予定

次回出場予定 2018年は未定です。地道に基礎体力を造っております。 ラオスにて障害者陸上を指導中

2018年2月17日土曜日

うん、強いよ


暑さが帰ってきました。
松岡修造さんはいないと思いますが、笑。


少し前に、お前が日本に行ってるときは暖かったんだげど、こっちにいると寒いよ!と言われたのを思い出しました。(まあ、どうでもいい話ですね、笑)


大体、今30℃~34℃程度なんですがエアコンはいりませんね。
車では必要ですが…(空気が悪いのも大きな要因です)
朝はまだ20℃程度まで下がるので快適ですよ。


選手は体調を崩している人が多いですが、僕は復活しています、笑。


前回、短距離組のあっぱれを書いたのですが、今回も引き続きでご勘弁ください。
セカンド選手が頑張っています。
以前は、全く歯が立たなかったのですがここ最近は先行する場面もあります。
まだまだ、オフシーズントレの位置づけですが、設定タイムをアベレージで残せるようになりました。
それも2人共々。


昨日選手に聞いたのですが、設定タイムをアベレージで残せるとは思っていなかったと…。
自分でもビックリしているとも。


ここがうれしいですね。
改めて、努力が報われた瞬間を共有できたと思います。
できないと思ったことが実現する。


スポーツ(人生は全てでしょうが)はそうなんですが、自分で自分の首を締めてると一緒です。
限界に挑んで達成できると新たな限界が現れる。
それの繰り返し。


色々と方法を考えて何をどうすれば、限界を超えられるかを決める。
まだ、方法の種類が少ないのでそこはアドバイスする。
そして、引き出しが多くなり試行錯誤して自身で決めて行く過程の手伝い。


確実に強くなっている。
この強さを人生にも上手く転用して欲しい。

余談ですが、当初は走る部分でも何とか互角程度だったんですが、ここ最近はもう箸にも棒にもかかりりませんわ…、笑。(当然だろ!!は無しでお願いします)

最後に先日、中国新年に潜入してきました。
子供たちが紙で出来た靴などを燃やしてました

ラオスの新年は基本的には仏暦を使用しています。(2018年は2561年)
ラオス新年(仏暦新年)は4月です。
ですので、西暦新年・中国新年・ラオス新年と3回もあり忙しいです。
4月のラオス新年はそれはそれは大変なことになります。
タイミングが合えば是非、お越しくださいね。
僕は逃げますけど、笑。

本日もご覧いただきありがとうございました。
多謝、羽根。

2018年2月10日土曜日

あっぱれ!

間近に迫ってきたパラ駅伝の練習はそれなりに順調です。
”それなり”という所に含みを持たせておきますね、笑。
ご自由にご想像ください。

同時進行で陸上部の練習も当然、行っています。
周回組(駅伝)と短距離組で少し忙しく、自分の練習もままなりません。
(この場に及んで自分の練習かよ!?は無しでお願いします)

お互い(選手も僕も)がWINーWINでないとダメだと言い訳します。
自分の気持を抑えるとどこかで歪が爆発すると良くないので…
ガス抜きですね、ハイ。

短距離組、頑張ってますよ。
練習時間に制限があるので、正味1時間弱ですね。
この中でいかに内容を充実させるか。
時間がないので当然、量では追い込めないです。

適当にやっているように見えるかも知れませんが、結構考えてるんです。
どちらを優先させるか?この端折った分はどこに組み込むか…etc

少ない時間でいかに追い込めるかがカギです。
だいぶ、力を出し切ることを覚えて来ました。
以前は、力を出し切ることを知らずにいました。

全てを出し切ると立っていられません。
力を出し切り走り終えると倒れ込むというのは我々は当然なのですが、その感覚が分からなかったようでしたが、体感することで理解していました。

ケツワレ・乳酸出もごく自然な風景になりつつあります。笑。

乳酸が出始めると自然とインターバルが長くなるのですが、そこは時間がないから早く行け!と叱咤しますが、選手は嫌な顔せずにニヤリとハニカミながらスタート地点へ。

グランドの使用状況が良くない(様々な人が思い思いに使用してるのでいつ飛び出してくるかの不安がつきまとう)状況下で昨日は初ノルマを達成出来たのは本当に見事(あっぱれ)です。
それも、エースではなくセカンド者です。(エースのゴンは発熱で休み)

三井住友銀行さんのボランティア基金で頂いた資金で選手には随時シューズを提供出来ています。
靴底がすり減っていては、今回のノルマ達成も難しかったでしょう。
非常にありがたいです。(選手により靴の減るタイミングが違うので一斉支給とは行きません)
今回はこの2名でした。


アセアンパラ(マレーシア)で100m・200mで
B標準記録を突破したエースのKone(ゴン)
昨日、ノルマを突破したセカンドのKen
(ちなみに2人は兄弟)

最近はパラ駅伝の様子がメインでしたが、短距離組も頑張っている進捗でした。

本日もご覧いただきありがとうございました。
多謝、羽根。

2018年2月3日土曜日

マジですか?


3月4日に開催予定のパラ駅伝。
順調とは行きませんが、選手も練習に励んでいます、笑。
先日は日本から取材が入りました、嘘(ADDPの取材)


参加にあたり交通費はJALさんがサポートしてくださいます
全選手の記録もそろい始めたので集計して昨年の実績と比較してみました。
詳しいことは書けません。
秘密です、笑。

東京からわざわざ進捗を確認しに来てくださるADDP本部の方々には感謝です。
練習風景を取材した感想は、いい選手が集まったね!と褒めて頂けました。


当日の取材も終わり、ADDPのお心遣いで夕食に全選手招待して頂きました。
ラオス名物の「シンダート」焼肉ですね。
とは言っても、日本にような焼肉方式ではなくジンギスカンに近い焼き方です。
いたるところにあり、食べ放題もあります。
日本円で1,300円程度(10万Kip)だと高級な部類に入ります。
美味しいですよ、是非ラオスへお越しの際はお試しくださいね。



食事会は盛況だったのに・・・
美味しいシンダートをご馳走になって明日から頑張るぞー!と誓いました。
ですが・・・
翌日の練習へは、聴覚障害1名のみでした…泣

どー言うこと!?

ここ最近のラオスも寒いです。
14℃前後〜24℃前後です。
日本で引いた風邪も治りきらず、今ひとつです。

本日もご覧いただきありがとうございました。
多謝、羽根。


2018年1月27日土曜日

家族


愛犬(ハル)が亡くなって2ヶ月以上経った。
最後を看取ることが出来ず実感が沸かないままでの帰国。


いつも、家の周辺に近づくと姿は見えないのだが必ず吠える。
今回は静かだ。
家に入っても静けさは変わらない。
最後のドアを開けても景色は変わっていなく、ゲージにいるような錯覚。
寝床から出てくるイメージしか沸かない。


必ず行く視線。
そこには生前と変わらぬ配置。
子供たちも踏ん切りがつかなかったようだ。


何かにつけて声を掛けていた。
未だに声を掛けている。
気のせいだろうが、その声に反応するような音が聞こえる。
決して姿も見えず、声も聞こえないが…。

孫は、僕が声を掛けると、もう天国に行っているからここにはいないんだよー!って答える。
健気で可愛い。


全て処分した。
子供や孫は初めて家族を亡くした辛さ・寂しさ。
何日過ぎたから片付けないとダメだよとか、その他諸々の声も聞こえそうだが、
「それがどうした!」。
弔う気持ちが大事。
確かに節目・ケジメは大事なのは重々承知である。


日課の散歩はもう行っていない。
車で散歩コースを通ると切なさがこみ上げてくる。


今回の帰国でハルに会えた。
ハルも同じだと思う。
これで、ケジメだ。
そう、ケジメ。


決して忘れることではなくケジメ。




子供たちが思い付くようにしました。


本日もご覧いただきありがとうございました。
多謝、羽根。

2018年1月20日土曜日

2年連続


今年も受賞できました!
昨年に引き続き今年も推薦者さま・ADDPのご尽力により受賞できました。

「三井住友銀行ボランティア基金・受賞!」 金100,000円也 外部有識者と銀行代表の行員による厳正な審査会の結果、2020東京パラリンピック出場に向けての強化目的費用として見事受賞しました!

昨年、推薦人さんから連絡・推薦を受けて手続きをした所、受賞することが出来ましたが今年も受賞できて光栄です。

主な使用目的はシューズの購入資金です。

運動をあまりしない人にはよく理解できないかもしれません。
僕も実感していますが、シューズには寿命があります。
選手のシューズ裏は独特の減り方をします。
足指の付け根周辺が著しく減ります。
それ以外は、かかとが少し減るくらいです。
上手く走れているかのバロメーターにもなります。
前回も書いていますが、クッションも無くなります。

シューズ裏が減っていると走っていて滑ります。
クッションが無くなると負荷が異常に身体へかかります。
おわかりでしょうが、怪我につながります。

定期的なシューズの交換が必要になります。
以前、僕も呼びかけをしましたが、シューズは残念ながら集まりが悪かったです。
公務員の月給が2万円前後と言われているこの国、ラオス。
当然、有名メーカーのものは自力では購入不可能。
(ミズノ製は販売すらしていませんが、ラオスでは絶大な人気を誇る)

「三井住友銀行ボランティア基金」受賞は非常にありがたいです。
僕が帰国の際に購入して選手へ渡しています。(明日、帰ります、笑)

今年も、心配の種が一つ減ったこと、選手の喜ぶ顔が見られることがありがたいです。



まだまだ、東京パラリンピックへの道のりは厳しいものがありますが、管轄省庁からも陸上競技は参加出場競技に指定されています。

引き続き、ラオス障害者陸上競技は邁進いたしますので、ご声援のほどよろしくお願いいたします。

本日もご覧いただきありがとうございました。
多謝、羽根。

2018年1月13日土曜日

見極め

もう、新年明けて半月過ぎちゃいましたね!

また寒さが戻ってきています。
前回よりは身体も慣れたせいか最低気温は12℃程度なので、寒いねーで過ごせそうです。
冬はまだ3回しか経験していませんが、これだけ長引くのも初めてです。
ネットニュースで見ていますが、世界的に見ても寒さが強いようですね。

寒いのは本当に苦手です。

さて、話題は変わりますが練習シューズを変えました。
長くミズノ製を履いています。
特にジャンプ系の練習にはミズノ製は素晴らしいと思います。(個人感想)


今回変えたのですが、やはり身体へ来る負担が全然変わりました。
1年程度履いているとクッションが無くなるんですね。
特に僕の場合は、ジャンプ系ばかりですので余計です。
首・腰への負担が一気に減りました。
当然、跳んだりハネたりする訳ですから、それなりに負担は来ますが…。


今回のシューズ
かかとが厚くなっていてクション性は良いです。

以前履いていたシューズがそれに耐えてくれていたので過信してました。
以前履いていたシューズは別物ですね。
金額もそれなりにしますが、持ちが良かったです。


“良いものは高い“は本当です。
ポジティブモンスターからすると、シューズによって身体への負担が全く変わるということを改めて強く理解できました!


みなさんも、大事に使うことはもちろん重要ですが限度を見極めましょう。


本日もご覧いただきありがとうございました。
多謝、羽根。


2018年1月6日土曜日

2018

新年明けましておめでとうございます。(遅れました)

昨年暮れにラオス・プレミアリーグのラオトヨタで活躍されている本間さんへ走り方クリニックを実施しました。

2日目のクリニック終了時に偶然自主練へ来ていた本間さんのチームメイト

ラオスにいる方なら言わずと知れた方です。
本間さんは、東南アジアの「KING KAZU」と言われています。
過去4年間で3回の得点王など、その活躍は年齢を感じさせない素晴らしいものです。
最近の本間さんの記事

そんな方から、オファーを頂き本当に感謝です。
鈍足フォワードと言われているそうです(本人談)笑。


走りの基礎から実際のドリルまで約3時間弱、みっちり行いました。
全て初めてやることのようで、当然上手くは出来ませんでしたが、回数を重ねるたびに動きが良くなってきます。
また、体力も相当あり休憩を挟まないので、強制的に休憩を入れました。(僕が実技指導するので持たないんので…)

出来る出来ないは仕方ないので、行うべきことが分かっているので普段から取り入れて、少しでも速く走れるようになりたいと心強い言葉も聞かれました。

翌日、改めてオファーが来ました。
復習をしたい!
昨日の感覚を忘れないうちに身体へ覚えさせたいと。

自分への挑戦を続ける人だなーと感心しました。
昨日の復習も行い、もう少し実践的な内容も取り入れ動画も撮りながら。

やはり動画の動きを見せるのが一番効果的で、本人の感覚とかけ離れていたようです。
動画を見て本人は“唖然“としてました。

こんなに出来てないんだ、と…笑。
こうやって動画で診てもらうと僕が言っていることが間違いないのも理解してもらえて、より一層の信頼を得られる効果もあります。


↑ 何も言わずに自分がいいと思うももを上げてくださいと言っての一枚 。

↑ 前の写真を見せて注意点を伝えた後の一枚。
ヤラセのような写真ですがヤラセなし。

一番うれしかったことは、
本間さん曰く、僕が思っていた速く走る方法と全く逆と言っていいほどの違いがあったと…。
全てが上手く出来たとしても、一気に速くなるものでもなく動き自体を自分のものにして(無意識下で出来る)はじめて違いが出ることも本人は承知していました。

ここまで分かってくれる人は今までで初めてです。

裏話も教えてくれて本当に色々と渡り歩いている人生模様が垣間見れます。
やはりここでも、様々な経験をした人は人間としての奥深さや懐の広さがあります。
“器”の大きさといったところでしょうか?

僕も色々経験していますが、全く知らない世界を教えてくれることに感謝。

いつまでたって向上心を持って人に聞くことをためらわない。
この辺の素直さが人間的に素晴らしいですね。

このような実績がついてくるのも頷けます。

走りを教えて、違う世界のことを教わる。
アウトプット⇔インプット
まさに正負の法則です。

本当に貴重な時間・縁を頂け感謝ですね。

今季は“俊足フォワードの本間さん”に期待しましょう、笑。

本日もご覧いただきありがとうございます。
本年が、みなさまにとって実り多き年となりますように…
羽根。