなく、それをそのままにすることの方が恥ずかしいことだとは選手に伝えています。

余談ですが、先日の出来事。。。
俺は外国人だ。
俺の希望に関わらず、練習を見れれない日が来るかもしれない。

例えば、病気や死んでしまう、コーチングの終了(強制的)など…

だから、お前たちは出来るだけ自分自身で考えて練習ができるようにして欲しいと。
お前たちが先行きは指導する立場になれるようにと。
すると選手から来れなくなるのはいつからだ? 誰が言った?!と。。。
だ・か・ら、、、それは例え話だって言ったでしょう!笑。

どうやらことの内容・方向性は理解してくれたようです。


アセアンパラ終了後、来なくなる選手もいるだろうなーと思っていましたが、アセアンパラに参加できなかった人も来てくれて、全員集合となり密かに嬉しがっていました。
(46クラスの選手は当初から大会後は自転車へ戻ると言っていた)

選手自身も、大会で得た反省がしっかり残っていて練習に対する姿勢もしっかりしています。
今まで鍛えていなかった部分の重要性を伝え、選手も理解してくてれいます。
まだ鍛えていない部分があるというのは伸びしろがまだある証拠です。
僕も一緒になって今まで鍛えていなかった部分の強化に着手しました。
伸び代に期待?! 笑。

なので、食事が難儀です、笑。
(腕を強化中、右腕しかなくそれを鍛えて筋肉痛で食事が難儀という意味)

脚も自転車でカバーしていたとはいえ、反発があるぶん非常にきついです。
千葉マスターズでの中足骨痛症などもあり、約3ヶ月間の個人練習中断です。
まあ、僕の残りの競技人生なんて残りの人生の付録みたいなものなんで、そこは上手く折り合いをつけていこうと考えています。

色々な面でラオスは変革期を迎えているように思います。
我々は外国人。
いついなくなるかもわからない。
その時までに現地の人が困らないように道筋をしっかり固めておかないと。

全てはラオス人が全てを運営出来るようになることが望み。
個人的にラオスに残るか否かは別問題。


休養明けの全員集合
(46クラスの人は当初の予定通り自転車へ戻りました)

本日もご覧いただきありがとうございました。
多謝、羽根。

2017年10月27日金曜日

東京研修

日本です。

ちょうど、ラオス人の日本研修とタイミングがあったので少し帯同させていただきました。(22日~24日)
東京渋谷のjica東京・日本財団(パラサポ)・スポーツ省・豊洲ランニングスタジアムへの表敬訪問も含め盛りだくさん。

ラオス人は愛媛開催の全国障害スポーツ大会(全スポ)も視察しその後大分の車椅子マラソンまでです。

パラサポやスポーツ省でも発言の機会も与えてくださり、途上国の現況や現場の現実などをお伝えできました。
jicaでのユニバーサルスポーツにも参加















パラサポでの記念撮影

スポーツ省にて





























豊洲ランニングスタジアム
館長はあの為末大さん(当日は不在、泣)
















ファンドレイジングで1500万円が集まった
伝説の”ギソクの図書館”















築地でお寿司
ラオス人も全て完食しお米が美味しいとの人も
































その後、国際免許証の更新、メインの検査と続きました。
国際免許証もものの5分程度で終了。
(前回はパスポートを忘れて大変でした、笑)

検査も問題なし。
若干のCPKの値が高いものの、許容範囲で薬の減量の話も出ましたが、Drが次回来院の日にちを勘違いしていたので次回へ繰り越し。

順調に現状維持(完全に治ることはなく現状維持(寛解と言います)で一安心)。
ここが崩れると、全てが崩れる。

これが当たり前だと勘違いしそうになりますが、ちゃんと服用を忘れず寛解状態を維持したいですね。

30日の昼便で帰ります。
いつものエアラインではなくLCCを初めて使います。
仁川経由ですね。ラオス到着が21時過ぎ。
まあ、今回は理由があるので我慢、我慢。

今回は非常に内容も濃かったです。
寒さ、雨と散々でしたがポジティブモンスターとしては、これもちゃんと意味があるので意味がわかるまで楽しみにしておきます。

本日もご覧いただきありがとうございました。

多謝、羽根。

2017年10月12日木曜日

能力

人と競う事より自分自身と競うのが好きみたい。
今までは偶然的に土俵があって競い合う人がいたんだけど、常に思っていることってその時々でそこで勝負している自分がいる。

まあ、勝負と呼べるかどうかは別問題として、常に置かれた立場で頂点を目指している自分が必ずいた。
人から見ると本当にどうでもいいような事に対してこだわってみたり追求してみたり。
(でも、そこがいいところだと自己満足、笑)
そこが楽しい。

永ちゃんの言葉を借りれば「成り上がり」だ。
成り上がりといっても永ちゃんとはスケールも違う。
だた、それはあくまでも一般的な目線であって個人的には決して引けを取っていないと自負している。
(この辺の思い上がりも重要な要素の一つだね、笑)

そこで成り上がれば、土俵を変えるか目標を再設定かのどちらかだ。

今までは土俵を変えた方が多数であった。

振り返ってみるとその気持ちがない時もあった。
その時はやはり全く面白くなく早々にその場を離れた。

一時期、その辺の選択が早くて悩んだ時期もあった。
こんなことをこんなに簡単に決めちゃっていいのかなぁーとか。。。

でも、ある人に言われたことが非常にありがたかった。
今までの経験を全て駆使して決断して一瞬で判断できるのがお前だと。
そして、それを実行に移す素早さ、行動力も持ち備えている。

通常の人だと決断までのプロセスが長く決断しても実行できないとかが多いが、お前の場合はそこが長けていると。
自分自身ではそこまで深く考えていないように感じていたが、結果をみると全て(ほとんど)が好転している。

運という言葉で処理していたんだが、なんとなくそう言ってくれた人の言葉が妙に納得出来るようになった。(確かに運も大きいと思う)

きっと、その時々で常に自分が気持ちがいい状態でいたいのだと思う。

一度、生意気ながらその方に意見したことがある。
そんなにお金持ってて何に使い何処を目指すのですか?と

すると、そこなんだよ”…だと。
今までは追いつけ追い越せで来たけどふっと考えると、
確かにお金はあるが、お金にはキリがない。
そして今のお前を見ていると人生を謳歌していて羨ましいと
お前を見てると、哲学じゃないが人生とはなんぞや?を考えると。。。
(たくさんいい言葉があったがだいぶ省略)

なんで俺ってどこでも生きていけるんだろう(馴染むんだろう)って考えていた。
言葉だって通訳さんからみると???だよ。
だから全てにおいて必死だから相手にも伝わり理解してもらえる。
そこには、利己的な気持ちが皆無だから相手にも歓迎されるのでは?と。
(自身が気持ちいいことは利己的とは違うよね)

あと、人って嫌悪感を抱くと表情が一瞬変わるらしいの、これ研究結果も出ていて特に脳性麻痺の人が長けているらしいの。本人は意識していなくても嫌悪感が存在意識としてあるから本人は分からないらしい。特に脳性麻痺の人ってそうやって思われる場合が多いんんだよね。(嫌悪感と驚くのは別みたいですよ)

俺ねこの一瞬の表情変化を見逃さないのね、ちゃんと分かるの。
これも、障害者になって得た能力。(本当にちゃんと分かるよ)
眉間にシワが一瞬寄るんです。
高速度カメラで調べてようやく分かるレベルだそうです。

悲しい現実だけど、PTにもいたんだよ。。。
最初の頃、これが非常に辛かった。。。

後から、いくら口で良いこと言っても分かっちゃうの。

だから、俺。。。
嫌いな人と好きな人とがハッキリするの。

その辺からなのかな?嘘みたいだけど本当に直感でわかるんだよね、利己的な考えのある人って。
いくら口で上手いこと言っていてもね。
利己的な考えの表情変化は知らないんだが

これもきっと僕の特技というか、能力の一つなんだよね、きっと。。。
よく言うよね、言葉などが未発達だとそこ以外が発達しないと生き延びることが出来ないって
おそらく、俺はその分類に入るのだろう。。。

色々と右往左往した内容ですがなんかフッとこんなことが頭をよぎったので言葉にしてみました。

本日もご覧いただきありがとうございました。

多謝、羽根。

2017年10月7日土曜日

オークパンサー

言葉は知っていましたが、得意のなんとなくでしたので調べてみました。

安居(あんご)は、それまで個々に活動していた僧侶たちが、一定期間、1か所に集まって集団で修行すること[1]。および、その期間のことを指す。
また、法臘(ほうろう)は夏安居に参加するごとに一つ増えるとされた。(Wikipedaより)*詳しくは→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%B1%85

安居入り(カオパンサー)、安居開け(オークパンサー)タイ語らしいです。
ラオスではこの時期が大体雨期にあたりこれが終わるとラオスの一番いい季節ですね。
朝晩は半袖だと少し肌寒く感じ、日中も湿度が低く過ごしやすいです。
また、この時期は結婚式もできないらしくこれが終わると名物のような結婚式があちらこちらで見かけることができます。

そんな中、6日は僕もお誘いを受けてメコン川沿いで夕涼みのビールを呑みに。
各家庭でも、ろうそくを灯しているのを見受けられました。

写真奥も門扉にろうそくです

街中では、子供達が爆竹や花火を打ち上げていたり、だいぶ大きめな打ち上げ花火もあがったりしていました。
呑んでいたところは夜遅くまで賑わっていました。
目の前で、灯籠流し的なものをやっいていたのでつられて…
花とバナナの葉っぱで作ってあり、そこにろうそくが立ててありそれを普通に川に流すだけですがね…
あと、ランタン揚げのようなものもありました。(ごく僅かでした)

暗くて見えませんね…

昨日(7日)はお誘いいただいた方の親戚にお宅へ。
いつも行く競技場の近くでこれまたビックリ。
昼間からビールをたらふくいただきました。
時間も長く、だいぶ呑みましたねー。
普段、こんな道端で宴会やっちゃうんだーと思って見ていたら、自分もその輪に入るなんて、笑。
この宴会はオークパンサーを祝うものなのかは不明です。

二日酔いではないですが、シャッキとせず何もせずにグタグタと過ごしてしまいました。
まあ、年に1回あるかないかと言うことで自分に言い聞かせてます。
本日もご覧いただきありがとうございました。

多謝、羽根。

2017年9月30日土曜日

居心地

アセアンパラ@マレーシアが終了して早くも一週間が経過しました。
今振り返ると、相当なテンションだった気がします。
この一週間は、本当に何もする気力もなく抜け殻のようでした。
とはいうものの、時間の経過は早く一日もあっという間に過ぎ去って行きました。

シーズン終了としますので、選手には1ヶ月程度、休んでもらおうと考えています。

様々な理由が重なり合ってこの地(ラオス)へ来ています。
当然、全てがうまく行くはずもなくそれなりに苦労もしていますが、それ以上に心地よさが優っています。

なんでも揃い綺麗な街や衛生的な食品。
その恩恵を受けた僕のような人間が言うのもおこがましいですが、なんか違和感というか水が合わないというか…そんな感じです。

外から見たら、日本とラオスでは多数大勢は日本がいいに決まってると言うでしょう。
まあ、人それぞれの価値観ですからそれはそれでまったく問題はありません。

生意気な言い方ですが、本当に実感するのは経済発展を目指し頑張ってきて実現し、果たしてこんな世の中にしたかったのかな?と思えてなりません。

昨日も少し地元の人と話したのですが、、、
我々はもっとお金が欲しい!と。
確かにそれは理解できます。

でも僕は、あなた達を見ているとっても幸せそうに見える。
言葉は悪いが、我々はお金はあるが(僅かですが…)あなた達のような幸せ感が非常に少ない。(無い)
満員電車などに乗って、仕事に追われ本当にSabai・Sabai(ラオス語で心地よいの意味)な日が無いと。

とても羨ましいと。。。

地元の人もラオス人だって裏表のある人が大勢いるんだよ、と。
でも、そんなのはどこに行っても多少はいるよ、でもそれを差し引いてもここのSabai・Sabai感の生活が大好きだと。

拙いラオス語でいかにここの生活が気に入っているかを熱弁したら、相手もすごく納得してくれました。
まだまだ長くこの地にいたいから、来年以降の住むところや奥さん候補も探しておいてくれ!とついでにお願いしておきました、笑。

本当に久々にお邪魔できました。
まさにSabai・Sabaiです。
最後になりますが、今後もこの地でコーチとして継続できることになりましたことをお伝えいたします。
本日もご覧いただきありがとうございます。

多謝、羽根。