予定

次回出場予定 2017年は終了です。痛めた足の療養中  ラオスにて障害者陸上を指導中

2017年8月19日土曜日

インターン生

土曜日です。
前回の反省を生かし今日はちゃんとアップできそうです。
とはいうものの、ネタがないのでどうしようかなぁーと悩んでいます。

今、日本からインターン生2名が来ています。
両者とも面識があり、特に大した問題もなく1名は本日帰国します。

まあ、だいたい僕の子供と同じくらいの方々です。
自分の子供や僕の同年齢くらいと比較してしまします。

”他人の芝生は青く見える”といいます。
国際貢献への興味がある時点で、僕の同年齢程度と比較するのもいかがとは思いますがね。
僕が彼らの歳で関心があったこと・・・想像にお任せしますね、笑。

我々、障害者スポーツですと健常者と比べ覚えることが少し増えます。
主だったことですとクラス分けですね。
知っている人ならイメージはつきますが、知らない人だと難しく考えてしまい、分からないことが分からない…という自体にはまり込んでしまう場合もしばしば。

詳しく知る必要はないので(知っておけばいいのは当然)、各障害クラスでボーダーのようなポイントがあるのでそこさえ押さえておけばいいのです。
僕の講義では、その辺をわかりやすくポイントを絞って伝えています。

ちょっと脱線しましたが、今回のインターン生2名も目的は若干違うのですが障害者支援というカテゴリーは同じなので、何かを掴んでくれれば嬉しいですね。
当然、違う道へ進むのもありです。

当然、僕は言いたいことしか言わず、やりたいことしかやらずの小姑のような存在です。
全ては、ADDP日本人スタッフがしっかりと伝えています。
ここへくる人ほとんどが、食事の美味しさ、人の温かみを感じてくれます。

是非、ラオスへきて肌で感じてみませんか?

本日もご覧いただきありがとうございました。

多謝、羽根。

2017年8月14日月曜日

うっかり

毎週末にブログ更新することを決めていたにも関わらず、すっかり忘れていました。
言い訳としては、ラオス南部の街「サワナケート」へ出張に行っていて曜日間感覚が皆無でした。
飛行機で約1時間。
直行便がないので経由地で一度、飛行機を降りなければいけません。
まあ、別に大した問題ではありませんが…

出張と言うからには当然仕事です。
障害者指導者講習が7日間開催され、そのうちの2日間のうち3コマ担当しました。
当然、僕の担当は専門分野である陸上競技関連です。
座学と体験で実技もあり、いつもながら大変盛り上がります(当然、実技で)。

僕は今回で2回目ですが(前回はルアンパパーン)、今回も実際の障害者へのクリニックもあります。
前回もいましたが、今回は運動経験ゼロの方が5人。(全員)
一人だけサッカー経験ありと言っていましたが、動きを見ると…???でした、笑。

どうしようかと悩んでいたのですが閃きました。
キーワードは「壁」「主役」「言葉」「ネイティヴ」「暑い」でした。(多分)

上手くいきましたね。
当然、「最小限の努力」で最大限の結果」を見事に達成できました。
詳細はご想像にお任せします、笑。

中には、最小限の努力で最大限の結果と言うと嫌う人も必ずやいるでしょうね。
その根性論的なことをここで議論するつもりもないですが…笑。

ラオス人も日本人に似て根性論は好む傾向に見受けられます。
この辺を語ると本当に30年くらい前の日本と似ているなーと再度実感…。

ちょっと話が外れました。

いつもですが暑さも厳しいのですが、受講生のラオス人は皆張り切って行ってくれます。
こちらもやり甲斐があります。

お世話になっている団体「ADDP」はラオス全土で障害者スポーツの発展に寄与しています。
北は前回の「ルアンパパーン」南は今回の「サワナケート」を起点にしてラオス全土へ広めていく計画です。

写真は僕のコマ終了後の一枚

そんなこんなでルーチンの土曜日更新が滞った言い訳でした。
本日もご覧いただきありがとうございました。

多謝、羽根。

2017年8月5日土曜日

選ばれし者?

色々と問題が起きます。
常に書いていて自覚もしていますが、どうしてこんなにも好れるのでしょうか…
女性やお金に好かれれば、どんなにHappyなことでしょうか…笑。

ただ、乗り越えられるものは当然乗り越えていくつもりですし、それだけの資質もあると思っています。
ただ、立場というかプライドというか沽券に関わる事柄だけは譲ることができない部分でもあります。
例え相手が誰であろうとですね。
侍ではないですが、そこを通そうとするならば腹を切るくらいの覚悟はあります。
(とは言っても腹切は当然比喩ですよ)

まあ、詳しいことは書けませんので全ては想像にお任せします。

今、そこでこれをご覧になっている、そこのあなた!
今、思っていることですよ…きっと…笑

本日もご覧いただきありがとうございました。

多謝、羽根。

2017年7月29日土曜日

試合だよ

晴れ間が見えない日本ですね。
蒸し暑さもありますが、気温が低めなのでさほど苦にはなりませんが、冷房と外の気温差で体が対応しきれないですね。
洗濯物の乾きが悪く残念感が強い、今日この頃です。

最大課題の一つでもある検査も退院後、一番いい数値で一安心でした。
退院直前の数値に近かったです。

ただ、こちらへ来る前夜にアヒルの血を頂いたのですが、それで、お腹を壊していたので炎症反応が出ていたのはご愛嬌で…笑。
(飛行機内が非常に恐怖でした)

そんなこんなで、色々とありますが明日(30日)の試合には出られそうです。

改めて思いますが…
「試練は乗り越えられる人に乗り越えられる量を与えてくれる」ですね。
試練の最中にいる方は選ばれた人です。

感謝ですね。

何も無い人は選ばれていないんです、そこまでの人。
そんなことを再認識できた今日この頃です。

明日(30日)は千葉県マスターズ選手権。
以前、書きましたが走り幅跳びは棄権し、このまま跳ばないと思います。

現況を鑑みると、11mが跳べるかどうか…
余談ですが、僕は三段跳びの45歳~49歳の千葉県マスターズの県記録保持者です。
僕は今、50歳~54歳のカテゴリーにいて県記録は11m4?cmだったと記憶しています。

たらればですが、この記録にどの程度、迫れるか…
明日以降の報告にご期待ください。笑

本日もご覧いただきありがとうございました。

羽根。

2017年7月22日土曜日

重大報告

強化合宿中のラオス障害者スポーツ部門です。
我々、陸上競技は本日(土曜日)、AMのアクティブレストにて最初の一週間を終えることが出来ました。

カウンターパートナーとは練習方法などで意見の相違もあり上手く組み合わない部分もありますが、そこは共通目的は同じなので徐々にですが、すりあってきたように思います。

来週月曜日(24日)に日本へ行きます。深夜便なので翌日の朝に成田着。
今回も試合に出ます。

今回は千葉マスターズ選手権。(7/30)
申し込み種目は、走り幅跳び・三段跳びです。
リレー要員でもありましたが、今回は補欠に回るようです。

ちょっとここで思っていたことを…。
走り幅跳びを棄権しようと思っています。
そして、このまま走り幅跳びに参加するのも止めようとも思います。

病気のせいにはしたくないのですが、やはりきついです。
瞬発力とスピードが要求される種目だと筋力が負けるんです。
力も出ないしスピードも出ない。
当然、発病時に比べれば全然いいのですが自分自身の納得がいく跳躍が出来ません。
これだと、跳んでいても面白くないんです。

病気寛解後、筋力UPなどを試みてきましたが如何せん筋肉が付きません。
俯瞰して観ると、ちょっとキビシイなが正直な感想(意見)です。
ちょっとどころではなく、かなりですね。

確かに記録にこだわらず楽しんで参加すればいいじゃん?ましてやマスターズなんだし…という答えもあるでしょう。
それも分かりますが、記録にこだわないと楽しめない性格上、僕にはそれが出来ません。

三段跳びならそこそこ勝負できる気がします。
練習でも納得できる部分も多々あり、距離もそれなりに納得できています。
語弊があるのを承知で書きますが、三段跳びは瞬発力・スピードが不足していても技術でカバーできる種目です。

足の具合も気になりますが、できる範囲で精一杯頑張ります。
跳躍ピットが多少静かになることは間違いないですね…笑

千葉県マスターズ選手権でお会いできる人はよろしくお願いいたします。
本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

多謝、羽根。

2017年7月15日土曜日

雨期です

相変わらず、雨期で蒸し暑さが続いています。
雨もよく降り、練習にも支障が出てきています。
今年は練習時間帯に結構降ってきて残念感が強いですが、こればかりはどうすることも出来ないので出来ることを出来る範囲で粛々淡々とこなしております。

今日はちゃんと要所要所で保存してます。(当然だろ!は無しでお願いします)
でも、こういう時って絶対に消えないんですよね…笑

ラオスでは現在夏休み期間ということは以前書いたと思います。
今年はアセアンパラゲームの開催年です。(2年おき)
2ケ月前ということで強化合宿に入りました。
全大会時は、1ケ月前でしたが管轄省庁も情報収集して今回はこの時期に実施となりました。

お世話になっているADDPが日本から専門家を招き、各競技毎にワークショップ(WS)を開催して技術はもちろん、効率的な練習方法も伝授していますが、日本でもまだ残っている根性論が根強く残っています。

僕が練習時間が短くして成果を上げていて(練習のみです)、選手間では根性論は薄くなりつつありますが全体に浸透していくのはまだまだ時間が必要だと思います。

幸い、ラオス人は聞く耳を持っています。
なので、成果として現れれば受け入れてくれる文化も持ち合わせています。
例えそれが外国人であってもです。
この辺が、どこかの方々と違うところと強く感じています。

我々も通ってきた根性論。
確かに全否定はしませんが、効率的を知っていてうまく使う手法を覚えて欲しいです。

キツすぎて面白くない。。。が一番の被害だと考えます。

そんななか、昨日もスコールによる中断がありましたが100mのタイムトライアル(TT)を敢行。
雨雲の影響で全体的に暗くて見えないので途中で棄権した選手もいましたが、悪条件下ではまずまずの記録でした。

女子のポンですが、14秒台で走ってきました。
電気換算して、前回のアセアンパラの優勝記録に肉薄してきました。
本人と話して、次は13秒台だな!と、いうことで合意。

”慣れは鈍化の始まり”ですの気をつけないと←どこかで聞いたフレーズだなぁ…笑。

そんなこんなで選手は頑張っています。
今後もご声援よろしくお願いいたします。

写真ではわかりにくいですが、
写真奥は土砂降りで手前はシトシト程度の雨の境目

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

羽根。

2017年7月8日土曜日

頼もしい

これ、下書きを書いていて90%程度書き終えた時点で何故か、消えてしまい2回目です。
なので、端折るかもしれませんがご勘弁ください。
(お前の場合は端折るくらいでちょうどいいぞ!は無しでお願いします)笑
実は、洗濯終了の洗濯物に洗剤を落としてしまい洗濯も2回目です…泣

今年はスコールのタイミングが悪く、練習時間によく降られています。
昨日も練習中に見舞われましたが、逆にいい方向に持っていけました(端折ってます)。

400mのTTが出来たので、スコール様様です。
100m以上の距離の全力疾走は危険が伴うことは毎回言っています。
是非、一度ラオスへ来てご確認ください、笑。

男子は全員、自己記録更新でしたが記録が悪く喜びは皆無。
ですが、最近の僕の注意事項"最後まで諦めずに走る"ことが出来たので、僕は褒めました。

選手が400mを走る前の異様な緊張感は何とも言えない…と言っているのに共感しました。
男子は今回は400mは試合では走る予定は入れていません。

女子は走ります。
今回も男子と一緒に走ってきました。
普段から、きついから400は嫌い…と言っていたのですが、走る終えたらさほどの疲労は見せず体力が付いてきたのを実感できました。
本人も、意外ときつくなかったと言ってましたので、もう少しペースアップ可能ですね。

そんな彼女ですが走る度に自己記録を更新してきます。
前回のアセアンパラ、シンガポール大会で換算するとすべての種目で2位以上の記録で走ってきています。
本人、男子選手も記録を把握していてその辺を理解しています。
ただ、他の国や開催国であるマレーシアは特に強化してくるだろうから記録はもっと上がってくるはずだから、我々ももっと頑張る!と言ったのには、非常に頼もしく思いました。

スコール中断後、400mを終えて、ダウン中の一コマ

この女子選手
唯一なんですが、非常に真面目です。
男子と同じ内容をこなしてきます。それも、痛む箇所無しで。
体幹は男子以上に強いかもしれません。同じかそれ以上の回数を誰よりも早く終えます。

女子選手を筆頭に、記録や実力の向上に伴いみんなが積極的になってきたのがいいですね。
当然、明るくなり笑顔も増えた気がします。
この辺は、欲目が入っているので簿妙ですがね…。

コーチとしては結果だけを要求されるのですが、僕は自信が経験してよかったことは競技だけでなく、実生活の面でも向上出来るように伝えることができれば…と思っております。

そこは必要ないよ!ってことになればいつでも進退伺いの用意はあります。

本日もご覧いただきありがとうございます。

多謝、羽根。